その大丈夫は何処から来て何処へ行くのだろう



家庭教育を知ったのは息子が不登校になったことがきっかけでした

子どもへの対応を学んで実践して

もちろん何度も失敗して・・


会話は家庭教育を知れば知るほど

奥深く

難しいものだと思います



息子は言葉数が少ないから

会話と言えるほど言葉は往復しませんが

それでも僅かな一言から

私は色んなことを考える癖がついていました


そしてもちろん考えると同時に言葉にし

その言葉は息子の一言からは

もはやかなり先を爆走していましたが

当の私はそれに気付けず

そこから更に行動に移したり・・

何が悲しいってそれがいいことだと思ってたことです・・


子どもより長く生きている分

先々気がついてしまうのは当たり前です

予測して一つ先二つ先までもよめます

そうやってより円滑に社会生活を営んできました

気が付き、気が利くことはいいことでした


しかし子育てで親が気が付くまでは許されても

先々手を打って言動に移し、気が利いてしまってはいけないんです

子どもは何にも気付かず

してもらう事が当たり前になり

失敗する事も考える事もなく

温室で育ってしまう


親が気付いたことを子どもにどうやって気付かせるか


感じたことをそのままに口にしていた頃からすれば

随分考えて子どもに話せるようになってきました・・たぶん・・

・・あれっ??と自分に突っ込むことも

勿論まだまだあるんですが・・





家庭教育を学んでから

「命令・指示・提案を極力避ける」

「先回りしてものを言って子どもの経験を奪わない」

「親の価値観を押しつけない」

それらを実践すると息子との会話はどんどん減って行きました


聴いて・・アクティブリスニング

汲んで返してまた聴いて・・ターンテーキング

僅かな数分に賭けて会話しています



今までどれだけ余計なお世話を焼いて

息子の成長を阻んできたのでしょう

我が家は何とか家庭教育に出会えたおかげで

私の中で親の立ち位置がハッキリして

問題の捉え方の原則を学ぶことも出来ました

必要な会話とお互いのためにならない会話を

考えることが少しずつ身についてきたように思います

・・まだまだ余計なことは言ってるんですが

それを会話の突破口にしても

息子の領域にはそれ以上入り込まないように

注意して踏ん張っています


鼻水出して咳している明らかに風邪を引いた息子に

母「風邪ひいたんや」

子「うん」

母「もう長袖シャツきたら」←わ~っ(汗)言ってしまったよ

子「大丈夫」←どこが??思いっきり咳してるし

母「そう、大丈夫なんや、でも気を付けてね」←精一杯抑えてます

子「わかった」



くだらなくて、どうでもよくて

それでいて繋がりを感じられるような

そんな会話が生まれることを願っていることは嘘ではなく

でも今の思春期全開の「親あっちへ行って!、一人にしてっ!!」状態の息子に

それらを望むことは

日向ぼっこしている猫のしっぽを急に引っ張るような

連休のど真ん中に入場券を持たずにUSJに行くような

大変恐怖かつ無謀なことですね


予防的な家庭教育で

不登校や五月雨登校まではいってなくとも

宿題(勉強)をやらない

兄弟喧嘩がすごい

親に生意気な態度をとり叱ると暴力が出る

朝起こすのが大変

嘘をつく

といった家庭での問題を聞き

家庭教育というものがあり

子育てに役立つと話しても

何時も「うん」で終わって、一つの問題が何とかクリアできたら

「大丈夫、何とかなった」って言いますが

直ぐまた同じような問題にあたって親も子も苦しんでいる家庭

そういう事を繰り返している家庭を見ながら

黄色い点滅から、赤い点滅に変わってきているのを感じます

しかし今回もどんなに家庭教育の重要性を話しても

・・・届きません・・・

自分のやってきたことに自信はあるけれど

やはり予防の段階ではなかなか受け入れられないんです

毎回、暗い顔で悩みを口にするのを聞く度に伝えてきた家庭教育

もう、かなり前に貸した本をやっと半分読んだそうな・・

この家庭がこのまま問題をさらに大きくすることなく

自分たちの方法で一生懸命その場その場で問題を解決していくなら

それでいい

どうかその子どもの明日が大人の「大丈夫」という判断の下で

立ち止まる事無く

育ち続けて行けますように・・


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
家庭内では問題が緊迫した切実なものに変わらなければ
本当の意味で問題として捉えられないのかなあ・・
予防医学は進歩しているというのに


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちわ、くるみみるくさん。

くるみみるくさんの身近に、悩んでおられる方がいるのですね。
自分自身が家庭教育の良さを実感していて伝えたとしても、
相手に伝わらないのはもどかしいですね。

恐らく私もそうでしたが、人間は身を持って経験したりよほど大きな転機がないと、根本の発想を変えたり、違った方法を受け入れるのはなかなか難しいかもしれませんね。。。

ましてや0歳から続けている自分の子の育児となると、自分の「正しい」と思った考えが頭の中で固まってしまいそう。。。


私の近くにも(私も偉そうに言える立場ではありませんが)、とても悩んでおられるけど、私が情報を伝えたところで「うちの子はそれは大丈夫だから」と断られてしまうこともあります。

彼女はうちの子供たちに、息子の情報を聞き出したり、下手したらモンスターと言われそうな状態で学校に電話もしています。

子供たちで解決できることも、率先して自分も入ってしまい、またそこに文句を言っていたり・・・。

息子さんは、恐らく不登校タイプでなく、外で発散していくタイプには見受けられますが、とにかくお母さんが熱くなっているので、主人と「彼の思春期は大丈夫だろうか」と心配しています。

たまに彼が遊びに来た時は、「なんか話を聞いてくれてゆっくりできる近所のおばちゃん」を目指していますが(笑)、生活の基本は彼の家ですものね。。。
不要なバトルや不安定な状況が少なくなることを願います。

そして、わが子の登校も継続出来るよう、意識を忘れない様に。。。

くるみみるくさんが本を貸した方も、最後まで読んで、少しでも頭の片隅に新しい風が入っていくといいですね。

長文失礼しました。

キャサリンさんへ

キャサリンさん、こんにちはe-454

キャサリンさんのお近くにも子どもの事でいろいろ悩まれている方がいらっしゃるようで・・

なかなかこちらの想いを伝えるのは難しいですね

きっと私も子どもが不登校という闇に落ちていなければ家庭教育には

辿り着けなかったでしょうし、予防的な段階でのそれへの関心は低いようです

今回の家庭はそれからも大なり小なり毎日問題が起きています

ただ、いくつか伝えたことを・・命令・指示・提案を控える

親の問題と子の問題を分けて考える

そしてiメッセージ、それらを一生懸命実践しておられます

何とかして今の状態から変わりたい、子育ての毎日を楽しみたいという

切実な思いを感じます

本来なら家庭教育を学ぶ機関に繋げて予防的な家庭教育を専門家の先生方と

学んで欲しいところなのですが、そこへの一歩はなかなか出ないようで・・

キャサリンさんの仰る通り、私たちもこれらの意識を決して忘れないように

日々の子育てを頑張っていきましょうね

そして友人やその周りの方々からの相談に

これからも自分が学び続けている家庭教育の大切さを伝えていきたいと

思っていますe-446

キャサリンさん、いつもコメント本当にありがとうございますe-420

地雷畑

くるみさん
この頃私は、くるみさん言う所の地雷踏みまくってる感じです。

ゴネたり、絡んだりをかわす術なく……。
なんとか離れるべきですよね。
たぶん
思春期の子供とのやり取りは、気持ちの裏返しの言葉だったり、親に絡むように反抗して疲れさせるけど、その時期を過ぎると晴れ間が見えるかしら~。

その子供を思う余り親の言動が、育つべき大切な自律心をそいでしまう事になるなんて…。ほんとに気づかない人に伝えたいです。
でもそれも問題所有の法則で、ヤキモキしても仕方ないのかもしれません。
あの子はあの子なりにやればよいのであって、親は干渉せず幸せを信じてケロッとしてますか。

『猫のしっぽ』と言うより『熊のハナゲ』引っ張ってるかな~ワタシ

みみさんへ

みみさん、こんにちは~!
「熊のハナゲ」引っ張ったの?・・
ちょっと、いえ、かなりうけてしまいましたe-257(ごめんなさい)e-330
思春期を過ぎたら晴れ間が見えるかしらねっ?
見えたらいいね!・・見たいよね!!
たまに見える晴れ間は心に残るねe-267

ついつい子どもがいいようにと色々考えてしまうこと
そこを抑えて気づいてもグッと我慢の日々ですよね
明らかに失敗するでしょってことも
親が教えた方法からは学びは少ない気がします
自分の失敗だとハッキリ思わせるためにも
心を鬼にして口出しを控えます
その先にきっと晴れ間があるんだって信じて・・ねえ、みみさんe-343
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line