息子の机


先週学年末テストも無事に終わり気がつけばもう3月

高校では卒業式が終わり、中学でも今週末卒業式がありますね

我が家の次男、三男も4月になればそれぞれ学年を一つ積み重ね

中3と中2になります

先週の学年末テストの結果がそろそろ出そろって

息子たちと話す機会をちゃんと設けなければと考えているこの頃です



不登校から復学してやはり勉強に向き合う

自分から「やらなくては」と思うようになるまで時間がかかりました・・

2年かかりました・・


今回のテストで息子は実に3年ぶりに自分の机に向かって座っていました

私はかなり驚きそして感動しました

もう机に向かって椅子に座るなんてないだろうと思っていましたから・・

中1の頃はゲームをしながら

膝の上に本を広げて、それが勉強スタイルでした

中2になっても大きな変化はありません

夏休みを越えて2学期の中間までそのスタイルは続きました


それが2学期の期末テストの時、少し変化したんです

ゲームのモニターを消してそれに背を向けて

こたつに入ってやってました

といっても時間はまだまだ短くゲーム中心の日課でした


ところが今回の学年末ではそれが大きく変化したように思いました

何よりこたつから抜け出して机に向かっている姿に感動しました

母「あれっ?こっちに移動したんだ」

子「あそこじゃやりにくい」

母「そっかぁ・・」


息子はテストの発表の日に

父とテストに向けてスケジュールを立てていました

本当は自分でそこから始められるようになることを願っていますが

少しその部分を父親の立場から押してやることで

ピリッとした空気が入ります


でもスケジュールの立て方だけを一緒に考えて

後は全て息子のやることですから任せます


毎日学校から帰ったらひとしきりゲームで遊んで

自分で決めた時間が来ると

「あぁ、そろそろはじめるか・・」

とつぶやいて机に向かいます

こうやってゆっくりではありましたが勉強への

受験への小さな芽が出てきたように感じられる今回の学年末テストでした



もう、物置化していた息子の机・・

これは長男のおさがりの机なんですが・・

もう一度、日の目をみることができてよかったな


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
中学の3年間ってどうしてこんなに
早いのでしょうね・・


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line