それぞれの0学期


年が明けて早くも立春

一月行く、二月逃げる、三月去ると言いますが

この時期の過ぎる早さに、今更ながら驚いています


息子たちは冬休みのあったかさに、意外とスッキリサヨナラして

冷たい朝に、黙々と自転車をこぎ出して、登校しています


高校2年生3学期に入った次男も

そろそろ具体的に自分の進路を考える必要があるようです


カラオケの高揚感のオレンジと

バレンタインのブルー、いえ、もしかしてピンクが

高校三年生0学期を彩る色として

いい具合に息子の身体を

温めてくれますように・・

人の優しさや思いやりの大切さを

いっぱい感じて

次のステップへ挑めますようにと願っています




彼はこの間、マラソンの授業で

道路脇の溝に、片足突っ込んで転んだと

保健室で手当てを受けたらしい大きなガーゼで

左膝を覆って帰ってきました


お風呂上りにゴミ箱に捨てられた

そのガーゼに染み込んだ真っ赤な血の色が

痛みの感覚を呼び起こすように訴えてきます


年明けから雪の舞う寒い寒い日がありました

人通りの少ない道や

道路の端の白線は凍っていて

自転車は怖いなぁと心配していましたが

まさかマラソンで怪我してくるとは・・

・・大怪我にならずによかった!



三男は春先に修学旅行があります

今のクラスは、皆仲良く楽しいけれど

修学旅行はクラス替えがある直ぐ後で

きっと友だちもまだ、出来ないうちだし

ホンマ面白くない、行きたくないと愚痴っていました

ところが、急に「修学旅行楽しみ~」と言うので

どうしたのかと思えば

「先生から、食べ物が凄く美味しくて、中でも焼き肉めっちゃ旨いと聞いた」と

満面の笑みで話してくれました


普段から「肉命!!」の彼ですから

先生の言葉を聞いて、うつろだった息子の目が

キラリンって輝いたのが、手に取るように見えました

何はともあれ、修学旅行を楽しめそうでよかったよかった


我が家にはもう一人、離れて暮らす大学生の長男がいます

高校を卒業して直ぐに、予備校の寮に入ったのを境に

もう、家に帰って来るのは年に数日くらいです


普段は顔を見ないせいで、その存在をすっかり

コンクリートの隅を歩く猫のように消していますが

振り返れば彼は必ずそこにいて

うっかりすると、鋭い爪で

強烈な爪痕を私の心に残してくれます


そんな恐ろしい(笑)彼にも

今年は節目がやってきます


会えば私の中の怒りのツボを

容赦なく押すあいつですが

大好物の炊きたてのご飯すら

とどけてやれないのが

さみしく思う私です


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

炊きたての白いご飯の
混ぜる前の真ん中を食べる贅沢








スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

くるみさん、こんにちわ。

息子さんたち、三人いても三者三様ですね。
なんとなくくるみさんの次男君と三男君、我が家の長男・次男を見ている様です。
次男も肉好きなので、お弁当の時には「から揚げ4つね」と言い、
まだ弁当箱が小さいので、茶色いから揚げで埋まってしまう始末・・・

長男は今日部活の1年生大会。
隣町まで自転車で行くそうですが、朝からどしゃ降りの雨。
大丈夫かな。。。きっと男子13人でずぶ濡れになっている事だろうな。
気分的には送り迎えをしてあげたい。。。
帰ってくるころには部屋を温めておいてあげよう。

長男曰く「部員の1人が6月くらいから部活に来てないんだよね。学校にも来てないみたい」。
恐らく不登校だと思います。

まずは、子供たちが学校に行けていることに感謝ですね。
親の対応を忘れないように。。。

キャサリンさんへ

キャサリンさん、こんにちは。

長男くん、部活頑張ってるんですねe-454

どしゃ降りの中も自転車でe-330・・そりゃあキャサリンさん、さぞや心配だったでしょう!!

意外と子どもは、友だちみんなで濡れれば怖くない(笑)って感じだったりしてねっe-257

帰って来て、部屋が温かいと長男くん嬉しいでしょうねe-420

家の次男も三男も自転車通学で

二人ともけっこうな距離を走っていますe-215

帰宅部だった次男も、お肉命の三男も、自転車通学の毎日で随分逞しくなったと思うんです

どしゃ降りも寒風も、ギラギラの猛暑日も・・あたり前に自転車で出て行く姿に

結構感動している私です

学校に来れていない部活のお友だち・・心配ですね。。。

キャサリンさん、コメント嬉しいです。ありがとうございましたe-257
line
line

line
プロフィール

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line