買い物に行きましょう 2




息子はシャーペンを手に入れ

他にも何点かの文具を買って車に乗り込み

すぐにパッケージから出して

観察するようにながめていました



本当はこのまますぐに帰りたいのはよくわかっていましたが

すぐそばにスーパーがあり

今度は食品の買い物に付き合って欲しいよと話しました



早く帰りたい気満々でしたが

「飲み物やカップラーメン、好きなもの選んだらいいよ」って言うと

重そうな腰を上げて車から降りて来ました



弟とはスーパーの買い物に時々来ていましたから

次男と三男ではこんなにもその動きが違うものかと

つくづく思うことになりました



三男はカートを押したり

重い荷物を積む時は

あたりまえのように手伝ってくれます


レジに並んで会計が始まれば

終わったものから袋に入れるために移動します


駐車場に着けば

買った荷物を車に運びいれたり

カートを戻したり私と手分けして

さっさと何も言わなくても動けるのです



そして一番感じたのは

次男は自分のものだけしか買わない


三男は兄弟の分も選びます


「買い物に行く」というこんな普通のことが

機転が利くかということや

人を思いやる心が育っているかということに

繋がっていることを

しみじみ思い知りました


自分の好きなことをするために

必要最小限しか外出もしていないから

動けなくて機転が利かないのは

しょうがないのかも知れません



それを認めてきた私は

常々、一日中ゲームに明け暮れる姿に

何か大切なものを知ること、学ぶことのチャンスを

逃している気がしていましたが

どうすることも出来ずにいました



それでも登校することで

不登校の頃からすれば

たくさんの刺激をうけて成長しているでしょう



この子が生きていくための予定表には

この子自身が経験したことを一つずつ

メモして書き加え読み取って行くしかないのだから



他人様に声を上げて叱られて

そこからしっかり立ち上がる強い、いえ、

しなやかな心を育てて行くこと



そんなこと思いながら

ぼ~っと突っ立っている息子の後ろ姿を見ていました


こうしてくれたら嬉しいなっとか

ああしてくれたら助かるなぁとか

それでもやっぱり考えながら

動かしてみる母でした





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

地雷を踏まないうちに
早く帰らなきゃ!!



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line