話し合うことで力になれる親でありたい、その2



次男ときちんと話し合わなくては・・

そしてもう一度受験する志望校を考えてみて欲しい


私の思いを全て伝えて、その上で出した結論なら

迷いなく応援しよう・・


このまま何も言わずに彼の受験を応援することは

やっぱり出来そうにない・・


とは言え次男とは雑談など無く

話す事はめったにないので

いざ話を振ろうとすると結構緊張してしまうんです



覚悟を決めて息子の部屋に入りました



次男はリビング隣の部屋を自室にしていて

境の引き戸はほとんど開いています


でも彼の領域に入って行く感覚ははっきりありました


塾から帰り、夕飯を食べ、お風呂にも入り

ゲームとテレビでくつろいでいる至福の時間


そこに母親の登場なんて

彼にとってはありえない・・そう乱入ですよね・・


それが一瞬で読み取れる顔に変わったことは

予想していたことだけど

私のモチベーションをかなり下げてくれました



でももう一歩踏み込んだら話すしかない!、前進あるのみ!!



母「受験校は公立のA高校と決めたと聞いたけど

すべり止めの私立はどこにするの?」


そう言いながらそばにあった模試の成績表を机に広げ

大きな音を出していたテレビを消そうとチャンネルを持ちました


子「聞いてるから(テレビの声を)つけといて」


息子のささくれた声がリモコンを持った手に追いついて絡みます


母「大事な話だから」


と言ってわたしはボリュームを下げました


子「私立はZ高校」


母「今までと変わらずと言う事ね


私立のZ高校も併願だと合格率は50パーセント


とてもすべり止めにはむずかしいなぁ


公立A高校も模試判定でB


ここに内申の正確な数字を入れたら公立A高校はC判定に近くなる・・・


これはかなり厳しいという結果やね


もちろん〇〇(次男)はよく頑張っているし、ここからあと2か月半


もっと成績を伸ばせると思ってるよ


3年生になってから成績は驚くほど上がったね


お兄ちゃんの時は同じような成績で公立の志望校に合格できたしね


ただ今は内申が一年生の成績から入るから


そこがすごく厳しいんだね


私立のZ高校もY高校も専願にすれば合格率が80%になるけれど


〇〇は私立より公立がいい理由は何?」



子「・・・」



母「確かに私立は大学受験という目標を一番に掲げて


現役合格に向けてかなり勉強をしっかりするというのはあるし


〇〇が楽しく高校生活をクラブ活動したりで過ごしたいなら


公立がいいよね」


子「僕はクラブなんてする気ないし・・高校ではちゃんと勉強したい」



母「そうかぁ、・・勉強をしっかりやりたいなら併願にして


この私立を落としてしまう確立を高くするのはもったいない気がする


この私立の併願は公立のトップクラスの子たちが取に来るところだから


50パーセントという合格率では落ちることは覚悟しないといけないよ」


そう言ってこの最終模試の結果からの私の意見を話しました


息子は黙って先ほど出した模試の結果に視線を落としながら聞いていました



子「私立を専願にしたら公立は受けられないよな?」


母「合格したらそこに行きますということになるからね、もう受けられないよ」


子「合格しなかっても受けられないよな?」


母「・・・??・・」


子「専願は落ちたら終わりなんやろ?」


この言葉に絶句してしまいました


息子は専願で私立を受験して


落ちたらもう他はどこも受験出来ないと思っていたようです・・


母「・・・ダメだったら他を、公立や私立を受けられるよ


どこかの高校に入学するために


志望校のランクを下げて受けるとか・・


そのままの志望校に挑戦して


新たにすべり止めを受けるとか


またその時考えるんだよ」




子「そうなん?専願で落ちたらもう終わりやって友だちが言ってた・・」




母「・・・う~ん、その終わりって言うのはそういう意味でなくて

他の受験する高校をいろいろ考えなければならないから大変だとか

行きたかったのに落ちてしまって悔しいと言う事で

もう受験出来ないと言ってるのとは違うと思うよ!

〇〇はそんな風に思っていたの?」



子「うん、専願で落ちたらもう何処も受験できないと思ってた!」


母「・・それは違うよ・・」



息子は自分でテレビの音を更に小さくして

いつの間にか寝転んだ姿勢から起き上がり

かなり真剣な視線で話していました



子「それなら私立を専願で受ける!その方がいい!!


別に公立A高校を無理して受ける意味わからないし」



母「ただね、専願にして私立を受験し合格すると


説明会でも感じたと思うけれど勉強はかなり大変だということ


苦しくなってもう嫌だって放り投げたら


どんどん落ちこぼれていく」




子「大丈夫!そんなことはしない!!」




息子はバッサリと鮮やかに私の心配を切って捨てました


私は更に続けました



母「それから通うのだって電車や自転車を使って

今よりかなり大変になるということ

朝もずっと早くなるし・・」



子「わかってる・・」




母「私立はZ高校とY高校、どちらか1校だけど(受験日が同じなので)


〇〇は2校とも説明会に参加したけれど


どちらがいいと思っているの?」



子「Z高校は5教科で受験出来ていいと思うけど・・


でもな~僕はY高校の方がいいかな~」



母「〇〇はY高校がいいと思うんやね」



子「うん、Y高を専願で受験する!」


息子の声は変わっていました


私は更に念を押すように言いました




母「お母さんは〇〇の考えて決めたことを精一杯応援するから


自分でもう一度よく考えてみて!明日聞くね!」



自分で考えて決めたということをしっかり肝に銘じて欲しかったからです


でもこう言いながらも私は、息子はもう私立を第一志望から外す事は


ないだろうと彼の変化・・態度や声や話す言葉から思っていました


彼自身、感じていた不安や迷いが、まるで雲が動いて待っていた月が見えた時のように


すう~っと姿を消したように感じました


ただこれはこれまでの息子のゲーム命の生活から考えれば


非常に怖いことではあるのですが


ここを越えて行くことに大きな意味がきっとあると


信じてこの話し合いを選んだ私の描いた着地点でした






子「わぁもうこんな時間・・ゆっくりしたいんですけど・・」



息子は早く出て行ってと言わんばかりの

鋭い視線で突っついてきます



母「うん、それじゃ」



気がつけば深夜でした

一時間半ほどの時間が過ぎていました




話してよかった


話せてよかった


普段はシェアハウスの住人みたいな私たち


だけど、家庭教育で学んできたことの一つ一つが


じっくりじんわり浸透して


大切なことを伝えたり、受け取ったりして


話し合えたことは本当に嬉しい出来事でした


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

やっと目標が決まって進んで行けます







スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

息子君とちゃんと話せて、本人も満足の行く志望校を決められて、
本当によかったですね。
これもくるみみるくさんが息子君の気持ちを大事にして、きちんと考えて話し合ったからだと思います。
これからは目標に向かってただ勉強するのみですね。
入ってからのことももちろん心配だと思いますが、先のことはわからないですものね。
しかし息子君、専願で落ちたらもうどこも受けられないと思っていたとは!
いや~誤解がとけてよかったですね。

知秋さんへ

本当に驚きました!まさかこの時期にきてこんな誤解をしているなんて・・!!
この誤解が解けたおかげで前進出来てよかったですe-454
話し合うことをもっと気軽にできたら、こんな誤解もないのかも知れませんね
実はあれから息子は前より話しかけてくるようになりました
それでも雑談のようなものじゃなく連絡事項に毛のはえたようなものだけなんですがね・・
以前はそれすらありませんでしたから・・
きっとほんの少しではありますが、この時の話し合ったことの何かが作用してるんじゃないかなぁ
・・・なんて考えている私ですe-454
知秋さんコメントありがとうございますe-420

No title

くるみさん お疲れさまでした。

専願にしたら後は受けられないって思っていたんだね。今回の話合いでその思い違いに気付かせてあげることができてよかったね。その思い違いで進路の選択も変わってくるわけで・・・ほんとハラハラしちゃうね~でも、そんなことが発覚したことで、親の株も上がったのではないかな?親の役目をきちんと果たせて、最終決断ができて、ほんとにいい話合いだったと思う。我が家も参考にさせてもらうね。

もう後は息子くんの頑張りを見守るのみだね。応援しているからね!息子くん頑張って!!

ティカさんへ

ご無沙汰していますe-441早いもので今年もあと2週間ですね!
このタイミングで息子とちゃんと話合えて、そして思わぬ誤解も解けて・・
何だかホッとしています・・そして随分疲れました・・でもティカさんに労ってもらって
またもうひと頑張り・・今度は見守りという応援に徹してがんばります
親の株・・ほんの僅かに上がったでしょうか?そうであったらいいなっe-420
ティカさんの応援嬉しいです!サクラ咲かせなきゃe-235e-454

くるみさん
息子くんは高校で勉強したい気持ちがあるんだね

ゲームしながら
感じ考えているんだね

平和な時代で
親はつい手助けしたくなるけど

その子らしく
歩めるようになるのを、信じ見守るのって意外と難しい

うちの受験生は信頼する塾の先生に言われて、身の丈に合う高校受験に切り替えました
単願(専願)にしたら、すごいノンビリモードになり自覚を促す声掛けをしてます。

願書のお世話をしたい夫を留めつつ
何かと忙しい年末に長男が結婚です親が
自分を見ていた気持ちなんか考えるよ

どの子も幸せになって欲しい
その子らしく

ご無沙汰してます(^^ゞ

くるみみるくさん。こんばんは。
次男くん、話合いのテーブルにしっかり座ったんですね。タイミング・・・重要ですよね。
受験システムの誤解発覚&次男くんの気持ちが見えたようでよかったですね。思いもよらぬ所で悩んでいることもあるんだよね。我が家も先日同じような会話がありました。「どこにも入れなくなったら困る。私立単願落ちたらもう公立受けれないんでしょ。どうしよう(T_T)」って。本気で心配して、憂鬱になってました。そんな事考えていたのかと、びっくりしてしまいました。
初めての人生の進路選択の息子たち。しっかり悩んで出した進路なら、自分の問題として「最終決定は俺がした」と自信を持てるよね。

春までもう一息。受験生みんな頑張れ~~!!

みみさんへ

長男さんご結婚ですかe-267おめでとうございます!
そうですね、自分がそういう時を迎えて初めて親の気持ちに気づいたり
感じたり・・ねっe-441皆そうやって順繰りに少し遅れて
思いを受け取っていくのかも知れませんね
息子さんも受験校を決めたのですね・・少し余裕が出て心配・・わかります~
家も三教科になり減った教科の分を何故か余裕で遊んでますからe-447
>どの子も幸せになって欲しい その子らしく
・・・はい!まずは春を、サクラを咲かせて欲しいですねe-267
みみさん、一緒に応援していきましょうね!ありがとうございました

サンフラワーさんへ

ご無沙汰しています!サンフラワーさん家の次男くんも同じ受験生
そしてまさかここにもいましたか?そんな誤解・・怖い怖いe-452
でも、よかったですね~早くに誤解が解けて・・意外と多いんじゃない?
こんな基本的な誤解してる子ども・・!!

「最終決定は俺がした」・・いいねぇ~この響きステキe-267

しっかり胸にこれを持って高校生になって欲しいです

サンフラワーさん、サクラが咲いたら笑って会いましょうねe-454
ありがとうございましたe-267
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line