スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

大切なことが胸にストンと落ちる時



夏休みも後半ですね

次男の夏休みは三男よりはるかに短く

残すところ一週間になりました


宿題で、「オープンキャンパスに行ってその感想を書く」

ということが出ているようで

8月の初めに友だち3人で出掛けて行きました


私はオープンキャンパスに行くということは聞いていましたが

詳しいことは何にも言わないので聞かずにいました


当日の朝「駅まで送って欲しい」と言われ

送る車の中で尋ねてみると

「10時の電車に乗ることしか知らない」って言います

3人で行く中の

一人が知っているから大丈夫だって

その子にオンブニダッコ状態です

場所も、始まる時間も、とにかくな~んにも調べていません

さすがに車の中でスマホで検索していましたが・・


息子「お金くれないん?」

母「お小遣い沢山持ってるやん?」

息子「足りないかもしれやんし」

彼の財布には誕生日の臨時収入を含め

諭吉様が何名かいらっしゃることを存じ上げております

(そのうち何名の諭吉様を連れて行くのかは知りませんが・・

一人連れて行くだけで十分に往復して食事も出来ますけど・・)

息子は中学3年の時に模試を受けに行って

家に帰る電車を間違え

10分で帰れるところを4時間以上かかったことがあります

その時の教訓として

「お金さえ持っていれば間違えても帰ってこれる」と残ったのか・・


十分にお小遣いを持っているのに、それでは不安だと言います


オープンキャンパスの場所まで2時間以上かかるし

電車の乗り換えや、バスにも乗らなければなりません


息子の力だけでは一日あっても辿り着けないでしょう(笑)


「友だちとはぐれないようにしっかりくっついて行きなよ」と

泣く泣く一葉さんを手渡して

「ICOCAはチャージしないと残金少ないからね」と教えると

「チャージのやり方がわからないから車を止めて来てくれない?」

と私に頼んできました(盗人捕まえて縄を綯うとはこのことだよ~


「駐車場に入れてたら10時の電車に間に合わないし

わからなければ駅員さんに聞けばいいよ!」

と、こちらの心配を悟られないように軽く言うと

(こっちのドキドキを不安がっている息子に伝染させてはいけませんし)

「・・わかった」と言って戸惑いながらも降りて行きました



本当はめっちゃ心配だったけどね

オープンキャンパスの場所も、行き方も

何にも調べていないし・・

自転車通学の息子は切符すら買ったことがないし・・

チャージも初めてだし

人ごみで友だちとはぐれたらたらどうするの

・・・なんてことをね・・・ただ、ここは日本

たどたどしいけど日本語話せるしねぇ・・何とかなる!



失敗を経験にするチャンスだね

行ってらっしゃい

どんなに迷っても、帰って来れるさ!・・たぶん・・



その日、息子が送った駅に帰って来たのは夜の9時前でした

駅の階段を下りて車を見つけると

ちょっと下を向いて笑いながら(何?この笑顔は・・)

乗り込んで来て

さすがに疲れたように後部座席でぐったりしていました



母「お帰り~暑くて疲れたなぁ」

息子「うん」

母「何か食べた?」

息子「駅でうどん食べた」

母「うどん食べたんや~(ラーメン好きの息子にしては珍しいナ)」

息子「お昼はラーメン食べた」

(あっ!やっぱり食べてるね!!)

母「ラーメンとうどん食べたんやね、チャージは出来た?」

息子「うん、3千円チャージした」

(おぉ、上出来や)

母「そうかぁ、チャージ出来たんやね



それから少しして唐突に

息子「僕の声聞こえにくい?」

母「・・・(急に何?)う、うん、そうねぇ・・・・誰かに言われたの?」

息子「友だちに、えっ?えっ??って何回も何回も言われて・・」

母「友だちに何度も聞き返されたんや~!・・確かに聞こえにくいね

お母さんも前は聞こえないってよく言ってたけどね・・

言うと怒るから最近は言わなかったけどね」


息子は話しながら自分の声の大きさを確認するように

同じことを何度か言い直していましたが

声を大きくすると怒鳴っているように聞こえます


母「意識して声を大きくするだけだとキツク聞こえるかもね

声の大きさも勿論あるけど

声自体が声変わりでとても低くなったことがあるから

昔の感覚でしゃべっても高い声と低い声じゃ聞こえ方が違うのよね

はっきりしゃべるように意識することでも

伝わり方は随分違うと思うよ」

息子「うん」そしてボリュームを上げて再度「うん!」

いろいろ試して模索している様子

友だちに随分言われたようで、応えてるんだぁ



今日一日でそんな大切な事学んで来たんだね


オープンキャンパスでの内容は知らないけれど

自分の話声が周りの人にどれほど聞き取りにくいものかを

しっかり受け止めて考えることが出来たね


今までどれほど伝えても

聞く耳は持たなかったこと



お母さんなんてあなたの口から出る言葉は

4割くらいしか聞き取れていないんだよ

残る6割を声のトーンと表情で理解してるんだよ・・まったく・・



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
さぁ、滑舌よくしゃべりましょう
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
何事も経験だね~
いつもと違うところへ出すのは、親もドキドキするけど
こうやって、経験積んで だんだん逞しくなっていくよね

家もね~モショモショ話すクセがあって、つい何回も聞き直しちゃうの。
くるみさんったらスゴイ!4割しか聞き取れてなくて、理解してあげられるのは尊敬だわ~私も挑戦してみようかな^^

No title

毎日暑いですね~v-48

次男君、おつかれさまでした。疲れたけれど、きっと達成感もあったんじゃないのかなv-22
うちの長男もオープンキャンパス行ってきました。
月末にもうひとつ行くって言ってたんだけど、そちらはパスすることになったみたいで。
我が家からだと交通費もばかにならないので、ちょっと助かったかもv-19

友達の言葉って大きいですよね。

私、中学生の頃は親に反抗して「だって、友達が○○って言ってたもん!」とか言って。母親に「あんたはすぐ友達、友達っていうけど、親の方が心配してるんだよ。」とか言われてたこと思い出しました。
大切な友達の言うことだから、なにもかもが正しく、信じられるような気がして。
今になってみると、危なっかしい自分がどれだけ親に心配かけていたか…とほほ。

友達とのかかわりで言えば我が家の娘、この夏クラスメートたちと約束してお友達の発表会やお町でのショッピングに出かけ、JR、バスの乗り方、帰りのバス停の場所などをマスターしました。(事前に説明する機会は設けたんだけどね…汗)
私と出かけると車が多いけれど、今回は幸い家が同じ方角のお友達と一緒ということで公共交通機関にチャレンジ。
8人ほどで遊ぶ中で、夏休みの宿題がかなり進んでいる子がいたようで、帰宅してから一気に読書感想文を書き上げました。
(といっても、まだ山のように残っているけれど…。)
一緒にプリクラ撮って、「○ちゃん、スリムなんだよね~。」っておやつをセーブしたり。
なかなか刺激的(?)なお出かけになったようですv-81

No title

くるみみるくさん、日々お疲れ様です(笑)

4割の声を聞き取って、6割をトーンと表情で理解する・・・。
なるほど・・・うちの息子たちもそうなるのかな・・・。
勉強になります(^^;)

次男君も頑張りましたね。
一緒にオープンキャンパスに行く友達もいて、お任せ状態ではありますが2時間の長旅。
公共交通機関って、その子にもよりますが、慣れないとなかなかドキドキかも。
何となく諭吉さんを持っていたい気持ちはわかるような(笑)

でも、そこでくるみみるくさんが一緒に降りて行かなかったのが正解ですね。ついつい降りて手伝ってしまったら、次男君にためにならないですもんね。さすがです。

次男君、すごいですね。
日々進化?してますね。高校に入って、メキメキ行動範囲も広がって、たくましくなっている気がします。

私も頑張ろっと。

jumaさんへ

娘さんもモショモショ話すクセありますか?

大切な話は席についてたとえ斜めであったも傍で話すようにしていますが

普段1メートル以上離れるとお手上げですv-12

ゲーム機を見ながら下を向いて返事されたりすると地獄ですわww~

慣れというのは怖いもので、それでも何とか生活できてます(笑)

ただ家から一歩出ればこんな非常識は認められる訳ではなく

こうして考える機会になってよかったと思いましたe-454

かのんさんへ

娘さんのお出掛けはかなりたくさんの気づきを

娘さん自身にプレゼントしてくれたようですねe-420

○ちゃん、スリムだったのね~!!e-451そりゃあ、おやつも

セーブするする~!!娘さんがんばれ~e-415

家は今日から高校が始業でいきなりテストで幕開けです!

普段に増してボソボソと話すので

私の想像力をどんなに発揮しても理解不能で聞き返すと

「腕時計を太陽の当たるところに置いといて」と怒鳴ってましたe-452

薄暗い彼の部屋では太陽電池の腕時計は死んでいるようです(笑)

キャサリンさんへ

高校生になって全く誰も知らないクラスで1から友だちを

作れたことには成長を感じました!

そして夏休みに連絡を取り合って

一緒に行動できる友だちがいるということに

親として本当に安心しました!!

日々進化e-454・・そうですね~

時にはパンダのように無邪気に

時にはメダカのように敏感に

ほとんどを黒猫のように無関心を装って

今日から2学期スタートしました・・

私も頑張ろっと(キャサリンさんにつづきますe-446

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。