欠席からの学び



6年生の3学期の始業式に約11か月の不登校から

復学支援を受けて学校への復学を果たした息子は

危うげながらも休まずに学校のリズムに戻っていきました



卒業式を目前に休んでしまいましたが

風邪からの体調不良で一日の休みで長引かずに終わりました


とはいえ休んだ日はゲームは禁止ということが

息子の中では、納得しつつもやはりゲームがしたいという欲求をおさえきれず

私に「もう明日は絶対行けるからゲームさせてよ!」ってそれはしつこく

背中にくっつくようにして言ってきます



「休んだらゲームは出来ないよ」それ以上余計なことを言うと言葉尻をとらえられ

屁理屈で攻めてくるので出来るだけ距離を置いて・・



本来、風邪を引いて休んでいるのですから

しっかり休息して身体を休めることに徹しなければいけません


ゲームなどをして疲れてしまっては休んだ意味がないです


正論で正面から諭しても

この頃の息子はただただゲームをさせてくれないことへの

反発が先に立ちそれが母親への反発に乗っかってくるので

「休んだらゲームはしないという約束です」で通すのが得策でした



でももっと大きくなったら自分で自分をコントロールできるように・・・

休んで病気が治ってきて退屈になってきたらきっとゲームをするでしょう

ゲームを始めるということはもう休まないという事を

しっかり解って、安易な選択で休んでしまう生活を続けることがないように・・



不登校を経験している息子を持つ私には「休む」ということが

子どもにとって大事な境界線に見えます

たった1日の風邪と思われる休みであっても

神経はビリビリ逆立って

そんな境界線上を歩きながらのゲームは恐ろしかった・・


あれから1年9か月・・

今週は風邪をひいて週の半ばに休みました

金曜日も休んだので土日はゲームやパソコンは禁止

・・・としたいところですが・・・彼の思いに任せることにしました

境界線上でカップラーメン片手にゲームを始めます


パソコンダメ、ゲームダメとは言わないけれど

自分のしたことに責任がもてるように・・


もう身体は大丈夫、いつもより考えて時間も短くして出来ますという

彼を信じて任せてみました


我慢させることが足りないかと複雑ですが、息子の場合

信じているからあなたに任せるよとプラスのメッセージを

送ってやることで次に繋がる成長を期待できると思えます


失敗してまた、月曜に休むという最悪なことになっても

それはあなた自身の失敗だねと考えさせることができます


そこで失敗を受け止めて、初めて見える世界こそ

息子の経験からの世界ですから、きっと胸にストンって落ちるでしょう・・

イエローカードを引っ込めた代わりにレッドカードをきれますね



境界線と感じていたお休みも

いろいろ考えながらもこうやってまた少し

私の手から離していけるのは

欠席したことからの学びを彼自身が

受けとめられると思えるほどの継続登校の時間を積み重ねたから

そう信じてのことだというメッセージを受け取ってくれますように



でも確かに心は離さずに彼のことみていますから


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

お休みも次へのステップに
なりますように応援のクリックを!




スポンサーサイト
line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line