転園という巣立ち



入園時に望んだとおり、療育施設でたくさんの力をつけていきました

息子はかなり成長しました

いきなり保育所や幼稚園では周りの刺激が強すぎて混乱してしまったでしょう

ゆっくりと丁寧な保育が彼を伸ばしてくれました

入園してまもなくぶどうの葉をみて、小さな、でもはっきりとした声で
「はっぱ」と言ってから少しずつ、でも確実に言葉が増えていきました

決して口数の多い子どもではありませんが、徐々に会話も出来るようになり
自分の要求を言葉で伝えるようになっていきました

「いや」という拒否の表現も、はっきりできるようになり
施設に入って2度目の秋を迎えるころ転園の話が先生からありました

「力がつきましたね!地域に出て大丈夫です、がんばっていきましょうね」

この言葉が聞ける日がくることを、入園した時は願っていました
でもいざ、本当にその話を聞かされると、正直とまどいました



まだまだ弱い面がいっぱいあります

こだわりもたくさん持っていたし、とても慎重なところがあり

一度失敗したことには二度と近づかない・・

はじめの一歩で失敗すると再トライが厳しいのです

失敗した画像が焼付くようで、恐れ、拒否が強くなるのです

なのでこちらも慎重になり、失敗させて覚えさせるようなことを避けてきました

高いハードルは少し下げて、ころがっている石は先回りしてどけて・・そんなふうにして

まず、出来たことを褒めて、そして半歩進んで行く・・


そんな毎日なのに地域に出てやっていけるのだろうか

また人の心の温もりを感じたり、人に優しさを送れるのだろうか



気持ちの整理がつかないままに、転園の話だけが進んでいきます



もやもやを抱えながら、その日もいつものように園から戻って夕方

息子と川の土手を散歩しました

息子は勢いよく駆けて、土手から田んぼのあぜ道に下り、山道をとおり

また、私の目の前の土手につながる道にもどって来ました


その時、その手に一本の彼岸花をつんでいました

「笑ってる」って言いながら、はいって差し出した彼岸花

息子には赤い花弁が弧を描く彼岸花は、ニコニコ笑ってるように見えたのです

「うん、笑ってるね!」

一本の彼岸花が私たちの中で共有され一つになった瞬間でした



「やって行けるかも知れない」



この子の中に私への、小さいけれど確かな温もりがあり、心を通わせることができる

たとえ転園して苦しいことが起きたとしても乗り越えて行こう!



そして翌年3月、一緒に入園した11名のうち7名がばらばらに

それぞれの地域に転園して行きました


園庭の向かいに、グミの木をみんなで植樹して。

あのグミ、赤い実をつけているでしょうか・・



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています
ここをクリックしていただけると嬉しいです!


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「母親になるということ」。
自分が母親であることをもう一度考えることができました。

記事だけではきっと書ききれない想いを抱えながら、そこからもう一度息子さんとの関係を紡ぎなおす。
私からは想像もできないような努力の積み重ねだったことと思います。

そして、「笑ってる」って差し出された一本の彼岸花。
シルエットではありますが、私の心の中でしっかりと映像化され、またもや涙が出てしまいました。

あたりまえに母親であることを受け止めていた私。
けんかしても、口をきかなくても、絶対的に子どもたちにとっての母親であることをなんの疑いもなく信じていました。

今の毎日が「当たり前」ではないのと同じく、母親であることも「当たり前」として受け止めていてはいけないな、と考えることができました。

ありがとうね。
くるみみるくさんv-22

ありがとうございます

v-254かのんさん
いつもコメントを残してくれてホントにありがとうございますe-454
とってもうれしいですv-363
かのんさんの心の中で映像化された画面を私も覗いてみたいですe-441
またきてくださいねe-446待ってますe-343

黒魔術

■苦しい時
■泣きたい時
■心から相談できる人がいない時
■絶望を感じている時
■誰かを憎んでいる時
■頭の中が狂いそうな時
■死にたい時
■恋愛関係の悩み
■家族の悩み
■金運上昇
■人気上昇
■復縁


黒魔術専門サイト

ヤフー,グーグル検索でASMODEUSと入力するとみつかります。
新しい世界がひらけますよ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line