おかえりなさい




修学旅行は晴天のうちに終わり息子は元気に帰ってきました

送って行った場所に迎えに行って待つ事20分

少し離れた場所から車の位置を確認できた様子で

薄っすら笑っているような、恥ずかしそうな顔で

「ただいま」って。「おかえり」が先だったかなぁ・・。


何を食べたとか、何処が一番良かったとか

準備しておいた2~3の問いかけにぼそぼそと答えて・・はい・・終了


それ以上聞かないでオーラを感じて・・母自粛・・(涙


決められた小遣いの半分を残し

お土産に同じクッキーを2箱


1つは我が家の分、もう1つは小遣いをくれたおばあちゃんに。


あっさりと実にさっぱりとお土産タイム終了

あと秘かに楽しみにしていた

ピカピカコレクションもありませんでした(なんか残念


ディズニーランドで買ったインスタントラーメン


スカイツリーの形をした空のペットボトル


39枚撮影したインスタントカメラ


皆と一緒に参加出来たことが

そこに自分の居場所を持っていることが

何よりも嬉しく思います


何も話してはくれないから

どんな風に過ごしていたのか

笑ってたのか

しょんぼりしていたのか


実は修学旅行に行く前に

クラスに友だちがあまりいないこと言ってたし

唯一小学校の時から知ってるNくんと

バスも部屋も一緒になっていましたが

いつも遊びに来てくれる何人かのゲーム友だちと

そのNくんが仲が悪く

クラスを越えてグループで回る見学など

どんな風に回ったのかと

考えていました


何も話さないのは

良かったのか

どうなのか

あまりのテンションの低さに

ざわざわしながら

修学旅行は過ぎ去って

中間テストに突入していきます

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


39枚のフイルムが何かを教えてくれるかな








スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

フィルム現像[i:63951]

現像できましたか?私も写真のぞいて見た~いです言葉少なくても、『今度は皆と行けたんだ』という母子の気持ち、感慨(∪o∪)。。。
ヨカッタ。。。。

☆みみさんへ

写真気になる~e-257
早く現像に出さないかな~って待ってるの!
☆みみさんありがとうございますe-420
修学旅行に普通に行けて感慨無量e-259
こんな日を迎えられて感謝です・・e-420

照れたような顔で帰ってきた息子くん きっと楽しかったんだろうな テンションの低さは楽しみが終わってしまったからかもよ~(&テストが忍びよっているプレッシャー・)

キンピカお土産はなかったのかあ~
でもお小遣い半分残すなんて!・
うちじゃ考えられない・
お土産のクッキーの美味しさもひとしおだったのでは('-^*)

くるみさん、
次男くん、お迎えの母をみつけてうっすら笑顔が想像でき、我が子もそんなだったな〜なんて思い出しました皆と同じ居場所で色んな思い出ができたでしょうね友達関係は子供なりに色々あるんでしょうね。自分もそんな時期があったな(^ ^)写真は出来上がったのかな?楽しみだね

りりせさんへ

お小遣いを半分も残して帰って来たのにはビックリしたの半分と
あ~、やっぱりなぁって思ったのが半分でしたe-441
買い物することに興味ないというか、必要なものしか買わないの!!
買い物することに楽しさは感じないようで、2つお土産買った
・・・・はい、終了・・かなっe-447
母に限定くまモンでも買ってきてよね~e-259
りりせさんところの次男くんももうすぐですね!!
いっぱい楽しめますようにe-343

ココアさんへ

ココアさんの子どもさんたちも、うっすら笑顔で帰って来ました?
照れてるんでしょうか?思いだし笑いでしょうか?・・
・・かなり不気味でしたよe-451
息子なりに何か胸の中に刻めた、そんな時間だったらいいなって
思います・・今は何にもわからないけれど・・いつかひょっこり飛び出してくる
そんな思い出の種がひそんでいるかも知れない修学旅行!
写真を見るの楽しみですe-454e-343

修学旅行とは・・・

こんばんは。
こちらにも突然出現させていただきました!

ほ~ほ~。息子さんもう修学旅行ですか・・・・
本当に月日が流れるのは早いもので、あの復学の日から3年以上になるわけですね。

復学の初日のことは忘れません。ランドセルを鉛がぎっしり詰まったような重さに感じ、普通に歩けば5分とかからない道のりで何度も「重い・・もう無理・・無理・・」と、へたりこみ泣き言をいってた彼に「重い?じゃあ俺の鞄と交換してみるか!?」と激を飛ばしながら歩いた日から3年。

彼は「あの角を曲がれた」のでしょうか。

私が思うに「あの坂を登れたか?」とまではいきませんが、少なくとも「あの角はまがれた」と間違いないと思います。

その証拠に、あの日の[鉛の詰まったランドセル]よりも重いはずの修学旅行の鞄を背負って行ったわけですから。

これから彼の背負うものは今後、より重く、そして進む道はより険しくなるかもしれません。
けれど、私たちはこうして小さくて見落としがちながらも、確実に成長している《この瞬間》をちゃんと見ている。それだけでも幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。


そして、最後になりますが、もう一点!私へのお土産もあれば最高です!(笑)





N先生へ

N先生、コメント嬉しいですe-454
はい、無事に修学旅行に行ってきました!
本当に光陰矢のごとし・・もう3年・・されど3年・・!!

毎朝そっと見送る後ろ姿に、先生のおっしゃる通りの
あの頃の弱々しい息子の姿を、私は今でも忘れられずに
重ねてドキッとしてみたり、もう大丈夫と不安を振りきってみたりしてましたが・・
少なくとも「あの角は曲がれたと」間違いないって
言ってもらえたe-420だからもう
曲がった角のその向こうの息子の姿は追いません
想像もしません、耳も澄ませません

そこから先は他の誰かと一緒だったり
いえいえ多分一人きり・・だとしても
信じてやることが出来る!
この矢のように過ぎ去った日々がしっかりと
信じることを教えてくれましたe-267
確実に成長しているこの瞬間・・・そうですねこの瞬間を感じて
幸せな気持ちを積み重ねて行きますv-22
先生へのお土産どこかに隠してたらいいなぁ~e-447
きっと隠してます・・e-452

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line