スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

記憶の中の自分の姿が教えてくれるもの




12月24日、2学期が終わりました

次男も三男も欠席・遅刻・早退共に無く

通知表のその欄の「0」の数字が本当に嬉しく思います


この時期、すっかり葉の落ちた木々を見たり

震えるような冷たい風を感じると

思い出すことがあります



それは当時小6で

不登校期間が10か月に及んでいた息子が

復学支援を受け始め

我が家に外部から家庭教育というメスが入った頃のことです



当の本人は訪問カウンセラーの先生と信頼関係を深め

今までの閉ざされた人間関係に降って湧いたように現れたお兄さんを

待ちわびるようになり

警戒心をゆっくりと解いて行きました



やがてやって来る登校刺激で

彼の中にきっとある「学校へ戻りたい」という

その気持ちを形にするために

・・どうやっても家族の力だけではお互いの力を奪い合い

息子を学校に戻してやれなかったけれど・・

組み立てられていく我が家の再生へのプログラムは

もう一度息子が学校で友だちと笑顔になれることを

まだまだ遠い夢として

ですが確かにその方向へ歩み始めたんだという確信を

抱かせてくれる希望の光そのものでした



そして私は、これまでの子どもとの関係から

一つずつ学んでいくことになりました


先回りの心配や、過干渉

自分の忍耐の無さ、自己満足、優柔不断

そして考え方そのものの間違いが

新しい条件の下で剝き出しになっていきました


理屈を知識で理解しても

長年の沁み込んだ考え方の癖は

持って生まれた気質とあいまって

私の言葉や表現の隅々にまで根を張りめぐらしていました


ほんの僅かなことでも、いつだってわたしはそうさせようと

自分の考えを優先し

気づかぬうちに子どもに押し付け動かそうとしてきたんだ


失敗はしない方がいい・・

失敗の負のイメージが

心に青写真のように沁み込んで動けなくなった幼い日

その小さい頃の子育てそのままで

そこから抜け出すことを知らず

抜け出せないことに問題意識すら持っていなかった



息子は私が考えるよりずっと・・

多くの間違いを失敗することから学ばなければいけない・・

そして学ぶことの出来る成長をしていたのです



今、中学3年になって

あの時出会った家庭教育に支えられ

「0」が並んだ出欠の記録を

何ものにも変えられない喜びとして味わえる

その幸せで胸が一杯です



お世話になった先生にこのことを報告すると

息子の頑張りに受験へのエールを頂きました


そして3年前、我が家がそうであったように

年末まで忙しく駆け回る先生方を待っている

子どもや母親そしてご家族に

私が受け取った希望の光が

そこでもまた輝きを放ちますようにと祈ります




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

すっかり葉の落ちた木々や
震えるような冷たい風は
想い出を呼ぶこの季節の「お・も・て・な・し」




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

立て続けにすみません(^^);
うまくコメントがまとめられなくて・・・


>先回りの心配や、過干渉

>自分の忍耐の無さ、自己満足、優柔不断

>そして考え方そのものの間違いが


読んでいて、痛いところを突かれた気分でした。

そんな気分になるってことは、まだまだ私は改善の余地があるんでしょう・・・

今日からうちの小学生は始業式です。
5年の長男と3年の次男は昨晩、10時半まで掛かり、宿題を終え、明日の準備をしていました。

昔の私なら「いつまで掛かってやってるのーーー!!」と怒り爆発だったと思います。
もしくは、休み早々一緒に宿題のチェックでもして、絶えずフォローをしてたかも。私の宿題みたいに?

今年はかなり意識して「学校の宿題・準備は子どもの問題」と唱え、黙っていました。

長男は年が明けてから、膨大な問題集があったことに気付き、昨日の夜までクタクタになりながらこなしておりました。

「もう1日休みがあったら明日のんびり出来るのに・・・」と言いつつ、
今朝は目覚ましと私のモーニングコールで起き、通学団で歩いていきました。

2年前から考えると、夢のようです。
自分の足で歩いて行くなんて。。。

私は支援を使うことはなかったですが、学校の先生方や相談室等などの協力に支えられ、あとは私の接し方や考え方を大きく改めつつ、ここまで来た感じです。
本当にここまで支えてくださった方々に感謝です。

そして、二度と同じ事を繰り返さないように、
子どもが元気に学校に通えるようにしてあげる事が、
お世話になった方への恩返しだし、子どもに対しても親としてすべき事なんじゃないかな、と思っています。

長々とすみません。
読んでいていろいろ思い出してしまって。。。

2学期、次男君と三男君、欠席・遅刻「0」なんですね。
やっぱり不登校を経験すると、出席欄が「0」のありがたさ、嬉しさが
人一倍になりますね。

それにしても、昨日の夜9時過ぎに、次男が「お母さん、お手紙!」と
差し出したのが12月20日付けの学級通信で、「よいお年を」と書いてあったのには唖然としました。
「このお手紙は12月の間に見たかったな~(^~^;)」と
コメントしてみましたが、どうでしょうか(^0^;)

キャサリンさんへ

子どもさんたち、苦労しながらも宿題頑張ったね!すごいねv-352

キャサリンさんは支援を受けなくても、学校の先生や相談室等の協力と
キャサリンさん自身の気づきや学びを経て今日の日があるのですね

それは本当に素晴らしい努力です・・どれほど辛く苦しい日を乗り越えての今日であることでしょう

辿った道筋は違っていても私も今のこの日常を
ずっと大切に守り、そしてまたステップアップしていけるように学び続けています

この一年、高校生になっていく次男が確実に階段を上ると信じて
わたしはドキドキハラハラの連続になるでしょうが
私も私の問題と向き合ってしっかり対処できるように頑張りますね

キャサリンさんの「このお手紙は12月の間に見たかったな~」って
とってもいいコメントだと私は思います!
次男さんは3年生だしこれからまだまだ変わって行くね

お母さんの喜ぶ顔をみるために
さっとプリントのお手紙出してくるように変わって欲しいね!
そしてその時は「大切な先生からのプリントをサッと出してくれてお母さん嬉しいよ」って
伝えられたらいいねv-353

家の息子たちはほとんど手紙類を出してきませんが、それも息子の問題と今となっては
諦めています・・こちらに問題の及んでくる手紙も中にはあるのでやっかいですが・・e-330
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。