月とカフカと青空と



次男は修学旅行に出発しました

中3の修学旅行が5月でしたから、あれから1年と10か月で

もう高校の修学旅行です

高校生になって一年間を共に過ごした仲間との旅行です


空港が集合場所になっていて

旅行の予定が決まった当初、私に「空港まで送って」って言いました

すぐ傍のスーパーか、最寄りの駅にでも行くように

そんな、いとも簡単に

そしてそれが当然のように「送って」と。


送って行くこと、それは出来ない事ではないけれど

往復1時間半はかかるんだよ・・

そんなことは知った事じゃないって感じだね・・

でも出来る事なら親の力を借りないで自分の力で行って欲しい


空港行のバスがすぐ傍のバス停から出ている事を教えると

「バスは無理や・・この前も間違えそうになったし

全然わからない」と言います

母「誰か友だちと一緒に行って欲しいな

遠いから簡単に送れる距離じゃないし」

そう言うと返事はありませんでしたが

何日かして一緒に行く友だちが出来たようでした

息子の場合、一緒に連れて行ってくれる友だちですね(笑)


旅行の前日、バスの時間を聞くと

私が調べておいた空港へ直行するバスではなく

最寄りの駅までのバスでした

どうやら学校から空港直行バスには乗らないようにという

通達があったようです

そうなるとバス~電車~乗り換え~電車

となって大変そうですが「僕は友だちに付いていくだけだから」と

友だちにヒルのようにくっ付いて行くことを決めていますから

・・・大丈夫でしょう!



8時空港集合のところを

友だちが決めた出発のバスは5時44分発

駅までなら車で送って行くことは簡単なことだけれど

もう友だち同士で約束していることに口を出すこともないね


私が4時半にアラームで起きて洗面所に行くと

既に息子は起きてシャワーを浴びていました

朝食をすませて家を出る時、まだ外は夜のままでした


いつもの朝のように「行ってらっしゃい」と

送り出すつもりだったのに

その暗さに、いつものように自転車ではない様子に

思わず足元にいたカフカを抱いて一緒に歩いていました


息子が並んで歩きながら「何故犬を連れてきたん?」って聞きました

「見送ったら、帰り一人になって寂しいから・・」そう言うと

「ふ~ん」って。


母「まだ暗いね」

息子「ほら、月が出てる」って息子が指さす東南の空には

細く尖った月があって・・そんな風に話していることは

このまま歩いて、歩き続けてもいいのかなあバス停まで・・


母「大通りを渡るとバス停が見えて来るから、

みんなに見られて嫌なら

お母さんから離れて行きな。

お母さんそのまま居なくなるから」


バス停には3人の固まった人影が見えて友だちだと分かりました


でも息子は私との距離を変えず離れて行くことはありませんでした


バス停にいる友だちと合流して息子は笑顔で喋っています

私は友だち3人と挨拶してから離れた場所で立っていました

連れてきたカフカが足元でくるくる回っています


「バスって時間通りに来ないん?」

遠慮して離れていたのに

驚くことに息子から近づいて話し掛けてきます

母「そうね、電車のようには来ないね・・」


3分ほど遅れてバスが来て停留所に停まると

サラリーマン風の人たちが順に乗り込んで行きました


「楽しんできてね!」って息子たちに後ろから声を掛けると

はにかんだ笑顔を残して生徒たちが乗り込んで行きます


一番最後に息子が片手を上げて

「じゃあ!」って言って乗り込んで行きました


思わずあなたに付いてこんなところまで見送りに来て

ごめんね・・でもありがとう!行ってらっしゃい・・


帰り道はすっかり夜が明けて

青天の一日を思わせる青空が広がっています

一緒に連れてきたカフカは歩くのを嫌がって

抱っこ抱っこと手を伸ばしていました

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
内緒で持って行った携帯が
どうか見つかりませんように・・














スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちわ、くるみみるくさん。

あら、最後にオチが一つ(笑)
内緒で携帯を持って行ったんですね。次男君もやりますね(^^)。
先生に隠れて携帯をいじっていたのでしょうか。
それも良い思い出になるかもしれませんね(教育関係者の方が読まれていたらスミマセン・・・)

次男君は公共交通機関が苦手なのですね。
いつかは自分で動かなきゃいけない時がくるかもしれませんが、
まずは温かく連れて行ってくれる?友達がいるのは嬉しいですね。
(次男君、実は世渡り上手かも?)

そういえば、私が中3の修学旅行で、不登校気味の女の子が
修学旅行に参加しなかったことを思い出しました。
国会議事堂前の集合写真にはもちろん写っていませんし、その時のお母さん、女の子はどんな状態、気持ちだったんだろうなと考えてしまいます。

もう次男君には当たり前かもしれませんが、学校行事に参加できるのはとても嬉しいことですね。

我が家は昨日中学に入学しました。
環境の変化に弱い長男は、4月に入った途端にナーバスになっており、腹痛を訴えることもありましたが、何とか式典にも参加し、近所の友達と待ち合わせをして登校を始めました。

いろいろ難しくなってくるお年頃。
何があってもどーんと構えていられるお母ちゃんになれますように。

キャサリンさんへ

こんにちは。
世の中、すっかり4月になってますねe-420

キャサリンさん家の息子さん、中学ご入学おめでとうございます!

少し緊張されていたようですが、そろそろ入学から一週間

やっとクラスが見渡せるようになる頃でしょうか・・

まだまだみんなと話が出来るってとこまではいかないから

帰ってきたらぐったり疲れているのかもしれませんね

仲良しのお友だちが出来ますように・・e-343

我が家の次男も一つ学年が上がって、クラス仲間も担任も変わり

ちょっとお疲れ気味で帰宅すると食欲より睡眠です

いつも眠っていますe-257

春眠なんたらですから、まあ仕方がないかな(笑)

新年度もどうぞよろしくお願いしますe-267
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line