この夏の思い出



猛暑の続いた今年の夏もいつからかゆっくりフェードアウトし

秋を迎える準備のような8月の終わりになりました


この夏の思い出と言えば次男と行った武道館

そして甲子園に出場した野球部を全校生徒で応援した三男たちの姿

そしてもう一つ、高校生模擬裁判選手権


6月頃だったでしょうか

ペットボトルの山の次男の部屋に入った時

このプリントを目にしました


これまでクラブ活動など経験のない息子です

放課後に残って活動することは初めてです

何に惹かれてこれに出ようと思ったのかは

想像するしかありませんが

高校2年生の有志10名で組織されたメンバーの中に

息子の名前がありました



「この大会は、1つの事件を素材に

法律実務家の支援を受けながら

参加各校が検察チーム・弁護チームを組織し

高校生自身の発想で争点を見つけ出し

整理し模擬法廷で証人尋問・被告人質問を行います。」

と参加募集要項にありました



こうして検索して調べていくうちに

色んなことがわかってきて

想像は妄想を呼び

その大会に大きな興味が湧きました


もう二度とこんな大会に出場する息子を見る事なんて

無いかも知れない

千載一遇のチャンス


見てみたい

大会での息子の姿を見てみたい



遅くまで残ってそれに向けて何か月も準備している様子を見ていて

こんな思いが日に日に強くなっていきました

ネットを検索するうちに観戦出来る事も知りました


ただ息子は出場することすらろくに話もしないのですから

観戦するなんてきっと嫌がるでしょう

いえ、絶対に来て欲しくはないでしょう


出来るなら着ぐるみにでも入ってこっそり覗きに行きたい・・



本番が明日に迫った夜、息子にリスクを承知で尋ねてみました

母「明日、見に行ったり出来るのかなぁ?」

息子「・・・さぁ・・・でも来ないでほしい、緊張するし・・」

母「・・そっかぁ・・」



万に一つの望みを賭けて尋ねてみましたが

あえなく撃沈・・


息子のお許しが出れば大手を振って行ける

そんな一縷の望みに賭けてみたんです



でも、息子に聞くというリスクを犯した以上

もう普通に見に行くことは出来ません

諦めるか・・それとも・・

行くならば徹底的に隠れて行かなければなりません


絶対に見つかってはならないのです


この思春期のややこしい時期に

ぎこちないながらも積み上げてきた親子の信頼関係を壊さないために

行くならば絶対に徹底的に隠れ倒さなければ!!


そのために早朝、友人にお願いし同行してもらいました

ただ友人は私を身体を張って隠すには細く小さすぎましたが・・(笑)

それでも一人で蟻地獄に飛び込む勇気などありませんでしたから

友人というのは本当にありがたいもので

こんな私を必死にガードし

時にはトイレで隠れて待つ私を、息子が法廷に入ったのを確認して

素早く導いてくれたり・・本当にありがとう


息子は検察側で登場し

準備した用紙を片手に質問をしていました

棒読みにならないように紙から人に目線を移して

ハッキリとした言葉で

語尾にも自然な語り口を装う姿が見えました



学校ではこうして皆と肩を並べ

頑張っているんだね




高校生たちの緊張が集まって

一つの大きな壁を越えていこうとする

その成長の瞬間を見たようで

そしてまたこうしてたくさんの方々の熱い支援で

素晴らしい経験をさせて頂いている事への感謝の喜びで

胸は一杯になりました


こんな風にたいそう感動しながらも

学校の教室ほどの

思っていたよりずっと狭い法廷は

隠れて見に来た私にとっては

一寸たりとも気が抜けないものでした


完璧に隠れて観戦出来たと喜んでから数日

この様子がテレビのニュースで

割に大きなコーナーとして

取り上げられ放送されました


息子の人生初のテレビ出演


それを喜んで見ていた私の目に

まさかの隅っこで隠れて見ていた自分の姿が・・という笑える(?)落ちがついていました



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

こんな親子にも共感して頂けたら嬉しいです


line

コンサートにつつまれて



次男と一緒に人生初の武道館ライブ出発です


羽田で迎えてくれた友人に息子を紹介し

仲良く3人でランチできました


女子会(笑)トークも、今日の息子は黙って聞いてて

きっと心は武道館に飛んでたのかな


正午から始まっているグッズ販売に2時半頃到着


地下鉄を出た時、小雨が降っていたけど

たった今しがたまでゲリラ豪雨だった様子

頭からずぶ濡れの学生服

タオルから滴る雨が半端ない

東京はこんなゲリラ豪雨が多いんだと教えてもらう



グッズ売り場最後尾に着いた息子と

次に会うのは指定席でとチケットを確認して別れ

私は友人と付近を散策へ



有名な大きな神社

鳥居の大きさに圧倒されながら

ずらっと並んだ観光バスの熱気が

蒸せかえる空気を一段と濃くしてる


3時間なんてあっと言う間のガールズトーク(ガール?

・・ありがとう、こんな所まで会いに来てくれて



6時半からのコンサート

私が席に着いた時息子の姿はまだ無く

しばらくしても来ないので迷っているのかとメールすると

「まだ並んでる」っていう返信

・・・2時半から既に3時間半もグッズ売り場に・・

友人とお参りして、お茶して、散歩していた間ひたすら並んでいたんだね


やっと再会した息子は3時間半の行列にさすがに疲れた様子で

「足が痛い」と辛そうでしたが

会場内に漂うワクワク感で、その疲れから急速に回復し

手に入れたグッズを袋から出したり入れたりして眺め

凄く嬉しそうにしていて・・

家ではほとんど見られないこんな仕草は

苦虫を常に噛んでる毎日の彼からは

およそ想像すら出来ない姿で

貴重な横顔に心躍る母でした(笑)




コンサートが始まる前の期待が

目には見えない形になってステージに向かって行き

時は熟して落ちました


ギンギンに響く音とリズムにのって「お待たせっ!!」

ボーカリストの声が総立ちの観客をさらに沸かして

・・楽し~~い!!


ほんの45度、首を右に回せば息子の顔が見えるのに

・・・どうしても見れなくて・・

嬉しそうにグッズを眺める横顔みたいな

キラキラ輝く瞳をこっそり覗いてみたいけど

・・・見れないよ、

目が合ったら、全てが壊れそうだもん・・

ただそんな事考えたほんの数分後には

私は隣の人の名前も忘れるほどコンサートに飲み込まれ

3曲目が終わる頃には足の感覚が無くなり

履いていたサンダルを脱ぎ捨てていたのでした


「お母さんをこんな素敵なコンサートに連れて来てくれてありがとう」

息子に頼まれて、連れてきたはずの私の口から

こんな言葉が自然に出ていました


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

あれからず~っとハマッテマス

line

期待値上昇中



7月も後半になりました

次男は三者懇談も終わって夏休みまでもうひと頑張りって感じです

終業式が終わっても直ぐに補習

お盆の前後だけが実質的な夏休みですね

その後、勉強合宿へと流れ

短い夏休みは終わるのです

ゲーム三昧で過ごした夏休みがさぞや恋しいことでしょう



そんな忙しく慌ただしい中

親子で・・母子で・・二人で・・一泊二日の小旅行に出発します


次男との旅行といえば不登校中にあった修学旅行

学校のバスを追って二人で電車に乗ったのはもう5年も前になりました


今回は息子が最近ファンになったグループのコンサートのためです

息子のお願いを聞き入れての同行です

高校生にもなって母親とコンサートとは

ちょっと問題ありですね・・

本当は母親に頼むなんて気が引けたことでしょう

電車やバスが大の苦手の彼には大問題で

遠い場所で友だちも行ってくれないとなると

背に腹は代えられぬとばかりに頼んできました



片道45分の自転車通学を休まずひたすら通ったこの一年半

想像以上の頑張りを勉強でも発揮している事を考慮して

ここは快く承諾致しました(笑)


息子がゲーム以外の、それも音楽に興味をもったなんて・・

私には彼が好んで聴く音楽を一緒に楽しめる自信が全くなかったけど

(ゲーム音楽しか聴いてなかったんですからねぇ同じフレーズが永遠に続くような・・)

それがそうでもないんですよね

・・・何かね凄く新鮮です・・・リズムが歌詞が音が・・

息子には内緒だけどね、お母さん好きかも

コンサートで隣の母が踊り狂ってたら

息子どんな顔するんだろ

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
これが最後の二人旅かなぁ
line

それぞれの春



4月に入って2週間

息子たちも無事に学年を1つずつ上げて

それぞれの場所でスタートをきりました


三男は公立中学を卒業し私立高校へ進学しました

入学式前に一週間、朝の8時半~午後2時半まで

みっちりと補習授業があり

それに出るための宿題が各教科ドッカ―ンと出ていました

噂にたがわぬ学校の始まりに

覚悟して入学を決めたわりには

早くも泣き言全開でした


アクティブリスニングを肝に銘じながら

三男に私の共感的理解を受け取ってもらう事

それによって三男は自分自身で結論を見出したり

問題を乗り越えて行く・・そう信じて私も会話に気を付けています


三男「あ~最悪や、やっぱりあんな学校に決めるんじゃなかった」

母「・・最悪なんかぁ・・」

三男「もう授業長いし、しんどいし、あぁ・・」

母「・・疲れるよなぁ・・・」

しばし沈黙(私は必死で自分からの発信を我慢する)

三男「そうよ、ホンマに~、また宿題いっぱい出たし・・」

母「・・キツイなぁ・・」

三男「・・まぁ別に出来ない訳じゃないけどね・・休憩もあるしね」

母「そっかぁ、途中休憩もあるんやね!しんどいのに

頑張るなぁ!!」

三男「うん! で、お弁当はおかずの種類をもっと増やしてよね~っ

よろしく~(笑)」

母「・・う、うん(苦笑)」

サラッとお弁当に内容を変えて母親の共感的理解を利用する息子

・・・恐るべし・・・!!!




次男も私立高校の2年生になりました

2人の高校が違ったものになり

毎朝家を中心に北へ南へ自転車が出て行きます


2人とも自転車で45分くらいで距離的には似ていますが

次男は大きな川を越え山を登ります

結構な距離と坂、そしてありえないような鞄の重さ

・・ですがこの一年、次男は泣き言一つ言わずに

毎朝当たり前に通いました


自転車の前かごに納まらない鞄は

リュックにして自分の背中に背負います


胸の上で肩紐の左右を止め合わせる音が

今日も心地よく響きます

さぁ、行くぞって言うように・・

「パチン」

プラスティックの乾いた音がアスファルトに響きます

何だか次男は高校生らしくなって

ブレザーやローファーが似合っているように思えるこの頃です

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




2015年春、どうかこの思いが続きますように・・




line

月とカフカと青空と



次男は修学旅行に出発しました

中3の修学旅行が5月でしたから、あれから1年と10か月で

もう高校の修学旅行です

高校生になって一年間を共に過ごした仲間との旅行です


空港が集合場所になっていて

旅行の予定が決まった当初、私に「空港まで送って」って言いました

すぐ傍のスーパーか、最寄りの駅にでも行くように

そんな、いとも簡単に

そしてそれが当然のように「送って」と。


送って行くこと、それは出来ない事ではないけれど

往復1時間半はかかるんだよ・・

そんなことは知った事じゃないって感じだね・・

でも出来る事なら親の力を借りないで自分の力で行って欲しい


空港行のバスがすぐ傍のバス停から出ている事を教えると

「バスは無理や・・この前も間違えそうになったし

全然わからない」と言います

母「誰か友だちと一緒に行って欲しいな

遠いから簡単に送れる距離じゃないし」

そう言うと返事はありませんでしたが

何日かして一緒に行く友だちが出来たようでした

息子の場合、一緒に連れて行ってくれる友だちですね(笑)


旅行の前日、バスの時間を聞くと

私が調べておいた空港へ直行するバスではなく

最寄りの駅までのバスでした

どうやら学校から空港直行バスには乗らないようにという

通達があったようです

そうなるとバス~電車~乗り換え~電車

となって大変そうですが「僕は友だちに付いていくだけだから」と

友だちにヒルのようにくっ付いて行くことを決めていますから

・・・大丈夫でしょう!



8時空港集合のところを

友だちが決めた出発のバスは5時44分発

駅までなら車で送って行くことは簡単なことだけれど

もう友だち同士で約束していることに口を出すこともないね


私が4時半にアラームで起きて洗面所に行くと

既に息子は起きてシャワーを浴びていました

朝食をすませて家を出る時、まだ外は夜のままでした


いつもの朝のように「行ってらっしゃい」と

送り出すつもりだったのに

その暗さに、いつものように自転車ではない様子に

思わず足元にいたカフカを抱いて一緒に歩いていました


息子が並んで歩きながら「何故犬を連れてきたん?」って聞きました

「見送ったら、帰り一人になって寂しいから・・」そう言うと

「ふ~ん」って。


母「まだ暗いね」

息子「ほら、月が出てる」って息子が指さす東南の空には

細く尖った月があって・・そんな風に話していることは

このまま歩いて、歩き続けてもいいのかなあバス停まで・・


母「大通りを渡るとバス停が見えて来るから、

みんなに見られて嫌なら

お母さんから離れて行きな。

お母さんそのまま居なくなるから」


バス停には3人の固まった人影が見えて友だちだと分かりました


でも息子は私との距離を変えず離れて行くことはありませんでした


バス停にいる友だちと合流して息子は笑顔で喋っています

私は友だち3人と挨拶してから離れた場所で立っていました

連れてきたカフカが足元でくるくる回っています


「バスって時間通りに来ないん?」

遠慮して離れていたのに

驚くことに息子から近づいて話し掛けてきます

母「そうね、電車のようには来ないね・・」


3分ほど遅れてバスが来て停留所に停まると

サラリーマン風の人たちが順に乗り込んで行きました


「楽しんできてね!」って息子たちに後ろから声を掛けると

はにかんだ笑顔を残して生徒たちが乗り込んで行きます


一番最後に息子が片手を上げて

「じゃあ!」って言って乗り込んで行きました


思わずあなたに付いてこんなところまで見送りに来て

ごめんね・・でもありがとう!行ってらっしゃい・・


帰り道はすっかり夜が明けて

青天の一日を思わせる青空が広がっています

一緒に連れてきたカフカは歩くのを嫌がって

抱っこ抱っこと手を伸ばしていました

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
内緒で持って行った携帯が
どうか見つかりませんように・・














line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line