家庭教育相談士のスキルアップ研修



2016年秋にこれまで何度か受講してきた家庭教育の内容を下に

家庭教育相談士という民間資格を取得する試験がありました

これは、子どもが不登校を経験した際にお世話になった先生方が主催されている

家庭教育推進協会の基本的な支援方式を学び

家庭教育の専門家として十分な知識やアドバイザーとしてのスキルを身につけ

経験論・自己流ではない客観的な理論に裏付けられた対応ができる家庭教育相談士として

活躍することを目的として考えられたものです


受験にあたってはいろいろ考えるところはありましたが

これまで何回か受講してきた内容を自分の中に書き込んでいく作業が

今の私に出来るのかという挑戦と

一生勉強という想いで続けてきた家庭教育を

子どもがある程度大きく成長した今も、そしてこれから先も

変わる事無く学んで行きたいという想いの再確認の意味でも

勉強し取り組むことに決めました


そして晴れて合格通知を頂いたことには

一人でこっそりガッツポーズ!


しかしながらこの試験には最も大切な実技は含まれていませんから

そこはこれからのスキルアップ研修でじっくりしっかり身に付けて行きたいと思っています


今回の研修では相談士と相談者役になった方々の様子を

「みる」ということに大きな意味がありました

第三者としてモニタリングすることでよく解る事がありました

相談者の言葉に共感すること、そのタイミング

そして共感して膨らませることで

相手側に気づきを与える事にもなること

声のトーン、大きさ、柔らかさ、これは無意識の範囲で個人差が大きいです

意識してそれを作ろうとすると、逆に嘘っぽくなり引かれてしまいそうです

そうしていることが解かってしまうのはいけませんが

相手がそれが心地よいと感じる声を意識して出せることは

とても素晴らしいと思いました

モニタリングされていることの緊張は勿論ありますが

表情が硬かったり、無表情に近かったり

家庭教育相談士への道は険しく、遠いようです


ただこの研修は非常に楽しかったです


多忙なお仕事の毎日を送られている先生方が

日曜日にこのような研修と懇親会を企画して下さったことに

心より御礼申し上げます

ありがとうございました

一緒に研修を受けられたお母さん方にも心より感謝いたします

ありがとうございました

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

懇親会でお会い出来たお母様方
そしてドンキー先生
お話出来て本当に楽しい時間を
ありがとうございました


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line