「家庭教育相談士養成講座」



「家庭教育相談士養成講座」に参加してきました

タイトルの通り肉厚で重厚なテキスト

そして最後に頂いた修了証は

今回の講座はその入口から全容を見渡したもので

これから、ここで受け取ったものを

どんな風に自分の中で育てて行けるかを

問い続けてくれるものとなった気がします

講座の内容に関しては家庭教育推進協会ホームページ内の

家庭教育推進協会+プラスより

ご覧ください


不登校を経験した私のことを知っている友人を通して

これまで何名かの方とお会いしたり

電話やメールを頂いてお話する機会がありました


そんな時、私は自分の経験した復学支援や

家庭教育という学ぶべき大切な考えがあることを

どのように伝えればいいのかに悩んでいました


「何とかしたい」


その単純にして明快な思いは

ややもすれば空回りして相手の心に響くどころか

心の扉を閉じさせてしまうのではないだろうか


不登校問題は不登校になっている本人だけの問題ではなく

一緒に暮らす家族全員にその問題は覆いかぶさってきます


私のような何の力もないものが長くその話を聴くよりも

1分1秒でも早く専門家に繋がなければ・・という焦りが

いつもそこにはありました


勿論、これまでもそうしてきたように専門家に繋ぐことで

笑顔の戻った家庭や子どもたちを見たり聞いたりできることは

何よりも嬉しいことです


ただこれまで私が抱えてきた「何とかしたい」という思いを

全て専門の先生方に繋ぐことだけに求めてきた焦りを

ほんの少し範囲を広げて

同じ母親、不登校を持った子の親、思春期の息子を持つ母

といったカテゴリーの中の一人として

「話を聴く」という行為そのものが私にとって多分とても重要で

「繋ぐことへの焦り」を感じるより

目の前の話を十分に聴くこと

それから、そこから始まる事に踏み出せばいいのだという事を

教えてもらった気がします



関東では5月23日土曜日に開催されます

ご自身のご家庭のために

そして不登校や家庭内の悩みを一緒に共有する

一人の親として人として

たくさんの方の参加がありますように


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
続く第2回を楽しみにしています





スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

くるみみるくさん、こんにちわ。
キャサリンです。

最近、シャーロット王女が誕生し、キャサリンという名前を使うのが若干おこがましい様な、恐れ多い様な気もします(笑)
ご成婚より前に、名乗り始めてたとは思うんですが・・・。

若かりし頃、ありもしない「もし外国人だったら、どんな名前が良いか」で盛り上がり、それ以来使っており、結構気に入っているのです。
なので、このまま使用させて頂きますね(^^;)。

すみません、話がずれました。。。


家庭教育相談士の勉強をされているのですね。
素敵です。

今、本当にたくさん(日本で10万人以上)の子が不登校で悩んでいる中で、数だけ数えては済まされない状況で、その子だけでなく、ご家族や周りも本当につらい気持ちになりますね。

くるみみるくさんの経験やお人柄で、何人もの人が気が楽になったり、
良い方向へ向かうことが出来るんじゃないかと信じています。
何より、経験者の存在は大きいですし。

私も、勝手ですが、ブログを読ませてもらって、会話例?などを参考にさせてもらっています。
三男君のおかず増量作戦も(^^)。


我が家の長男は、中学校に入学し、まずまずのスタートを切りました。
GW明けもダウンすることなく、復活。

完全にゲーマーで個人プレー大好き、運動オンチの彼は、なんと部活にバスケを選びました。
本人は語りませんが、恐らく不登校時に我が家へ来ていたお兄さん(市から派遣の制度があったんです)の影響だと思います。

もう見守るしかありません。
本人が強い意志で選んでいるので、お任せしています。

それから、通学リュックに毎日フルセット(全教科)を持って行きます。
絶対ないのに、毎日美術・家庭科・音楽もですよ!!
リュックがパンパン。10キロ以上もあるんですよ。
歩く姿はマリオに出てくるノコノコ(亀?)状態です。

でも、本人は「全部持ってると安心」らしいので、
もう見守るしかありません。。(T0T)。
こういうところが少し融通が利かないんですけど、本人の意思に任せるしかないですね。

くるみみるくさんを見習って、見守れるよう、私も成長します(^^)

長文、失礼しました。

キャサリンさんへ

ハンドルネーム「キャサリン」素敵ですv-352
王女様と被っててもいいじゃないですか~v-221
どうぞこのままでe-343

息子さん、中学を順調にスタートされたのですね
キャサリンさんも一安心ですね・・よかったですe-267
通学リュックに全教科を詰めていくのですか・・ご苦労なことです
でも重いことより、持っていることの安心の方が今は大切なんですよね

クラブはバスケですか
今までの息子さんのことを考えるときっとキャサリンさんは凄く心配されていると思います
ただ息子さん自身が強い意志で決めて入部したので見守られているのですね
そうですよね・・不安はあるけどここは本人の意思を尊重するしかないよね
いろんなことを吸収して成長すると信じていようね

5月も半ばを迎えて次男も三男も中間テストが目の前です
私は三男のネガティブな発言に動揺せずに聴けるよう
毎日頑張っていますe-258
高校に入って想像を絶する毎日にかなりブルーな三男なんです

キャサリンさん、一緒にがんばろうねe-271
e-348
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line