エンカレッジ親睦会



エンカレッジの親睦会が予定通り6月23日(日)に開催されました


参加者の母親は6名、上野先生を入れて7名

場所は昨年と同じなんばのホテルの22階


絶景のレストランでした

個室は取れませんでしたが

静かで十分にお話し出来ました



今回、エンカレッジの大先輩、もう支援を卒業されて7年になるという

ノエルさんがお忙しい中、ご参加くださり

大学生になられた娘さんの様子を聞かせてくださいました


ノエルさんのブログからはたくさんの情報や気づきを頂いていましたから

お会いしてお話しできたことに今更ながら感激しています


今回、この集まりを企画しお世話下さったYさん

息子さんは中学2年生

日程の設定から先生や皆さんとの連絡など本当にありがとうございました


いつも楽しく会話がはずむTさん

息子さんは中学2年生、登校も安定しご家族もいい状態なのは

Tさん自身の学びからくる変化が大きいとおっしゃっていました


高校3年生に息子さんがなったYさんは、なかなか勉強に取り組まない

受験生の息子さんのことを心配されていました

下の息子さんも中3でダブル受験で大変ですね



miiさんは息子さんが中1になりクラブ活動や学校の勉強でのしんどさを

マシンガンネガティブトークで撃ちまくってくるのを

家庭教育で応戦中!





会は6人のそんな自己紹介で始まりました

自分の家庭の支援を受けた頃の様子

近況報告

今困っていることなど

一人一人話してそれに先生が答えて下さいました



家庭は違っても同じ不登校という問題に直面したもの同士ですから

その様子や気持ちが手に取るようにわかってしまう

気持ちに共感できる、だからこそ、そこから一歩進んで

その共感した気持ちがその方の苦しみなら

自分たちが経験したことや学んできたことを

伝えてみんなで話し合える



母親同士の会は先生が帰られてからも

こうして盛り上がりました



その中で一つ、あるお母さんの問題をみんなで考えました



子どもが宿題でプリンターから画像を出すと言ってました


始めたのは夜になってから


やっと始めたのですが、インクが切れていてプリントアウト出来ません


子どもは前から言ってたのにと母親に自分の宿題が出来ないことをなじります


母親はこれは子どもの問題と思いながらも、あくる日の登校に直結しそうで


SDカードに画像をうつして友人の家でプリントアウトしてもらいました


とても大切な宿題だったので、これが出来ないことは子どもにとって


大きなダメージになると、そう思った末の行動です




子どもは母親がやってくれたことで問題なく学校に登校しました


ですが母親には、これでよかったのだろうかという不安が残りました


そんな大切な宿題なら、もっと早い時間に取り掛かっていれば


インクが無いことに気づいて買いに行くことができる


それをしなかったのは子どもの怠慢


不測の事態はいつ起きるかわからない


それに備えて行動できるようになって欲しい


母親のやったことは問題に直面した子どもを


サポートではなくただヘルプしてしまった・・




また、自分のやり方で宿題をぎりぎりまで残し


結果、不測の事態でできなかったとしても


それを自分の問題として捉えて


乗り越えて行けるずぶとさ


ストレスに耐える力が欲しい




私たちは不登校を経験した親として


子どもを信じることの大切さを感じています



そして同じくらいに


子どもを信じることの難しさも感じています


この場合、母親の行動からくる子どもの問題を感じます


十分に感じながらも私も同じことをしてしまうでしょう


ではどうすればいいのでしょう




私たちが考えたのは


こういう明日の登校に直結するような


子どもが大きなダメージをくらうような問題より


もっと先にやらなければいけない問題を


母親自身が確実に我慢し踏み越えて行くこと




それは忘れて行った水筒や


ほどけた靴ひもや


汚れた部屋・・・


・・・それらを子どもの問題と


しっかり捉えて余計な口出しをしないこと




それはきっと子どもの成長を促して


夜中の宿題で問題にぶち当たっても


どうすればいいのかと自分で考える子どもになることへの


一歩であると信じているからです


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
上野先生お忙しい中
本当にありがとうございました




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

くるみみるくさん、こんばんは!
早速親睦会の記事をありがとうございます。

今回、みなさんにお会いできて、嬉しかったです。
去年も、声はかけていただいたのですが、
残念ながら、都合つかなかったものですから。

勉強熱心なみなさんのエネルギーに
圧倒されっぱなしでしたよ。
忘れかけていた感覚を呼び起こしてもらい、
たくさんの気付きをいただいて帰りました。

私も、先読みしては、手出し口出しばかりして、
依存心の強い子どもを育ててしまったけれど、
間違いに気づいてからは、もひとつ先まで考えて、
黙って見守ることを続けていくうちに、
子どもは、ちゃんと自分で考え、
行動できるようになってくれるんですよね。
本当に日々の積み重ねなんだと実感しています。

親睦会からわずか数日しか経っていませんが、
娘は、一段と親の元から離れていったと感じる出来事が、
いくつかありました。
嬉しいやら寂しいやら?ですが、
改めて、エンカレッジにめぐりあい、
上野先生に助けていただいたこと、
今こうして、親としての幸せを与えてもらっていることに
感謝の気持ちでいっぱいです。

原点に立ち返る機会をいただき、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします!






ノエルさんへ

先日の親睦会にお忙しい中ご参加くださって
本当にありがとうございましたv-22
エンカレッジ大先輩のノエルさんの登場で
会もグッとバージョンアップv-91力強いです!!
少人数の関西の会ですがこうして2回目を開催出来たことで
地味なままでも、この先に繋げていけそうな気がしますe-454

娘さんのお写真からは学生生活・青春を謳歌する様子が伝わってきました
ノエルさんが上野先生や訪問の先生方と共に乗り越えてきた時間があったから
そしてノエルさん自身が子育ての間違いに気づいて修正してきた積み重ねが
今の娘さんの自立と自律に繋がっているのですね!

私はまだまだ中学生の息子と奮闘の日々ですが
ノエルさんのように子どもの巣立ちを感じて寂しい思いが出来る日を夢見て(笑)
日々頑張っていきますe-343

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いしますe-420
コメントありがとうございました!!

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line