スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

話し合うことで力になれる親でありたい



気づけば12月

志望校判定のために何度か受けた模試

その最終の結果を待って志望校を決定し

臨む学校での個人懇談


そう、学校での個人懇談以前に家庭で話し合っておかなければいけません


息子は志望校を公立で考えていましたが

最終の模試の結果はやはり厳しいものでした


ただ息子の方から、待っていた模試の結果が届いたことを

話してきたことは大きな変化で嬉しいことでした


この時期にきて息子も受験という問題を

ちゃんと自分の問題として考えている証です



話しかけてきた時は

ちょうど夕方の忙しい時で

彼が言ったことをそのまま受け止めて

それ以上の話にはしませんでした


息子「今日模試の結果来てたわ。

数学は良かったけど、他は少し下がったのと変わらないのと・・

判定は変わってないわ」


母「結果届いたんやね・・

数学凄いねぇ!がんばったねえ!

他は少し下がったのと変わらなかったんやね・・」


あと一言息子は私からの問いかけを待っているように思いました


「志望校は何処に決めるの?」という問いかけを。



でもこの時間じゃないし・・夕方の慌ただしいこの時間じゃないし・・


塾の時間が近づいて途中で話が終わるのも辛いし・・



黙っていると息子は離れて行きました



家庭教育を学んで今この時期、一番大切に思っていることは

息子自身が受験することをちゃんと自分の問題と捉えて臨むこと

受験校は彼自身が自分で決めたという意識をしっかり持った決定であること

親は決して親の考えを押し付けない



そう心に何度も書きながらも

私の問いかけに返って来る彼の言葉を想像すれば

それを黙って受け止める覚悟が出来ていないことに

はっきり気づいた私でした



だからあと一言が聞けなかったのですね・・



ですが問題を先送りにするほど時間に余裕はなく

約束通り模試の結果から志望校を決めなければならず

その日の夜、彼に尋ねました


母「模試の結果を見てどこを受験するか決めた?」


息子はほぼ即答でこれまでと変わらないことを言いました


私はその考えが何処から来るのかとやっぱり少しがっかりして


「うん」と返事して


すぐその場を離れました



言いたいことや一緒に考えたいことはたくさんあるけれど


これは子どもの問題だから


彼が判断したことを応援してやればいいのかも知れない



そう思う心と裏腹に


みすみす危ない綱渡りをするより


もっと他にいい方法があるかも知れないことを


彼に伝えて一緒に考えて力になりたい


うっとうしく思われても


それが親の役割かも知れないって


・・それを踏まえて


彼自身が結論を出せるように


そんな風に話し合わなければ・・



・・時間に余裕がないからと


息子に話しかけたはずなのに


そういう覚悟を決めるのに


時間が必要なのは確かに私の方でした


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

もうぶれないで私の考えを息子にちゃんと伝えます
そこから彼が考えて答えを自ら出せるように



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。