スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

兄弟の鍵


最後の試験が近づいて、長男から

「明日から少しずつ早く起きるようにするから、モーニングコールして欲しい」と

お願いのLINEがきた

始めの週は8時、次の週は7時、そして5時半が2回、最後は5時20分だった

7時のコールを1度忘れた

次男の受験の朝だった

「起こしてよ」長男のLINEが怒ってた、「次男の受験で忘れた」とあやまったら

「どこ受けたの?」と兄貴っぽさを覗かせた


最後の3回のコールには随分気を使った

絶対起こさなければいけないし

本当に起きているかの確認も必要だった

モーニングコールするために、私も目覚ましをセットする

携帯の目覚ましは、コトコトと鳴って脳のどこかをノックする

飛び起きて、すぐにLINEの電話を鳴らす

20コールくらいで切れてしまい、また掛けなおす

それを3回繰り返し、LINEから携帯電話の番号に変えてコールする

呼び出し音が変わるから

夢の中にも僅かな音の変化を感じる場所あり、彼を揺さぶってと願う

長男「・・・はい・・起きた・・」

私「起きた?・・じゃあ・・」

ほんの短い会話で切る、声の後ろで彼の部屋の目覚まし時計が叫んでた

私はやっとほっとして少し眠る


1時間ほど経ったら、2度寝していないかとLINEを入れ返事を待つ

一言激励の言葉を添えたいと探すが、時間が気になる、早く打たなければ

あまり使いたくない「頑張れ」という文字が、むき出しで変換できず悔しい

私「もう家を出ましたか? 頑張ってね 大丈夫!」

15分して既読がついて「うん」と返事がきた

よかった・・・


緊張の糸をほんの僅かでも緩めてやりたいのに

語彙の決定的な不足に打ちのめされてギブアップ


そんな時、兄弟の存在が思い浮かんで、頼んでみた

冷たく硬い長男の部屋の机にメモを置けるのは

秘密の鍵を共有する兄弟しかいない・・そんな気がした

「お兄ちゃん、大きな試験で大変な時やからメールで力づけてあげて」って・・

いつものように、次男は軽く返事する

「わかった」っと。(こう言って、やったことは無いんだけれど)

三男は、ちょっと困った顔をして「・・・うん・・」と言った

「気恥ずかしいな・・」って言いながら

「・・うん、でもやってみる・・」と笑った


あくる日、いつものように「あっ、忘れてた」を想定して

次男に尋ねると、「LINEした」って・・・驚いた

「僕のこと、ちっとも信じてないんだな」って、言われた気がした

お兄ちゃんは「頑張るわ」って答え、そちらはいつ試験かと聞いて、「頑張れよ」と言ったって。

あたたかい風がふわっと流れて、固まってた私がゆるくほどけた

三男も「試験頑張って」って送ったら「頑張るわ」って返ってきたって。


避けようとした「頑張れ」が結局何回も往復した

「頑張るわ」に変換されて戻って来た「頑張れ」は

いい言葉だった


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
鍵を無くさないでいてね

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。