エンカレッジ復学支援・会話ノート2



息子は小さいころ、他の兄弟より明らかに育てにくかった・・

散水のホースの巻き延ばしを繰り返し

階段を上っては下りてを繰り返し

連れて外出するためには

いつも鞄に色々な

息子の心を引き留める七つ道具がいりました

こだわりもたくさんあった・・

そんな子どもを、追いかける毎日・・

しかし発達障がいの指摘を受け、専門の先生方に

「発達障がいは脳の機能障がいです。お母さんの育て方が悪いのではありません」

と言われ、その言葉に救われたものでした・・



自分の子育てのせいではない・・と。



しかしここへきて復学支援でつけ始めた会話ノートの私の対応は

赤ペンで次々添削されていきました


息子は療育施設の丁寧な保育や、その発達の特性を知ることで

ゆっくりながらもしっかりと豊かに成長していきました

今では診断した医師からも、「発達障がいの診断は気の迷いだった」と

言われるくらいになったというのに

私は親として、その成長に合わせた変化をしていくことが出来なかった

私は変わって行かなければいけなかった

変わって行くことが必要だった



この子の目の前の高いハードルは下げておこう

ころがる石はひろっておこうと

先読み、先回りの癖が、彼から失敗して学ぶことを奪っていました


親の価値観をおしつけていました


心の中で、昔かかえ持っていた

七つ道具を入れた鞄をいつまでもひきずって

彼の歩く一歩前を歩こうとしていたんです



もう十分に、失敗してその痛みを知っても

決して自分の殻に逃げ込まない土台は出来ていたのに・・

いつまでも、過干渉な母でした


立ち上がれるくらいの小さな失敗をたくさんすることは

大切なことですね

そうやって失敗から得たことは、自分の力として蓄えられるから


希望に満ちて転園した保育所での不適合が

私に刷り込んだ思いをえぐり出さなければ

不登校というこの闇から、本当の意味で癒される日は来ないのでしょう



今までの子育ての癖をしっかりと受け止めて変わっていけるように

私はこれからも、ずっと学び続けなければなりません


あなたの中のピリピリした反発の塊が(それを思春期と呼ぶのかな?)

ほんの些細なことで化学変化をおこして

今日も爆発しています

だけど、そんな爆発に巻き込まれないような

かわす術を母はお勉強しています

その場をサッサと離れるという、大変単純ですが的確な教えを

何度も先生からいただきました・・(納得!!



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
しっかり勉強しなさいと
応援のクリックを!






スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「その場を離れる」。
うん。単純だけど、ものすごく的確な教えですよね。
うちは、子どもがひとりで荒れているときにも、兄弟げんかになりそうなときにもこの教えを実践しています。

この技を知るまでは、子どもの愚痴にこちらの方が不安になって励ましたり提案したり、しまいにはイライラして言葉を投げつけたり…。
兄弟げんかも介入して、裁判官になって、よりモメさせていたな…。

私の会話ノート、今日ぶにん先生の所から戻ってきました。
赤ペンもいまだにあるけれど(汗)たいせつな宝物。
これからもお互いに勉強頑張りましょうね~v-220

Re: No title

かのんさん、こんにちはe-454
かのんさんも「その場を離れる」を日々実践されてるのですね!
ホントに、これはすごく大きく役立っています
実際、離れることを意識しないと離れられませんでしたから、ただじっとその場にとどまっていることが、すでに子どもにとっては親からのメッセージなのかも知れません・・何か手伝ってもらえる、助けてもらえる、はたまた屁理屈をぶつけることができる・・・
まだまだ、日々対応を模索中の我が家です
また、会話ノートにして考えてみるのもいいものですね!
メッセージありがとうございますe-343また、来てくださいね~v-22

No title

「その場をサッサと、離れる」
そうね~これで大火事にならなくて済んだことがどれだけあったか(汗)
かのんさんのコメも読んで「うちも~!」と思いました。

長女次女のケンカで、ちょっと小突いたりが始まり
私は心の中で「あ~あ~e-263」と思いながら目の端で
様子を伺っていると・・
すかさす次女の目が「キラッ!」と光るんです。
「あ!ママ見てる!」次の瞬間『痛~~~いe-452』と猛烈アピールe-330

<このまま離れないと>・・ケンカはヒートアップ!あいつがやった!とか大騒ぎになる。

<離れた場合>・・とりあえずケンカしますが、5分もしないうちに
笑い声が聞こえてきます。

これを知らずに、子ども達に向かって説教したり、裁判官になってジャッジを下したり
イライラで、ヘトヘトな日々を繰り返していましたね~

会話ノートのお陰で、色々勉強できますよね。

jumaさんへ

juma家でも「その場をサッサと離れる」がとっても役立っていたのですね~e-257
次女ちゃんお母さんへの猛アピール・・うんうんe-441力では負けちゃうもんね・・
お母さんをみかたに付けたら有利だもんね~
でも巻き込まれたら最後、泥沼だよね~(笑)
会話ノートを思い出して先生から頂いた赤ペンの字をたどると、今またいろいろ勉強できます
あの頃と同じこと同じ会話の流れで失敗してるって・・e-330反省ですe-447
jumaさん、コメント嬉しいですe-420また、待ってますね~e-454
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line