あなたのことを・・



ブログを書き始めて約半年が過ぎ

2歳頃からを書き始めた息子の様子も

ようやく等身大の中学生に追いつきました


いつもここに来て下さるみなさんのおかげで

記憶を辿って辿って書き進め

しっかり大きく、たっぷり思春期になりました


不登校を経験したことで、これまでの子育てが

いかに危険なものであったか思い知り

そんな対応の一つ一つを一生勉強と強く誓って

エンカレッジを卒業させて頂きました



卒業をまるで待っていたかのように、息子はこけました


再び起き上がれなくなったのは中1の3学期


小5の3学期、起き上がれなくなったあの時と同じ・・

まるで世の中から自分のやりたいこと全てが消えてなくなったように

ただ眠り、気力なく起き、また眠りを繰り返しはじめました



まだ私の対応で何とかなる、何とかしようと思っていた一日目の休みの夜

ふと気づけば・・そう・・不登校になって暗闇に入って行ったあの頃と

同じ目をしていると気づいた息子・・100パーセント明日もこのままで

120パーセント学校には行けないと読めました



上野先生に電話で伝えると、息子に電話を入れてくださいました


その電話に答えて次の日は登校すると言ってたのに

翌朝も起き上がれません


再びの上野先生の電話を「はい、はい・・」と聞いていましたが

終わった後、受話器を投げました


先生はその日、息子が休んだことを知ってすぐに動いてくださいました



息子は先生の電話で、先生が来ることを知っていて・・でも休んだんです



休んだことで、恐れている上野先生がやってくることと、向きあわなければなりません


昼すぎには起き上がりパジャマから着替えて

先生の到着を待っていました


あの時、息子はどんな心境だったのだろう


私は駅に先生を迎えに行ったけれど

その間息子は何を考えていたのだろう


休んでしまった自分を越えたいと願っていたのだろうか

甘えてしまったと迫りくる恐怖に怯えていたのだろうか


ただ一つ私が信じられたのは

息子はこの対面から逃げたりはしないだろうということ

逃げようとする気迫すら彼にはなかったかもしれないけれど・・



その通り息子は先生を待っていました

とても真面目に先生と向き合いました


そして最後に

「僕のためにありがとうございました」

って言ったそうな・・




あなたのことを叱ってくれる人がいる

「わたしが叱ってあげることで

もう1度やり直せるならそれがいい」と

あなたのことを叱ってくれる人がいる



あなたのことを叱ってくれる人がいる

「君がやらなければいけないことは

君を信じて支えてくれる人たちに

感謝の気持ちを伝える意味でも

前に進むことなんだ」と

あなたのことを叱ってくれる人がいる



あなたのことを叱ってくれる人がいる

「君は大切なその人たちを思って

決してその人たちの思いを

忘れてはいけないんだよ」と

あなたのことを叱ってくれる人がいる





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

これからもこんな息子と共に
あの角を曲がれたら・・と願って進みます
どうぞよろしくお願いします



スポンサーサイト
line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line