息子の要求と走り回る犬



夏休みが明けて一週間が過ぎました

次男は長い道のりをまた通い始めました

それは当たり前のように始まった事でした

2学期の始まる数日前に散髪に行って

長くて膨れ上がった髪を切り

しつこく湧いてくるニキビ面もこざっぱりと剃ってもらい

一本化していた眉毛もそれぞれに独立させてきました(笑)


学校では9月に入るとじきに文化祭と体育祭が一緒になって4日間あります

そこでクラス毎に工夫を凝らした発表があるようですが

彼ら高1は面白映像をするようで

夏休み中、何度か撮影がありました


息子は編集の仕事に関わるらしく

撮影には関係ないからと

夏休み中のそれには深く関わっていない様子でした


2学期も始まり撮影も終わり

そろそろ編集の仕事が回ってくる頃かと思っていた夜

息子「撮影に出ることになってスーツがいるわ」と言ってきました

母「撮影に出るの!(まさかの出演!)スーツがいるの・・スーツ・・」

息子「そう」

母「お兄ちゃんのは家にないし、お父さんのは大きすぎるし・・」

息子「・・・」

母「いついるの?」

息子「出来えば明日、いや、多分明日いる」

母「明日・・」



いつも話をすることのない息子が話し掛けて来ると

こういうことです(涙)



待て暫しの無い問題は

それでも向こうは言ったことで全ての責任の半分を

いえ、もっとたくさんの部分をこちらに移動させていて

本当は息子の問題なのですから

そんなに沢山の部分を私が受け取らなくてもいいのでしょう


ただこうやってぼそっと呟かれると

私は止まっている脳細胞の奥の奥にまで指令を出して

何とかスーツのありかを探し当てようとするのです


私はやっぱり次男の前では

しょぼくれた見捨てられた野良犬で

ちょっと優しい視線を投げかけられたら

ホイホイと尻尾を振ってしまうんです

ただ、それを悟られないように精一杯の虚勢を張って耐えているんです


短くて暗い私の脳みその中を

次男の召使いと化した老犬が走り回ってスーツを探していました



そして、もう全く眠っていた暗闇に

一組の紺色のスーツを探し当てました



今年の初めに父が亡くなり

そのあと父の遺品を整理していた母に

比較的綺麗なスーツとコートを

クリーニングに出しておいて欲しいと頼まれ

家に持ち帰ってきていました

しかしその後電話があり

やはり、もう捨てて欲しいと言われたものでした

「わかった」と返事をしたけれど捨てられなかったスーツ



老犬は脳みその片隅のそれを引きずり出して

陽の当たる場所に出し

次男に手渡しました

母「お爺ちゃんの着ていたものだけど、これなら使っていいよ」

息子は暗い部屋で耳にイヤホンを突っ込んで

スマホを弄っていましたが

すぐに椅子から立ち上がり広げた背広に手を通し

半パンの上からズボンを履きました



息子「うん!これでいい!!」



腰はブカついていましたがベルトで絞めると言いました

紺色で薄い縦じまのスーツには

元気な頃の父が隠れているようでした


それを全て引き受けるように

息子は背広の裾をグッと引き下げて

「うん、これでいい!!」って満足げに笑っていました


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

紺色のスーツを着た映像を
何だか見てみたいな



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

くるみみるくさん、こんにちわ。

スーツを着ての撮影、どんなのが出来るか面白そうですね。
そしてお父様のスーツをお孫さんが喜んで着てくれるなんて(面白映像ですが…)、嬉しくなりますね。

でも、「明日いる」っていうのはこちらも焦りますね~。

ちょうど昨日、我が家の次男坊も、私が大量の日用品や食料品の買い出しを終えて荷物を降ろした途端、

「言い忘れたんだけど、算数のノートがもうない・・・買って」。
「あと1日分書くページもないの?」
「うん、もう無い」。
「次に算数があるのはいつ?」
「明日。」
「・・・。」

「ノートの残りが少なくなった時点で早く言ってくれ~」と毎回思うのですが、やむなく買った物を冷蔵庫にしまい、再びノートを買いに行きました。。

次男は、長男よりも言葉が少しだけ多めなので、「言い忘れたんだけど・・・」的な柔らかいニュアンスをいくつか持っています(笑)
なのでついついこちらも歩み寄ってしまうんですけどね・・・。

なんとか我が家も順調なスタートを切れました。

長男は、今月末の修学旅行の準備に忙しい中、「修学旅行楽しみ。」と言っています。

次男は、実は「学校は面倒くさい・ずっと休みがいい」と連発していますが、家で吐き出しては宿題をそれなりにこなし、朝は淡々と身支度をし、ランドセルを背負って登校していきます。
きっと学校ではいろいろ自分を抑えてる時もあるのかなと感じます。

私はただ、見守るしかないのですが、もっと能天気に楽しく登校できるようには、私の対応や私自身がまだまだ改善しなくては、と反省です。

長文、失礼しました。

キャサリンさんへ

9月に入って残暑の中にも秋らしい風を感じるこの頃ですね
キャサリンさんいつもコメントありがとうございます!
とっても嬉しいですv-353
今月末に長男さんは修学旅行に出発なのですねe-454
準備ちゃんと出来るかな?直前になって「実は○○がいるんだよ」なんてのは
勘弁して欲しいよね~!!次男君はお願いする言葉をちゃ~んと心得ているのねe-349
兄弟でも不思議なくらい違うよね・・家と一緒です!

お爺ちゃんのスーツを着て、次男は撮影を終えました
なかなか着こなしてていい感じでしたe-257
高校に入って、この文化祭・体育祭での息子を見て
高校生活を、十分楽しんでいることがわかりました
ずっと願ってきた事だけに、私もこの幸せが続くように
今一度、自分の対応を引き締めて学んで行こうと思いました
キャサリンさん、これからも一緒に頑張ろうね~e-271
よろしくお願いしますe-420
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line