遠くはなれて


4月2日次男は予備校の寮に引っ越しました

自分で起きて、食堂で準備された食事をとり

学校へ徒歩通学

昼食は外食

夜、帰宅して食堂で夕食をとり

部屋に戻ってお風呂に入って洗濯場に行って洗濯をする

そんな毎日を繰り返しているようです

次男は偏食ですが寮のごはんを食べています

ただ夕食は6時に準備されているため、講義を全て受けて帰宅したころには

冷たくて、硬くて、美味しいとは言えないようです

はじめて来たLINEに「朝晩クソまずかった」

「へんな緑のもずくみたいなんとトマト食わされた」と書いていました

要領のいい子は、サッサと捨てて立ち去るんだろうなと思っていましたが

「こうしたらいい」という事を極力言わないように我慢です

彼が自分で生活のリズムやハウツーを

獲得していくことを見守りたいと思います


一週間ほど過ぎて、周りの人たちが食事を残して捨てているのを目撃したようで

そういう選択も出来るとわかったようですが

「僕は食べる」と言いました

頑張って飲み込んでいる様子が目に浮かびます


昔、流行った歌の歌詞がそのままに溢れます

元気でいるか

街には慣れたか

友だち出来たか

寂しかないか

お金はあるか

今度いつ帰る


休みの日に銭湯めぐりして、ここと決めたところに夜行ったとか

意外と行動派?


友だちが出来たらいいのになぁ・・・

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
予備校生活がスタートしました
寮生活もスタートでいろんな新しいことが始まった春になりました



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line