「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる




家庭教育推進協会の理事、ペアレンツキャンプ代表の水野達朗先生の

新しい本「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる

の出版記念講演会に参加させていただきました


講演会の案内が届いてゴールデンウィークの真ん中に

大きな楽しみが出来たと心待ちにしていました



水野先生のブログ「ぶにん先生のカウンセリングルーム」に出会い

当時母子登校の虚しさに疲れ果てていた私は

母子登校の辛さをしっかり理解し、受け止め

どうして行くべきかを説いてくれた記事を

食い入るように読みふけり

復学支援・家庭教育というものがあることを知っていきました



あの頃の我が家の母子登校は

ただ校門まで行って

その場に出てきてくださった先生に

「おはようございます」

そして二言三言で「さようなら」



そんな毎日に意味はあるのかと苦しんでいました

たったそれだけのために子どもも親も

本当に死にもの狂いでした



何回も道の途中で子どもはうずくまる

いくら痩せていると言っても6年生の男子です

決して軽くはありません

下手におぶったら2人してアスファルトに倒れ込みました



それでもそうしていることが

学校と子どもを繋いでいるのだと

周りの人たちは言います


わたしもそんな登校でも

学校と私たちを繋ぐ最後の砦だと信じて

歯を食いしばっていたんです




「そのゴールはいつなの?私はいつまで頑張ればいいの?」

という悲痛な叫びが聞こえてきます。




この水野先生の言葉が胸に響きました




涙が溢れました


共感してくれる人がいることの驚きで震えました


だってずっと孤独だったから・・




約400人の小学校でそういうことしていたのは

たった一人だったし

弟のクラスで普通に参観していても

自分だけが大きく欠けているパズルを組み立てて

あたかも揃っているような素振りでいるようで

いつか皆に化けの皮を剥がされる・・


そんな気持ちでいましたから


水野先生の言葉は勇気と希望をくれました



今回出版された本には

不登校の小学生が悩む「学校が怖い」

「学校へ行きたくない」の正体

という副題が付いています




一人でも多くの

悩み苦しみもがいている方々の手に届くように

私も一人の家庭教育を学んでいるものとして

力を尽くして行きたいと思っています


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
講演会の内容どこ行った?

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

御参加ありがとうございました!

先日は、私の講演会に御参加頂きましてありがとうございます。

おっしゃるようになかなか母子登校に対する問題意識が学校や地域では低い傾向があるため、お母さんが抱える心的負担は測りきれないものがあります。今回の講演会ではそのあたりの事を考えて母子登校や母子依存の説明に時間を割きました。
これからも同じ情報発信をするブロガー友達として楽しみながらブログを書いていきましょう!

くるみみるくさんのこの記事を当ブログにもリンクを貼らせて頂きました。お時間あるときにでもご覧いただければと思います。
では、また次の機会に会いましょう!

ぶにん先生へ

まさかの先生からのコメントに心臓がバクバクしてしまいましたe-452
私の記事を先生のブログにリンクしていただきありがとうございます!!
「ころばぬ先の家庭教育 小学生編~きょうからできる家庭力アップ~」が
絶版になると知って大変残念に思っていました
しかし、こんな風に新しい本として甦らせて下さった先生の熱意を
決して無駄にしないよう、出来る限りの努力を惜しまず
先生から頂いた言葉通り「家庭教育に卒業はない」と肝に銘じます!!
これからも同じ情報発信をするブロガー友達として・・・
という先生のあたたかい言葉に少し泣いてしまいましたe-441
ぶにん先生ありがとうございましたv-22

お疲れ様!

くるみさん、講演会お疲れ様でした。

実際に母子登校を経験した、くるみさんならではの記事に、重みを感じます。
今同じ立場の方の少しでも参考になればうれしいですね。

当日、3次会までできてよかった!
ぎりぎりかと思っていたのですが、さすがタクシーですね。
次は、私も仲間にいれてくださいね。

No title

くるみさん 講演会の際はお世話になりました。
くるみさんが手を引っ張ってくれたので、行っちゃった(笑)

念願の対面を果たし、くるみさんとハグできてツーショット写真も撮ってもらって嬉しかった~v-345
最後、新幹線の時間ギリギリまで付き合ってくれてありがとうね!
また行きたいな~その時はよろしくね!

ちゃろさんへ

司会の大役本当にお疲れ様でしたv-22
ちゃろさんたちがいつもお世話下さるおかげで私なんて当日ただ出かけて行くのみで
大変恐縮しておりますe-441
大盛況の講演会でしたね・・ぷらす・エールの同志に会えるのは
もう何よりも楽しく心待ちにしている機会です
ちゃろさんたちの3次会も楽しそうでしたね
ツイッターで、「暴走を止められず・・」に笑ってしまいましたe-454
はい、次回は是非プラットホームまでご一緒してくださいe-343

ティカさんへ

あぁ・・どれだけ待ったことでしょうv-22
ラブコールに応えて遠路遥々本当にありがとうございましたv-238
ツーショット大切に待ち受けにしています!!
こんな機会を作ってくれた色んなこと全てに感謝ですe-420
また、是非来てください・・そして私も伺いますね
まだまだ興奮冷めやらぬ日々を過ごしていますe-257

No title

こんにちは!!!
すっかり出遅れていますが ( 〃▽〃)
先日はありがとうございました!!
念願のくるみみるくさんにお会いできるなんて〜
突然だったので余計に嬉しくて♪
ふふ、今でも写真を眺めてはニマニマしています。
最初から最後まで、色々とお世話になりました。
どうもありがとう♪
また会える日を楽しみにしています (^_-)

よつばさんへ

v-22遠路遥々本当にお疲れ様でした!!
私も写真眺めてニマニマの怪しい人になってますe-451
よつばさんたちが改札を走りながら手を振って帰って行くのを見て
とっても淋しかったよe-452
楽しい時間はすぐに過ぎるね・・でもまた次に繋がっているんだねe-454
きっときっとまた会いましょう・・もんじゃはその時の楽しみにとっておくねe-420
ありがとうございました!

共感[i:63942]

こんにちわ。

私も母子登校していました。
この記事読んで驚きました。
くるみさんの気持ちと同じです。
私にはうまく文章にできませんが、本当に同じ気持ちです。
母子登校中の気持ち、ぶにん先生に出会えたときの気持ち。
今継続登校中でもこの先もきっと忘れられないと思います。

雪だるまさんへ

雪だるまさんも母子登校の辛い時期を過ごされていたのですね・・
子どもも一番しんどい時期、親の思いを感じながら、その思いに応えようと
していました。親は完全不登校になってしまう怖さから意味のない母子登校かと思いながらも
止められない・・そんな時、ぶにん先生の母子登校の記事は疲れ切った心に寄り添ってくれた
一筋の希望の光でしたね!!
コメントありがとうございましたv-22
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line