通り雨を求めて



日ごとに「寒い」という単語を使う回数が増えてきたように思います

息子の自転車通学も夏の暑さ対策から

今度は寒さ対策に移ろうとしています


一昨日の夜「明日から手袋とマフラーしていくから出して欲しい」と言われ

「急に言われてもあるかなぁ・・」と曖昧な返事をしつつも

翌朝にはしっかりネックウォーマー2つとマフラーを1つ

そして3つの手袋を探し出して並べて「どれがいい?」って

楽しそうに差し出す自分がいました


息子は便利そうに見えたネックウォーマーには触れず

普通のマフラーとグレーの手袋を選んで付けて行きました


ブレザーの下には唯一防寒用に学校が指定したニットも着込んでいます


こんな調子で真冬になったらどうなるの?

・・・って、ちょっと心配に思うけれどね

まあ、15分も走れば身体も温まって来るからと思い直し

余計な心配には蓋をして・・「行ってらっしゃい!」


次男は他の兄弟と比べて格段に言葉数が少ないのですが

高校生になってもそれに変化はなく

というか、ますます無口な男子です



いったいいつからこんなにもしゃべらなくなったのかと

考えてしまいます


家庭教育を学び復学を果たし

継続登校を支える上で

私が過保護・過干渉であった部分を改め

命令・指示・提案を出来る限り抑え

子どもの問題と親の問題を分けて考えていくと

私からの言葉もすっかりと少なくなって・・

勿論彼からよもやま話を振ってくることはなく

そう、息子の冗談なんて聞いたことも無く

三男とならバカも言えるのに・・次男には身構えてしまって

軽い会話が出来ません

必要の無いことをしゃべったら

蛇に睨まれた蛙どころか

三日目のおでん

舟に家出された波平

すっかり見放され跡形もなく消えて行くしかないのです


テレビをみて突っ込んだり

ふと思い出したように学校の面白出来事を話してくる訳でもないし

・・・だから息子の言葉は、乾いた大地に沁みこむ貴重な雨水のように

わたしの心に沁みこみます

たとえ「マフラーと手袋」であっても・・


彼が自室に入るまでの僅かな時間を

何か話の糸口はないかと

思うことがあり

別にそこにいる必要は無くても

急な通り雨でも降ってこないかと

ちょっと期待して

待っているんです・・気まぐれな通り雨


ある日、乾ききってひび割れ始めた大地は

奇跡の通り雨を求めて危ない橋を渡りました

部屋に頼まれた食事を届けることのついでに

まるでそこにフラッと遊びに来た友人のようなふりをして

とりとめのない会話を振ってみました

すると空はぽつんぽつんと奇跡の通り雨を数滴落とし始めたのです

乾いた大地は震えながらも

その喜びに酔って(笑)

更に会話の風を吹かせます

すると空は一瞬で真っ黒い雲をおこし

物凄い勢いでゲリラ豪雨を降らせました

「一人でゆっくり食べたい!!」


乾いた大地は大量の雨水を一気に吸収出来ずに

水の勢いでバラバラに砕けて消えてしまいました・・(涙)


こんな次男も学校では

およそ想像もつかない笑顔で

友人の中で過ごしていると聞きます(あんびりーばぼー

同級生の母から「○○くん(息子のこと)面白いんだって~

この間、国語の授業中に言葉の意味で先生に当てられ

「絶対これしか書いていませんでした」と言い切って

先生が「よし、じゃあ徹底的にやるぞ」と言って

辞書を引いたらやはり他にも意味が出て来てねぇ・・

そしたら○○くんが引いていたのは古典の辞書だったって~」という

笑える話を教えてくれました

きっとどか~~んと皆にうけたでしょうね

ただ、変にまじめな息子はうけることを喜びと

感じたか疑問ですが・・(笑)

友だちとの間で冗談言って笑ってるなら

乾いた大地も想像の雨粒で潤えるのですが・・


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
笑ってる君 たとえ知らない世界でも
 そこにいるって 信じたい









スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

カキコミ久しぶりですいつも読み逃げすみません
この記事がとっても 手にとるように解ります(笑) まさに通り雨!そしてゲリラ豪雨が(笑)
それでも学校で なかなかの存在感を(失礼)出してる息子さん いいじゃないですか~ 見てみたい ですよね~
きっとどの子も家庭内とは違う顔してるんだろうけどね

ゆっきさんへ

こんにちは、ゆっきさんe-454
コメントありがとうございます
わかってもらえて嬉しいです~ゲリラ豪雨e-330
そうそう、覗いてみたいよね~着ぐるみの中に入ってコッソリねっv-363
学校ではニコニコしてなかなかイイ奴なんだって・・まるで別人ですよ~e-350
ゆっきさん家の息子さんたちも難しいお年頃ですよね
ゲリラ豪雨で砕けても母なる大地はまためげずに通り雨を求めて頑張りますe-343

No title

くるみみるくさん、こんにちわ。
舟に家出された波平ですか(笑)。
それはそれは撃沈ですよね。。。カツヲくんやワカメちゃんも心配しそう。。。

今回は次男君の地雷を踏んでしまったのでしょうか。。
気難しい年頃ですね。。(で、片づけてはいけないのでしょうけど)。
ただでさえ寡黙気味なタイプは、本当に話がなくなってしまいますね。

でもきっと、次男君的には成り立っているのでしょうね。
たとえおしゃべりしなくても。。。(涙)

何より高校に通い、授業をしっかり受けて、先生にもしっかり意見を言えている!!(うけも取れている?)
それがなにより、くるみみるくさんの努力の賜物ですね。

我が家の長男も、恐らく次男君とよく似たタイプで、口数が減ってきました。
次男とは、結論の出ないくだらない話が出来るのですが…。

舟さんに出て行かれない様に、気を付けます(笑)

キャサリンさんへ

キャサリンさん、こんにちは。

今日から12月、子どもたちにはイベントの宝石箱v-352のこの時期ですね

息子たちは宝石箱を開ける前に、まず期末テストでしっかり苦しんでいます

何事も苦しいことの後の至福の時の方がより楽しめますからね~e-454

キャサリンさん家の長男くんも無口な男子なのですね!!

そうそう彼ら的にはそれで全てが成り立っているんですよね

話をする人・・仲の良い友だちでしょうねぇ・・そういう人とはきっと楽しく

話しているんでしょうね・・ちょっぴり悔しいけど親はそんなグループには入ってないのねっe-330

彼らが見せてくれる言葉以外の温もりを、いえ、それはほんの短い言葉かも知れませんが

明らかに他の人たちからすれば圧倒的に短くてフッと通り過ぎてしまうくらいの

紙石鹸のように儚いもの(笑)なんですが、普段冷たくされているだけに結構敏感に受け止めて

小さなガッツポーズで喜ぶ・・そんな母でありたいです・・が・・どうでしょうねe-350

キャサリンさん、インフルエンザが流行ってくる兆し・・どうぞお身体気を付けてv-22

コメントありがとうございました!」
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line