「家庭教育相談士養成講座」



「家庭教育相談士養成講座」に参加してきました

タイトルの通り肉厚で重厚なテキスト

そして最後に頂いた修了証は

今回の講座はその入口から全容を見渡したもので

これから、ここで受け取ったものを

どんな風に自分の中で育てて行けるかを

問い続けてくれるものとなった気がします

講座の内容に関しては家庭教育推進協会ホームページ内の

家庭教育推進協会+プラスより

ご覧ください


不登校を経験した私のことを知っている友人を通して

これまで何名かの方とお会いしたり

電話やメールを頂いてお話する機会がありました


そんな時、私は自分の経験した復学支援や

家庭教育という学ぶべき大切な考えがあることを

どのように伝えればいいのかに悩んでいました


「何とかしたい」


その単純にして明快な思いは

ややもすれば空回りして相手の心に響くどころか

心の扉を閉じさせてしまうのではないだろうか


不登校問題は不登校になっている本人だけの問題ではなく

一緒に暮らす家族全員にその問題は覆いかぶさってきます


私のような何の力もないものが長くその話を聴くよりも

1分1秒でも早く専門家に繋がなければ・・という焦りが

いつもそこにはありました


勿論、これまでもそうしてきたように専門家に繋ぐことで

笑顔の戻った家庭や子どもたちを見たり聞いたりできることは

何よりも嬉しいことです


ただこれまで私が抱えてきた「何とかしたい」という思いを

全て専門の先生方に繋ぐことだけに求めてきた焦りを

ほんの少し範囲を広げて

同じ母親、不登校を持った子の親、思春期の息子を持つ母

といったカテゴリーの中の一人として

「話を聴く」という行為そのものが私にとって多分とても重要で

「繋ぐことへの焦り」を感じるより

目の前の話を十分に聴くこと

それから、そこから始まる事に踏み出せばいいのだという事を

教えてもらった気がします



関東では5月23日土曜日に開催されます

ご自身のご家庭のために

そして不登校や家庭内の悩みを一緒に共有する

一人の親として人として

たくさんの方の参加がありますように


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
続く第2回を楽しみにしています





スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line