たとえトンビが上空から急に襲ってきても



終業式を終えて次男の高校では補習の一週間が始まっています


三者面談は学校でも屈指の怖さを誇る女性担任で

夏休みは寝てる時間と食べてる時間以外は

全て勉強にあてるようにとの

お達しでした


息子は眼鏡の奥の大きな目の

眼光が怖いくらいに鋭く

先生の事をまるで睨むように見つめていました


小さじ半分くらいの愛嬌の粉を

息子の昼ご飯のレシピに混ぜてやれば良かったなぁ


冗談の一言も出ないやり取りに

傍で聞いていてハラハラです


取り立てて先生に対して生意気な言葉を言う訳ではないのに

あ~っっその顔・・ホントに怖いよ・・


小鼻がピクピク膨らんでは閉じて

単語で返す声の

地を這うように低くて素っ気ない音



息子は想像以上によく頑張って

欠席は食中毒(残念なおにぎり秘話のね)の1日のみ


遅刻も無く、テストで欠点もなく

私としては上出来と

褒めてやりたい気分満々でしたが

担任の先生はパソコンを開いて息子の点数をグラフで辿って

新築中の家で大工さんが電動釘打ち機の音を響かすように

息子に向けてバシバシと絶え間なく釘を刺してきます


そして最後に成績の事から一変して

上空から急に獲物を見つけたトンビのように舞い降りて

「何でもお母さんに全てやってもらっているんやろ!」

と鋭いくちばしで襲ってきました

問われた息子は

「・・ご飯は作ってもらってます・・」と一触即発ムード


先生は「ご飯だけと違うやろ、洗濯は?掃除は?」

息子「・・・・」

先生「お母さん、家で何にもさせてないでしょう

○○くんなら腐ったおにぎり食べそうやと後ろの女子が言ってましたよ」

母「・・・・」

先生「一流の大学に行く子は生活面でもしっかりしているんです」

私はひきつって声も出ませんでした


懇談が終わってからも

その時の先生の言葉や視線が尾を引きます





先生には腐ったおにぎりを食べるような

常識の無いぼんやりしている息子は

家で親が手とり足とり全てをやっているように思えるのでしょう



その通り、お手伝いもさせていません


息子は学校と塾と家で

ただ自分のことをしています


先生からすれば甘い親でしょう

でも息子はただただ

ひたすらに・・自分のやるべきことを

精一杯にやっています


大きな変化のあった時期でした

全てにおいて大きな変化の時でした


見守ることで精一杯の親です



その場で多くを説明できるような

あの機関銃の釘打ち機に対抗する気分には

やっぱりなれない私です

たとえトンビが空中から襲ってきても

私たちはそれを追い払う上で

襲われるべき間違った弱さを思い

しかし自分たちの大切な価値感を

決して失いたくはないのです


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

トンビさん
何処か遠くのお空の上で
ピーヒョロヒョロと
鳴いてなさい

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちわ、くるみみるくさん。

ひぇ~っ、担任の先生のすごいお言葉!!

読んでいて、耳が?痛いです。
なぜなら私が結婚前までかなり家のことを親にやってもらっていたから。

朝のお弁当だけは自分で詰めてましたが、高校生なら部活・勉強、学生の時は授業とバイト、OLは残業続きの仕事で、家のことしていませんでしたよ~。
それが甘かったのかな??
多少のお手伝いは小学生の時にやったかしら?

お陰様で結婚してからは散々でしたが・・・(笑)

それでも、そこそこの人生は送れましたよ~!!


確かに、甲子園を目指したり、大きなことを成し遂げている高校生をテレビなどで見ると、すごくしっかりされた印象を持ち、素晴らしいなと思います。

でもでも、その先生のご意見も、すこしばかり偏っているような・・・。
でもそれが日本全体で見たら、それが正論なのかな。。。

それで次男君が目覚めて?、身の回りの事をする様になったら、それは、学校で先生の影響なり刺激を受けたってことですよね。
学校に行けているから、いろんな事を覚えてくるってことですよね。

もしくは、こんな事言う先生がいた、という思い出に???(笑)

先生には、もっと人となりを見て欲しい気もしますが、
くるみみるくさんは、今まで築き上げてきた土台と、価値観を大事にして欲しいな~と思います。

我が家の子供達も夏休み。
私、なにが宿題になっているのか把握しておりません。
自分で始めているので、親のサイン以外、任せております(笑)

キャサリンさんへ

夏休みの毎日、息子さんたちは自分たちで宿題を始めて
キャサリンさんはサインするのみ・・なんてステキなんでしょうe-454
e-420キャサリンさんの日頃の努力の賜物ですねe-420

担任の先生はこれまでの中学時代の先生方とは違い
大変厳しいことをおっしゃいます

息子が先生の言葉をどんな風に受け取ったか

失敗を生かしてしっかりと前に進んで行くことで
先生が一方的に持った我が家のイメージを払拭して行くしかないです

全てはこれからの彼にかかっていますね

私も親発信を抑えながらも
常識の範囲で生活面の改善を伝えられるように
その伝え方を模索しています
取りあえずは息子の部屋・・何とか人並みの部屋にと・・
もっとも男子高校生の並の部屋がどの程度なのかは??ですがe-257
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line