家庭教育推進協会・座談会




息子が学校に行けなくなった時

体調不良に振り廻されて

長い時間を費やしました

何が原因なのかと探ったり

息子の本心を知りたくて、でも

掴みきれずにうろたえて

どうしても学校へ帰してやることが出来なかった

私は復学支援に出会えたことで

そんな苦しい毎日に終止符を打てたけれど

学校に戻ることが終着地点では決してありませんでした

継続登校していくことが

それを支えていくことが

新しいスタートで、それが

そこからが家庭の力を問われる

家庭力を試される

本当の闘いでした

育児書には書いてない

初めて目にするたくさんの対応の

その一つ一つが

オーダーメイドのオートクチュール

自分に合った、そして三人の息子一人一人に合ったものを

手探りながらも、失敗を繰り返しながらも

見つけながら

歩んでいます


二度とあの苦しみ・・

先の見えない不安な日々を

独りぼっちの悲しみを

光の消えた絶望を

あじわうのは嫌



そんな思いが、同じ思いをした者を

今日の学びに繋げ、集わせてくれました


7月28日、家庭教育推進協会の座談会

第1部

家庭教育推進協会とは何か?代表の上野先生がお答えくださいました


協会自体は家庭教育を学ぶ場です

支援とは別にして家庭教育を学んでいく、勉強する場として協会があります

不登校になってから学校に復帰するのはすごく大変です

不登校という大きな問題になる前に

もっと早い段階で家庭教育の大切さに気づいてもらう

そして子どもが行き渋っている段階でいろんな会話のしかたや対応のしかたを学んで

大きな不登校にならないようにする・・そんな勉強する場として設立しました


こうして集まっていろんなことを勉強して、不登校になる前であるとか

もっと言えば、家庭教育に興味のある方、子育てに悩んでいる方に来てもらって

心配なことに自信をつけてもらって

大きな問題になる前に解決していけたらと思っています

ですが、なかなかそこまで広まっていないのが現状です


復学した方や、今、五月雨で学校へ行きながらとか

夏休みを迎えて心配だという方が、たくさんいると思います

そういう方たちがここにきて、いろんな思いを共感し合い

少しでも楽になり、勉強になって

子どもに落ち着いて対応出来るようになってくれたらと思います




電話相談について


電話相談は支援を受けた方は別として

子育てに不安のある方など

いろんな方からの相談を毎週金曜日に受けています


今、かなり多くなってきていますので

曜日や担当の先生を増やしていこうかと考えています

そういった活動を、会報に載せたり、ホームページで公開していきます


協会の電話相談に年齢制限はありません

支援機関だと基本、復学を目的としていますが

協会の相談は学校へ行く行かないよりも

家庭の悩みについての相談

子どもの状態の悩みでアドバイスできます

今子どもがこんな状態で困っていますということに

アドバイスできるので気軽にご相談下さい

N先生とS先生が2人体制でおこなっています

担当の先生は、男の子でN先生が訪問で受け持っていた子が大きくなって

電話相談する時はN先生が担当に

女の子でS先生がみていた子どもならS先生に

男の子でもS先生が担当していた子であればS先生がなります

その他の方に関しては

その時はじめにお話しした先生が担当になります

担当の変更や、女の先生がいいなどの希望もきけます



支援を卒業した方で支援機関の先生が忙しいだろうとか

わざわざ支援機関の先生に掛けるほどではないとかいう時にも

気軽に利用してくれたらいいです




以上、代表の上野先生、そして参加下さった先生方のお話を

まとめさせていただきました





この他、メンタルフレンドさんの導入のこと

実際に各家庭に入っての先生方のご感想などを

たくさんお聞きして第一部は終了しました

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
この後、休憩をはさんで第二部へ続きました
その内容はまた後日に


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

みなさんに会えて、話をきけて良かったです。
支援を卒業しても終わりではないことを実感しました。
みんな頑張って、子供と向き合って成長してるんだなあと思います。悩みが出てきた時に、相談できる場があるのはありがたいなと思います。家族のあり方やかかわり方が学べる機会がもっとあればいいですよね。

めろんさんへ

不登校という苦しみは二度と味わいたくはない辛い経験でしたが
そこで出会った家庭教育は、今の自分を支えてくれています。
あれこれ口出しせずに、子どもを見守ることの出来る親にならなくてはいけないことを
教えてくれました・・めろんさんをはじめ、多くのお母さん方と一緒に学べることは
実り多い素晴らしい時間ですe-267
もっともっとこういう時間があればと、めろんさんと同じく私も思っていますe-441
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line