「不登校支援を考えるリレー講演会」



11月23日

「不登校支援を考えるリレー講演会」が

家庭教育推進協会主催で行われました


今回の大阪に続き

来月12月15日には東京でも開催されますので

是非、たくさんの方々に参加して頂きたいと思う講演会でした

演目
① アウトリーチ型支援とシステムズアプローチ型支援とは
(家庭教育推進協会理事 水野達朗先生)

② 遊戯療法による訪問カウンセリングの実践と考察
   (家庭教育推進協会カウンセラー 坂下先生)

③ 家庭療法によるシステムズアプローチの実践と考察
(家庭教育支援センターペアレンツキャンプ家庭教育カウンセラー佐藤先生)



支援を受けた私には自分の辿った道をあらためて振り返りながら

先生方の解説の一つ一つを

かつての我が家での場面と重ねながら

聞くことが出来ました


子どもが不登校という現実を突き付けられたとき

私はただ焦りもがき苦しみ

何とかして一秒でも早くここから抜け出したいと願いました

いち早く家族と問題を共有している学校に

不登校の支援で何が重要であるのかが理解され

行政の力として現在の民間支援の考えを取り入れ

行政の資金で支援を受けられる・・

多くの子どもたちやそれをとりまく多くの家族が

迷い悩む時間が、無駄に止まってしまう時間がなくなるよう

家庭教育がその考えが広く社会に広がって行くことを願います




そしてあらためて知る事の出来たカウンセラーの先生方の姿

子どもの気持ちを的確に察知し

できるだけ早くよい信頼関係を築くために

先生方の姿に声にその全てに刻み込まれた数々の

原則と呼ばれるもの

子どもに共感し、それを受け入れる

そこに平常心でと加われば

そこからはプロの領域です

それは誰にも語られることはない

カウンセラーの苦しみと孤独

先生方は訪問した子どもとの

その一瞬を瞬間を戦い

その子の人生を変えていく

そこにこそ生まれる輝きを求めて



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



講演下さった先生方には勤労感謝の祝日であるにも関わらず

無償でこのような講演をお引き受けいただき

厚く御礼申し上げます

又、大変お忙しい中ご準備頂いたたくさんの先生方には

心より深く感謝いたします




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます

くるみみるくさん、朝早くから講演会に御越しいただきましてありがとうございました。

また、講演の内容面に関して東京開催のことにも配慮されてブログを書いて頂いていることにくるみみるくさんのご配慮の深さを感じます。

行政の支援、民間の支援ともにもっと良い形で連携が取れて、ひとりでも不登校でお悩みの親御さんたちの手助けが出来ればと思います。

そのためにはまずは目の前の支援で関わっている親御さんや子どもたちをサポートしながら、もっともっと家庭教育支援や復学支援のことを発信していきたいと思っています。

またの機会にくるみみるくさんの笑顔にお会い出来る事楽しみにしていますv-274

ぶにん先生へ

支援を卒業しても家庭教育推進協会のおかげで
こうしてぶにん先生をはじめとする先生方のお話が聴けて
それが何よりも嬉しく思っています
自分から求めなければ学ぶ機会はなかなか訪れません
協会の存在が学び続けることを応援し助けてくれています
これからもこのような学びの場が増えることを願っています

ぶにん先生には広くご活躍の中、こうしてご講演頂けたことに
心より感謝いたします
そして先生からのコメントは大切に胸に刻みます
本当にありがとうございました
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line