心の温もりをたたえる色をもつ花



今日1月11日は4度目の復学記念日です


小学生だった息子が今は高校生になって

毎朝、家族の誰よりも早く「行って来ます」と出て行きます


自分の居場所を学校の中に持っていること

友だちと呼べる仲間のいる場所に

安心できる居場所があること


それは彼を力強く育て

朝からの大雨の中にも

制服を突き抜ける冷たい風の中にも

物怖じすることなく飛び出して

ペダルを踏みしめ

その向こうへ、その先へと進んで行きます



「学校」それは確かに手の中にあったのに

あっさりと、何処かに無くして

すっかり見失ってしまい

どんなに手を伸ばしても

届かない場所になっていました


ぽっかりと抜け落ちたように私たち家族は

「学校」というみんなの場所から違った次元に住んでいて

向こうの声は聞こえても

こちらの声は届かない

ぶつけようのない悲しみや怒りが

訳のわからない不安や迷いが

私たち家族を蝕んで行きました




4年前の今日

私たち家族は復学支援という力をかりて

そんな場所にきっぱりと別れを告げ

ゆっくりと歩きはじめました


フラフラしながら

今にも倒れそうに歩いていたのは

ランドセルが重いからじゃない

怖かった

長く、長く休んでいたことで

もう何もかも違っていると思ったの

みんなから奇異な目で見られることを恐れていたの



恐怖の花びらを一枚一枚摘み取って

手放して行く快感を

あなたは覚えているだろうか


長かった道、重く冷たい校門

不安な廊下、入れない教室


一つ一つを塗り替えて、新しい色に塗り替えて

そこに吹き込んだ自分の声をあなたは覚えているだろうか


傍らにいてそっと支えてくれた人がいた事を

あなたは覚えているだろうか


やがてゆっくりと

新しい蕾が膨らんで

小さな花が咲きますように・・

恐れに震える花びらは散り

心の温もりをたたえる色を持つ

そんな小さな花が咲きますように


それだけを願って

ただそれだけを信じて

一緒に歩いています


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
今年もどうぞよろしくお願いいたします







スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

4回目の復学記念日!
おめでとうございます(^-^)
しっかりと踏み固められた足跡…
次男さんの着実に成長している姿、本当に頼もしく嬉しいですね。私も励まされます。
これからも素敵なブログ楽しみにしてます♪

Tomoさんへ

こんにちはe-257
温かい言葉をありがとうございますe-420

12歳だった子どもが16歳、今年には17歳・・
・・・本当に変化の大きな年代ですよね

毎日見ていても、中学生の頃とは明らかに違ってきたのが分かります
勿論、いいこともあり、悪いこともあり
嬉しく思うことも、悲しく思うこともあるわけですが
それらを全部含めて、少しでも成長とよべる部分に針が傾いているように
私がしっかり頑張って行かなければって日々思っています

Tomoさん、今年もどうぞよろしくお願いします
桜咲くことをお祈りしていますe-235

No title

くるみみるくさん、明けましておめでとうございます。
今年も素敵なブログ、楽しみにしています(^^)

4回目の復学記念日、おめでとうございます。

次男君、メキメキと成長されていますね。そして力強いですね。

普通に登校出来ている子にしてみたら、何とでもない学校の風景が、
不登校を経験した子にとっては悲しいほど違った景色に見えるのでしょうね。
うちの長男もそう見えてたのかな。何だか涙が出そうになります。

人一倍こだわりがあり、一人の時間をこよなく愛する長男が、
最近腹痛を訴える事があります。
朝送っていくこともありますが(やってはいけない事かな)、
うろたえない様に、笑顔でいられる様頑張ります(^^)。

復学記念日

くるみさ
4年経たれたのですね。

同い年我が家の、末っ子次男坊の
復学は3年前の1月12日でしたよ。

タイプは違い、勉強はあまりしてませんが😅
くるみさんの記事を読ませて頂いて、息子は3年前どんな気持ちで、登校していたのかと思いました。

いまだに、依存の強い息子と距離感を計りつつ…
これから、子どもと離れての
人生をゆっくり思い描いています。


お年玉でホクホクしてご機嫌な息子に、慌ただしくてお疲れモードの私 …

「いつか家には、○○の恩返しがあるからね♪」

苦笑の息子でした。

この子達に咲く花は
どんな色をしているでしょうね

できれば、たまの嵐に負けない強さを持ち。葉っぱが少しかけちゃっても、小さくても……
その良さが、わかる親でありたい。

これからも
フィードバックしつつ、日々を過ごして行きたいです。


(みみ)

キャサリンさんへ

こんにちは。いつもコメントありがとうございますv-352

今年も日々の出来事や思ったことを綴って行きたいと思います

どうぞよろしくお願いします

キャサリンさん家の長男くんも次男と似たところがありますよね

こだわりや一人の時間・・そうそう、誰にでもあることなんだけれどね

そして彼の心の不安定な時はそれが顕著になりますね

反対に落ち着いている時は、そういう部分もマイルドになり

人と関わったり、人を許容する範囲が広がるっていうか

そういう時に彼は自分の範囲を、半径を広げて成長するんだと思います

長男くんの腹痛心配ですが、まずは、先回りせずに彼の言ってくることを

しっかり聴いてアクティブリスニングですよね

私もついつい過干渉になるので気を引き締めて頑張りますv-220

はなさんへ

はなさん、こんにちはe-454

息子さんの3年目の復学記念日・・おめでとうございますe-420

高校生になった息子たち、あと数年すれば大人と呼ぶ歳になるのよね

子どもと離れての生活を思い描かれているのですね

そうですね、嵐に負けない強さ・・

・・そして嵐に負けても、もう一度立ち上がる力を根性を

養ってほしいです

我が家の息子もお年玉で潤って優雅な生活を楽しんでいましたe-451

今年は早々に大物を購入してすっかり貧乏になっていますが

これもいい経験と指をくわえて見つめていましたe-441

今年もどうぞよろしくお願いしますe-343
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line