しあわせの黄色いTシャツ



高校三年生の次男の学校で文化祭が2日間

そして1日準備を挟んで体育祭が行われました


文化祭、3年生は飲食の露店を出すことが伝統です

クラス毎に色を揃えたTシャツを着て

その背中は仲間たちで送りあったメッセージが所狭しと書き込まれています

次男のクラスはチョコレートと抹茶の2種類のパフェを出したようで

(私は同時に開催された保護者会主催の講演会の準備で

それを味わう事が出来ずとっても残念でしたが)訪れた人たちから好評でした


黄色のTシャツと聞いてたけど

それを着てパフェを作ったりしたのかなあ

そのTシャツの背中にはどんな言葉が書かれているのかなあ・・


文化祭での息子の姿を見たのは

最後の閉会式に制服姿で集合した横顔だけでした

それでも数人の友だちと一緒にいる様子は

私を十分安心させてくれました


体育祭、2日目の文化祭でどしゃ降りの雨が2時間くらい降り

駐車場はまだぬかるんでいましたが天気は最高に晴れ渡りました


これで最後と場所取りに力を込めて、母友と家を出て

随分早く学校に着いて、まだ夢の中にいるだろう息子に

「体操服はベランダに干してる」と念のためLINEしました

しばらくしてやっと既読の文字がつき、ホッとしたのとほぼ同時に

母親たちが話す「3年生男子のフォークダンス・・制服・・冬物・・」

といういくつかの単語が聞こえてきました

そして、それを追いかけるようにめったに来ない息子からのLINE

「冬の制服とズボンとネクタイいるみたい、どこにあるん?」



私の中のあやしい記憶にどんなに丁寧に分け入っても

その場所を教えてはくれません

焦りは一万の挙兵になって、残り少ない元気な脳細胞を破壊して

気力すら奪っていきます


家じゅうのクローゼットを探してもないという声が聞こえてる

開会の時間が迫っているのに、まだ家で服を探している息子

家族の父や弟に一緒に探してもらっても、ズボンが見つからないって。。


昨日のうちに、言ってれば探してやれたのに

何の準備もしていない息子が120%悪いけど

今ここでそれを叱ってもいられない

「今からなら、まだ家へ往復出来るから帰ってきたら?」と

母友が車のキーを渡してくれました


持つべきものは母友です・・本当にありがたい

どんどん到着する車を見ながら私は一人逆方向へ車を走らせました



転がるように家に飛び込んで

「ブレザー(フォークダンスには必要ない)は2階のクローゼットにあったが、ズボンが無い」と聞いて

クリーニングに出して返って来たブレザーとズボンを

わざわざ別々に直すことはありえないと、そこに直行


神様にお願いしまくりながらブレザーの後ろを見れば・・・あるやん!!あるやん!!

入学してすぐ、学校の外階段で転んで

すねの部分がミシンで厳重にたたいてある・・これこそがTHE制服のズボン!!

ねんきの入ったズボンが

神様の使者みたいに輝いて見えました



「ありがとうございます、ありがとうございます」

心の中で、神様にお礼を唱えて息子を乗せて学校へひた走る



1日の元気のうちの8割を使い切った私は

もう開会式前に、すでにばてていました

それでも息子がこの体育祭を楽しむ様子が見れたら

元気のエネルギーはチャージできる!!そう、チャージするんだ!!!


3年生のクラス対抗大縄跳び

息子のクラスの黄色いTシャツを追いかけました

・・・って、Tシャツ?・・いえいえ、まさか。。


一抹の不安を胸に双眼鏡を覗いても覗いても

探しても探しても・・やっぱりいない

絶対忘れてる、Tシャツ持って来ていないに違いないな


そう言えば、2日間文化祭で着たTシャツどうしたんだろう

私はまだ、息子のTシャツ姿を見ていなかったなぁ



落胆を背負った私を、母友の何名かは

本当に大変な家やな・・・と思っていたようです


あたり前に明日の準備をして、あたり前に登校し
あたり前に忘れ物をせず、あたり前に競技する


それが出来ない息子に

落胆の黒い影で、顔いっぱいに斜線を引いた私


学校の準備なんて子どもの問題

頼んで来たら力を貸すけど、そうでなければ私から気を回すことは

もう辞めていましたから・・失敗したらそれがいい薬

そう思って、そうしてきたけれど

まさかここでその失敗かぁ・・。


息子さんや娘さんがリレーや大縄跳びで華々しくご活躍の母友と

明らかに落差を感じながら

それでも4時に起きて作ったお弁当を

息子も何処かで友だちと食べているかなぁ

制服騒動で朝食食べずにいきなり競技でしんどかったやろうなぁと

気になりつつ食べていました

その時、昼休みで昼食をとる保護者で賑わう体育館に

赤いハチマキをした息子が友だちと2人で入ってきました

誰か友だちを探しに来たのかとしばらく見ていましたが

どうやらお目当ての人が見あたらない様子

母友の「お母さんを探しているんじゃないの?」

という声に、まさかと思いながら近寄ると

帰り駅まで迎えに来て欲しいことと

その時間を体育祭の終わった時間で決めたいことを私に話にきたのでした

私を見つけたその時の、息子の顔がパアッと一瞬明るく笑顔になったことを

一緒にお弁当を食べていた母友たちは見逃しませんでした


「可愛い息子さんや、こんな場所探してわざわざ来るなんて、それにすごくいい笑顔してるねえ!」

ここまで何一つ褒めるところのなかった息子を

ここ褒めるとこ、とばかりに皆で精一杯褒めてくれます

ほらね、やっぱり持つべきものは母友!!


午後からの真ん中くらいのプログラムに

問題のフォークダンスがありました

高校3年生は、男女が仲良く手を繋いで

それはもう全身全霊のノリノリスキップで入場してきます


ここに来て聞いたのですが、このペアは告白して決まるんだって・・

勿論、決まらない子はそれなりに・・

そして息子は、女子から告られちゃっかりペアになったとか・・

それなら何日も前から、制服準備せんかい!!


すったもんだはありましたが、嬉しそうに踊る姿を

それから何度も何度もこっそり再生して見ている私です

そしてあの黄色いTシャツは

全く着ていない、まっさらな状態で息子の鞄にありました

勿論、背中に何の文字もなく、潔いほど美しく


文化祭の日も、忘れてたんだって。。。



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

終わりよければ
全てよし??いやいや違うよね





line

夏、夢に向かって



高校3年生の夏休み

次男は補習に通い、受験生のオーラを周りの皆から浴びつづけることで
その色に少しずつ染まろうとしています

それでも先日「エレキギターが欲しい」と言い出し
驚かせてくれました

およそ楽器と息子の間には

深くて大きな河が流れていることを信じて疑う事が無かった私です

いきなりの発言に言葉を完全に失いました

息子はネットで簡単に検索できるエレキギター初心者セットなるものを見ながら

「これがいい」と、それはそれは力強く人差し指を立てています


2万円そこそこのそのセットには

初めて手にする者にでも

エレキギターの音が奏でられる準備が整っていました


自分の小遣い2万円と残りはよろしくって事ですか・・


母「ギター始めたら、それに熱中してしまうのがお母さんは心配」

息子「受験勉強の気分転換にするから、そんなことにはならないから・・」

母「急にギター始めたくなったの?」

息子「大学生になったら何をしようかと考えて、バンドやりたいと思って・・・
   それでギター始めたいって思った」


息子の口から、「大学生になったら」という言葉を聞いて

私は不思議な感覚を味わいました

受験の苦しみやしんどさしか考えていなかったけれど

あなたはその先にあるもの・・

・・大きな広い世界を夢見ているんだね


この子は確かに変わって行こうとしている


自分の狭い部屋の中で

毎日、朝から深夜までモンスターを追いかけ

狩りをしていた息子が

ロックを聴いてエレキギターをかき鳴らすような

そんな明日なら

母は嬉しいよ、うん、絶対嬉しい(笑)


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

ガンバレ受験生



line

それぞれの0学期


年が明けて早くも立春

一月行く、二月逃げる、三月去ると言いますが

この時期の過ぎる早さに、今更ながら驚いています


息子たちは冬休みのあったかさに、意外とスッキリサヨナラして

冷たい朝に、黙々と自転車をこぎ出して、登校しています


高校2年生3学期に入った次男も

そろそろ具体的に自分の進路を考える必要があるようです


カラオケの高揚感のオレンジと

バレンタインのブルー、いえ、もしかしてピンクが

高校三年生0学期を彩る色として

いい具合に息子の身体を

温めてくれますように・・

人の優しさや思いやりの大切さを

いっぱい感じて

次のステップへ挑めますようにと願っています




彼はこの間、マラソンの授業で

道路脇の溝に、片足突っ込んで転んだと

保健室で手当てを受けたらしい大きなガーゼで

左膝を覆って帰ってきました


お風呂上りにゴミ箱に捨てられた

そのガーゼに染み込んだ真っ赤な血の色が

痛みの感覚を呼び起こすように訴えてきます


年明けから雪の舞う寒い寒い日がありました

人通りの少ない道や

道路の端の白線は凍っていて

自転車は怖いなぁと心配していましたが

まさかマラソンで怪我してくるとは・・

・・大怪我にならずによかった!



三男は春先に修学旅行があります

今のクラスは、皆仲良く楽しいけれど

修学旅行はクラス替えがある直ぐ後で

きっと友だちもまだ、出来ないうちだし

ホンマ面白くない、行きたくないと愚痴っていました

ところが、急に「修学旅行楽しみ~」と言うので

どうしたのかと思えば

「先生から、食べ物が凄く美味しくて、中でも焼き肉めっちゃ旨いと聞いた」と

満面の笑みで話してくれました


普段から「肉命!!」の彼ですから

先生の言葉を聞いて、うつろだった息子の目が

キラリンって輝いたのが、手に取るように見えました

何はともあれ、修学旅行を楽しめそうでよかったよかった


我が家にはもう一人、離れて暮らす大学生の長男がいます

高校を卒業して直ぐに、予備校の寮に入ったのを境に

もう、家に帰って来るのは年に数日くらいです


普段は顔を見ないせいで、その存在をすっかり

コンクリートの隅を歩く猫のように消していますが

振り返れば彼は必ずそこにいて

うっかりすると、鋭い爪で

強烈な爪痕を私の心に残してくれます


そんな恐ろしい(笑)彼にも

今年は節目がやってきます


会えば私の中の怒りのツボを

容赦なく押すあいつですが

大好物の炊きたてのご飯すら

とどけてやれないのが

さみしく思う私です


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

炊きたての白いご飯の
混ぜる前の真ん中を食べる贅沢








line

カラオケデビュ―



あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します


今日から次男の学校は始まりました

いきなり・・と言うか当然の宿題考査からのスタートです

今頃シャーペンをくるくるして頑張っているかなぁ・・

・・どうか眠っていませんように・・(笑)


次男は昨年(ついこの間の事ですがもう昨年ですね・・)高校2年生の秋

めでたく(?)カラオケデビューを果たしました


三男から遅れる事、5年・・まさかのカラオケデビュ―でした


その日、久しぶりに友だちと出掛けて、帰った彼の口から

「カラオケ行ってきた」と言うびっくり発言が飛び出しました

「ふ~ん、カラオケ行ってきたん・・って・・・はあっ!!!今カ、カラオケって言った?!」


そしてこれまた、まさかの「カラオケ楽しかったぁ、家でも練習するマイク買うわ」と

のたまうではありませんか・・

・・・どれだけ驚いたことか・・ルンルンと2階へ上がって行く息子を

呆然と見送って固まってしまいました・・


それからというもの

夜な夜な和室の障子の向こう側から歌声が漏れ聞こえ

私をちょっと微笑ませてくれます


でも当の本人は至って真面目に

熱唱した後に出る点数が低い事を気にして

ついに私に「何が悪いか、どうしたら点数が伸びるか、聴いて」と

言ってきました・・・もう、ビックリです


「・・・あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた

気づけばいつも誰かに支えられ ここまで歩いた

だから今度は自分が 誰かを支えられるように・・・」


息子が歌う「遥か」の歌詞が心に響きます

歌詞だってわかっているのに

息子の声で聴くと

ちょっと泣けたんです、歌詞なのにね


「どうだった?」って聞いてくる幼い高校生は

母の狼狽えた声を感じたでしょうか


あれから家では物足りないとカラオケボックスに

一人で練習に出掛けて行きます

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
時々誘ってくれるから
ちょっと嬉しいです











line

家庭教育相談士養成講座2



家庭教育推進協会主催の家庭教育相談士養成講座・追加講座を受講しました

午前中は前回と同じ家庭教育の基礎

そこに新しい内容も加えて講義して下さいました

午後は親の役割・発達心理学そして実践的スキルトレーニング

ロールプレイングではリフレーミングを勉強しました


リフレ―ミングは再枠づけという言葉が由来で

物事の「事実」は変えずに

文脈・意味づけを変化させる方法です

殆どの場合、否定的なものを肯定的に変化させることを

さりげなくカウンセラーが行います



(言葉のリフレ―ミングの練習)

浮き沈みが激しい→気持ちの切り替えが出来る

気が弱い→優しい

自慢する→自己肯定感が強い

頑固→自分の意見をしっかり持っている

マイペース→他人に流されない

勿論、もっと違った言葉にもできると思いますが

物事の内容、意味合いを変えずに

肯定的に言い換えることで

午後のまったりとした脳が一気に活性化されました(笑)


言葉のリフレ―ミングでその変化を感じながら

次はペアになって相談者役と相談士役を決めて

会話をする中でリフレ―ミングに取り組みました


相談者の話を聞く中で

ただただ話をしてしまうダダ喋りになることの無いように

メモを取ること


肯定的にその内容をリフレ―ミング出来ない時は

話のどこに、誰にフレームするのかを探り

相談内容の対象者を変えてリフレ―ミングすること

そしてエコーで繰り返し

客観的に見直し気づかせてあげることが出来れば

相談士の大きな成長です(難しいですね)


こうした学びは日常の中の

ちょっとした友人との会話でもいきてくると思います




A子「あぁ・・衝動買いしてしまった・・私ってホントにダメ・・年末のこの時期に何をやってんのか・・(涙)」

私「衝動買いしてしまったのね・・」

A子「・・・うん・・しかも高いバッグを・・必要とも思えないのにね・・」

私「そっかぁ・・だけどA子、最近仕事ホントに頑張ってたよね」

A子「・・うん、結構仕事キツかったし気分転換に街に出て買い物して、その時の時間は凄く楽しくて幸せな気分だったんだよね」

私「楽しくて幸せな時間を感じて過ごせたなんて素敵な事だね~!」

A子「うん、そうなの!日頃、家族のことばかりで、あんな楽しい時間久しぶりだったよ」

私「なんか、聞いてるだけでもA子の笑顔が浮かんで私まで嬉しくなるよ!」

A子「・・・そうだね、あんな素敵な時間を、こうして後悔することでドブに捨てることに

なるんだよね・・高いバッグは家族には申し訳ないけど、これを子どもや夫に

優しくして生活していくことに繋げるよ・・何かスッキリしたよ(笑)ランチ行こうっ!!」



どうでしょう・・

高いバッグを買ってしまったことは肯定出来ずとも

フレームをそうして過ごした時間に移せばリフレ―ミング出来たかな?

こんな普段の何気ない会話や

子どもとの会話に役立てて行きたいと思った私です



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

復学支援や訪問カウンセリングで大変お忙しい中

こうした時間を作って下さった先生方に感謝いたします

ありがとうございました

そしてお世話になったお母様方に心よりありがとうございました



line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line