スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

卒業、そして消える事のないエールを。



前回の記事から4か月以上経っています

体育祭前後から登校が不安定でした

遅刻、欠席が週に1~2度から2~3度と増え、模試のあった日曜のあくる日は必ず休むようになっていました

これが高校2年生だったら、まだ卒業まで時間があるので

早く立て直して欠席を増やさないようにしなければと焦ったと思います

高校3年生の秋という、卒業と進学が猛スピードで迫ってくる中のガタガタ状態・・

多くを言わず、悲しい顔で、本人に考えさせることで様子をみていました

休みは増え、週の半分を越して負け越してしまう事も・・

もっと毅然とした態度で、だらしなさを叱る?

息子の五月雨に悶々とした日々が続きました


そんな時、家庭教育を学ぶために参加した講座の後で、先生が話してくれたお話が胸に響きました


いっぱい頑張ってきたことを理解している今、寄り添ってあげていいんです

しっかり寄り添って、疲れている身体に触れてあげていいんです


その言葉に、どこかよそよそしく振舞ってきた自分の姿がよぎりました

「模試の後はしんどい、片方の脚がしびれてる。」とソファーに突っ伏している子ども

もはやソファーからはみ出すくらいに大きく成長しています

息子に触れてみました・・

首から肩、そして背中へ

足先からふくらはぎ

指先から手のひらへ

ほんの一時のことですが

こうしたらいいらしい、ああしたら効くらしいと

ネットの検索からの知識をフル活用してマッサージもどきです

息子はされるがままのまな板鯉状態



多くの生徒が同じように、長時間の試験に取り組む中

息子だけが試験に集中できないくらいの、しびれ感や苦痛を訴えているなら

それは普通ではないからと、提案して整体に通う事にしました

週に1度、整体で体の歪みを矯正してもらいながら

それでも、欠席が無くなった訳ではありませんが

若干持ち直し

そしてついに平成29年1月

全国でもかなり早い卒業式を迎えました



卒業出来た事に、ただただ感謝の想いです


家庭教育に出会えて本当によかったと

心から言えます


「不登校を乗り越えた」って

もう言ってもいいのでしょうか

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

お世話になった先生方、そして私を支えてくれた母友の皆さま
本当にありがとうございました
まだまだ息子の物語は始まったばかりです
これからの彼に期待してエールを送り続けます






スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。