もう9月


8月のカレンダーを少し遅れて破ってみると

視覚からも秋をいっぱいすい込んで

季節の変化を感じます


次男は夏休みを夏期講習の合間に

5日間と7日間に分けて2度作り帰って来ました

思っていたよりすんなりと寮生活に馴染んで

友だちはいないままでも

予備校生活は日を重ね

郵送で届いた前期の学業成績に

欠席の数字はありませんでした

こんな嬉しいことはありません


勉強の中身はもう親の手からは完全に離れていますから

延びたところだけを褒めて一緒に喜んでいます

逆に伸び悩んでいるところは本人が一番分かっている事なので

共感だけに留めます


昨年の今頃・・・文化祭・体育祭の頃から勉強への意欲が

ガタガタと崩れ

欠席も増え

これは・・・と思い悩む毎日が始まりました


私はぐにゃぐにゃになりかけた

いえ、かなりぐにゃぐにゃな息子に寄り添って

ただ信じて待ちました

そうすることしか出来ませんでした

息子は積み上げてきたこの6年、復学からの6年を

絶対に自分で壊したりしない、そんな無茶は出来ない

必ず自分で歩き始める


私に出来るのは、息子の訴えを信じて・・

それは座っていると足が痺れるということでしたが・・

それへの対処を一緒に考える事で

整体とパーソナルストレッチに通わせ

共感し

でも息子からの訴え以上の提案はせず

私の不安を息子へのプレッシャーに変えず

待つことでした



今になって、あの頃の自分を振り返り

息子は思っているようです、十分感じているようです

そして言いました

もうあんなことはしない



周りが受験一色に変化する中

寝ているだけの息子を見ているのは

悲しいことでした

不安をぶつけることが出来ないのは

苦しいことでした

私の中のどこかに待てる自分がいた事は

家庭教育を学んだ強さからだと

思えます

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
後半戦に突入しました
崩れないことを祈ります




スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line