スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

不安を話すことが必要な時




三男が高校生になって3か月が過ぎようとしています

彼は高校受験の時、最後の最後で志望校を変更し今の高校に入学しました

十分に悩み、十分に考え抜いて彼自身が決めたことです

入学する前から厳しいカリキュラムであることは聞いていましたし

覚悟の上で決めたと思います

しかし入学してから本当のしんどい毎日を身を持って体験していく中

彼の中で沢山の不安が渦巻いているようです

息子「ぁあ~・・もうホンマに嫌や・・」

母 「・・嫌なんかぁ・・」

息子「最悪や、ホンマ最悪」

母 「そうかぁ・・最悪かぁ・・」

息子「時間を戻したいわぁ、そしたらこんな学校受けないのに」

母 「そうかぁ・・しんどいんやなあ・・」

息子「数学早すぎなんよ進むのが、宿題多いし!!」

母 「・・宿題多いのしんどいなぁ・・授業早すぎ?」

息子「・・まぁ何とかがんばってるけどね・・わからなくなって先生に聞いてやっと解ったから・・」 

母 「残って先生に聞きに行くんや、頑張ってるなぁ!」

息子「うん」

こんな会話が何度もありました

息子は不安を吐き出したいんです

苦しくてしんどい毎日を歯を食いしばって頑張っている彼に

気の利いた言葉はいりません

少なくとも、今はいりません

ただ、聴いて受け止めてあげることが必要なんだと

否定せずに共感して聴くことが今は大切な時だと感じています

家庭教育を学んでいなければ

きっと余計なこと言って怒らせてしまっていたでしょう

子どもの問題に首を突っ込んで

自分もがんじがらめになってしまうでしょう


距離を取りながら彼を信じて見守ります

サインは見落とさないほどの

そんな距離が

高校生になった息子にはきっと必要ですから

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

息子へのエールは全て弁当に込めて
                 

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

くるみさん(。・ω・)ノ゙ こんにちは
久々コメントします♡
3男君も頑張っていますねー!
3男君は、次男君とは違ってお母さんに発信するタイプなのよね
うちの長男もそのタイプ。
大学生になって、大きく環境が変わったこと、そして自分の思い描いていた大学生活と現実のギャップを、ひしひしと痛感した四月、五月の彼の吐き出しは、時に受け止める私のメンタルにも影響が…
それでも記事中の3男君のように、
話終えるとスッキリして何処かへ去っていく、という事を繰り返しながら、なんとかそのギャップを埋めるべく自ら考え、動いて、最近は落ち着いたようす(ほっ󾌲)
遅くまで練習して疲れて帰りたくない日に泊まらせてくれる友達も出来たみたい
やはり母は、ただ受けとめる、否定をしない、それだけで良いのだなぁと(100パーとは言えない…)つくづく思った、数か月でした!


りりせさんへ

りりせさん、お元気ですかe-454

ご無沙汰しています・・

子どもたちは季節と共に学年を上げ大きくなりました

精神的にも学校の中でもまれることで逞しくなっていくようですね

そんな中、りりせさんも私も

子どもの吐き出しを聴くことが出来るようになったんですね

受け止めて、ただ受け止めて見守ってということを意識して出来るようになったのですよね

長男さんは自分の問題を苦しみながらも解決して行って・・一安心かなe-441

家の三男もネガティブな言葉を吐きまくりながら頑張っています(笑)

何もしないということをすることは、子どもが発するネガティブな言葉の海で

悠然と立ち泳ぎしているようなもので

実は水中の身体はジタバタとそれは激しくもがいているんですから・・

母親の体力は人知れず減って行くのですよ・・ねっe-350

コメント嬉しですe-343どうもありがとうございますe-267

No title

くるみさん、こんにちわ。

三男君、高校生活頑張っていますね。
覚悟は決めていたものの、いざ生活が始まると、想像通りかもしくは
それ以上のしんどさや辛さがあるのですね。

そんな時は、くるみさんの言う通り、気の利いた言葉はいりませんね。
本当にそう思います。

子供は解決をして欲しいのではないですものね。
不安を吐き出して、気持ちを軽くしたいのですよね。
それで気持ちが軽くなったら、きっと自分で次へ進められる。
そう思います。

最近、ママ友や(私の)友達で
「絶対運動部へ」、「(偏差値的に)○○高校以上ね」
「(習い事)○○をやらせる」「○○塾、英語を習わせる」
「夏休みの読書感想文は○○の本で」等々、
子供にたくさんの指示を行うお母さんが増えた気がします。

私みたいなズボラ母さんは、かなり少数になっていると思います。
みんな真剣に語っているので、私もあえて訂正することがなかなか出来ないのですが、それぞれの家庭で子供がガス抜きが出来れば
いいなと思います。

うちの長男は、バスケ部に入って頑張っています。
元々色白のゲーマー君にはかなりハードで、しかも顧問の先生が
“松岡修造”バリ(長男談)の熱血教師。

毎回部活の前日から負の発言出しまくりですが(苦笑)、
吐くだけ吐いて、それでも次の日にはスケジュール通りに家を出ていくので、まあよしとしています。

初めての中間・期末テストも無事に終わり、
このまま少しずつ進んでくれたらいいなと思います。

キャサリンさんへ

キャサリンさん、こんにちはe-257

長男くんバスケ部で頑張ってるのですねe-267

熱血な指導にも耐えて・・長男くんの成長嬉しいですね!

三男と接していて感じるんですが

自分の中の何かが話してみることで整理されていくようです

自分の声で、自分の思いを聴くことで、それで気づくことがあるんですね

だからこちらは出来るだけたくさん話せるように

上手く受けてあげられたらなあと思っていますe-441

親の一言って、時に子どもの思わぬ心の柔らかい部分に刺さっていたりして

深く意味を持つことがあります

親の価値観だけで判断せずに、勿論こちらの思いは色々駆使して伝えながらも

最終的には子ども自身が決めた事を見守ってやれるようになりたいと

願うこの頃です

キャサリンさん、長雨と蒸し暑さの続く毎日

どうぞお身体気を付けてお過ごしくださいe-256

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。