過干渉からの脱却は忍耐とiメッセージで



先週は一泊二日の宿泊オリエンテーションがあったり

次男の高校生活は毎日大変そうです


一週間の自分時間の帳尻を合わすように

日曜日はゲームにふけっています


息子は自分の部屋の床一面に

色んな物を散りばめていて

私はそんな風景を目にすると

無意識にゴミを拾い

散らばった本やノートをまとめてしまう


途中で意識を取り戻し(!?)

「私何やってんのよぅ(涙)」と自問自答


急いで元通りに戻しておきます(テキトーにばらまくの)


宿泊研修に持って行った

使い捨てのお弁当容器がそのまんま放り出されていて

一瞬手にしましたが・・

慌ててまた部屋に放り投げておきました(笑)


学校や通学に慣れるまでは

細かいことには目をつぶったり

大目に見たり

そんな対応をしていますが

そうすることが慣例になってしまわないようにと思います


自分がやらなくても部屋が綺麗になるなら

永久に自分でしませんものね


いずれは自分で掃除機をかけたりするように

・・・と願っていますが、今はそこまで求めず

ばらまいた本やゲームをどけては

掃除機をかけて、また元通りに戻すという

不思議な行動している私です


目に見える大きなゴミや

ペットボトルや缶は自分で捨てて下さいねって思いで

触れずに捨てたい欲求を必死で抑えて

部屋に残しておきます


息子は多分、邪魔だと感じた時

溜まったゴミを抱えて

キッチンまで運んで来るのです


これからだんだん気候も良くなり

2階の南側に面した息子の部屋は暖かく

色んな生き物が生まれます(汗)


不潔だからとか、臭うからとか

そんな思いから清潔を意識できるように

なってくれたらいいなぁ・・(懇願)


でも多分私はそこまで生ゴミに見て見ぬふりは出来ませんから

ここは上手く伝えてゴミをサッサと処分するように持って行きたい

取り急ぎは、部屋からゴミを出させることから

iメッセージでがんばってみよぅっと



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
無意識にゴミを集めて整理整頓
過干渉に泣きて微妙に散らかす


スポンサーサイト
line

明日も、そしてあさっても



4月も半分過ぎました

高校生になった次男は毎朝自分で起き

朝食をガッツリ食べ

川を越え、山を登って8キロ近い自転車通学を

頑張っています


「朝食を食べないとお昼までもたない」と

息子から言ってきて

変われば変わるもんだと、嬉しい驚きに震えました(笑)


自転車の前籠から半分以上飛び出した大きく重い鞄に

ハンドルがぐらつきながらも「行ってきます」と出て行く姿に

「どうか事故なく無事に着きますように」と手を合わせ

今日も元気に「いってらっしゃい!」


何か雰囲気が変わってきたなぁ・・って思って考えると

・・・そうだ!日に焼けたんだって気づきました

今までは年に一度、体育祭の頃に一年分の日焼けをしていましたが

往復の長い通学時間に、ニキビ面の脂っぽい肌は

春先の強力な紫外線をぐんぐん吸収しているようです


学校ではどうしているんだろう・・

誰も同じクラスに知っている人はいません

でも殆どの生徒は皆同じ思いをしているはず

息子だけが転校生という訳でもなく

皆、初めましてからのスタート

学級という列車に乗り遅れてしまわないようにと願っています

友だちを作れますように・・・!


自己紹介では、ゲームが好きで

中でもスマッシュブラザーズが好きですと言ったそうで

(このゲーム小学生の頃からやってるんですが

ちっとも飽きないようで、もう怖いくらいに一途な奴・・)

そうすると、僕もそれ好きやって

話し掛けてくれた人がいたんだって・・

ちょっとした一言で繋がりあえる瞬間があるね

そのままの

ありのままの自分で付き合える

そんな仲良しの友だちが出来るチャンス!

チャンスの神様には前髪しか無いから

息子よ、しっかり掴むんだよ!



勉強の方は今までの中学の頃とは一変して

やらなければならない環境になって

やらなければと感じているようです

ただいつ、何を、どれくらいやっているのかは

全くわかりません


息子は春休み中に、今までのリビングに繋がった和室から

2階の個室に完全に引っ越したのです


見えないということは

見ないですむということで

それは離れて暮らす長男を心配しても始まらないのと何処か似ていて

私の手から離れて行く自然な形であり喜びです


信じているという一見柔らかく、それでいて後を引く粘っこい親心を

iメッセージにのせて伝え続けて見守って行きます




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

しばらくは 晴れが続くと天気予報
よっしゃ~と一人グーで喜ぶ



line

高校生になるんだね



花冷えのする曇り空の4月初め、高校生にいよいよなる日が来ました

グラウンドが駐車場に開放されていましたが

前夜の強い雨のせいで酷くぬかるんでいます


今までスニーカーしか履いたことのない息子は

初めて履くローファーがぎこちない

歩く度に「かっぽかっぽ」と鳴らして

・・サイズも少し大きいみたいね・・


水たまりなら避けて通れるけれど

水を含んだゆるゆるの場所を判断するのは大変


右に左に跳ねるように不規則に進んで

被害を最小限に食い止めようと皆必死

思ってたよりはるかに寒い入学式になりました


息子の入学した高校は中高一貫の進学校


今までののんびり楽しい公立中学と一変します


息子自身が自分で決めた道だからって

しっかりと前を向いて進んでくれることを

心から精一杯応援します


先日復学支援でお世話になったエンカレッジの先生を交えて

お母さんたちの集まりがありました

同じ会が関東でもあったのですが

そちらは今までで一番の参加者を集め

大盛況だったとお聞きしました

関西はいつもより更に少ない人数でしたが

関東からのスペシャルゲストも参加してくださり

少ない人数ながら、しっかりとお互いの話を聞き合える

とっても安らげる一時になりました


皆それぞれに紆余曲折し

先回りの心配を見つけ

不安をこっそり育ててるの

ただそれを口にして

子どもにぶつけたりしない

こういう場で思いっきり話し合えたことを

明日からの力に変えて

また、笑顔で再会しようねって約束しました


息子はお弁当を持って

片道50分の自転車通学の毎日がスタート

春休みにドッサリ出ていた課題のテストが

早々にあったようで

「英語が・・」って大変そうに漏らしていました

「英語が難しいんだ・・」

そう言って顔を見れば、そのまま次の言葉はないけれど




入学式のグラウンドを

ぴょんぴょん跳ねながら渡って行ったように

上手く乗り越えて行けますようにって

ただただ祈る思いのスタートです




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

きっと上手くいくって信じなきゃ



line
line

line
プロフィール

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line