兄弟と不登校3



弟の目から涙の粒が

瞬きする度にぱらぱらと散るように落ちていく



あんなに朗らかで笑顔の似合うあなたから

たくさんのもの奪ったね・・



ずうっといつも一緒だった兄が

突然目の前で動きを止めて、どれほど驚いたことでしょう・・

そしてどれほど不安だったか・・


まだ5年生になったばかりのあなたは

兄への思いを屈折した嫉妬で表しているけれど

それは紛れもない叫びでした・・




もっと僕を見て!!しっかり僕を見て!!




私に出来ることは、これまでの塾での過管理を無くし

学校の担任の先生と連絡を密にし

そっと見守ることでしかなかったけれど・・



それでも弟は自分の力で兄への思いを・・

一人だけ楽なことしてずるい奴・・

僕は違う、僕は違うんだって踏みしめて・・

彼自身の道を探して行きました




受験のコースを大きく変えて塾を続けることにした彼は

新しい居場所を見つけて

少しずつ元気を取り戻し

兄が五月雨から母子登校へ、そして完全不登校になって行くのを見ながらも

何とか踏みとどまって別の時間を生きはじめました



同じ家で、同じ空気の中、兄弟は別々の時間を生きはじめました



でも、時には声をあげて笑い合い

2人でゲームを楽しむ姿は

こんな不登校という現実が嘘のような

おかしいくらいに仲良しで

なのに重く苦しい現実が

びっしり詰まった我が家でした


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
違っていることがあたりまえ・・
芽生えはじめたそれぞれの個性がぶつかりあった頃







スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line