私の父




83歳で先週父が亡くなりました

けっしていい父娘関係ではなかった

まともに話をしたこともなかったと思う

子どもと遊ぶなんて言う事を知らない父だった

まだ5歳くらいの頃、唯一父が買ってくれたおもちゃ

そのころ仲良しの淳ちゃんが持っていた小さなオルゴール

私も欲しくて欲しくて母に頼んだ

母から強く要求され、父が買ってきてくれたのは

幼い私には驚くような黒塗りの大きなオルゴールで

蓋には金色のバラが彫刻され、どう見ても子ども向きではなかった

そして唯一教えてもらったのは折り紙で折る屋形船

今でも指が覚えていて、舟先の少し上がった屋形船が折れる

父との思いではそれ以外何もなかった


昨年11月に大腿骨を骨折して動けなくなってからは

母に替わって私と弟が交代で病院に行った

初めはぎこちない娘でした

でも何故だろう・・また、明日も行かなくてはと思い

それが、また次の日も行きたい・・と思うようになっていった

父の中に自分がいた・・私は確かにこの人に似ているところがある

やっぱりどんなに拒絶しても父だった

振り返れば僅か2ヶ月間で今までの父娘関係を帳消しにして

しっかり帳尻合わせて逝った父・・ずるいなぁ・・



家庭に注がなかった愛情を音楽に注いだ父

ピアノにエレクトーン、ギターにベース

スチールギターやアコーデオン、尺八まで吹いた

コーラスにカラオケ・・歌が好きで上手かった

囲碁や将棋にも熱心で強かった

昭和20年から使っているスチールギターを弾いて

2年前からまたハワイアンバンドを組んで舞台に上がり

ラジオにも出演していた

亡くなってから人づてにそれを知り、映像を見たり声を聴いたり・・

音楽を楽しむ父は生き生きしていて、病院で見せた姿とは違うね

もう一度歌いたかったね、弾きたかったね



入院中に誕生日を迎えた父に、私は小さなキーボードをプレゼントした

「大きな音を出したらダメだよ」と音量の調節できるもので

ヘッドホンも付けておいた

けれどヘッドホンは嫌がって付けることはなかったな

父の病室は廊下の突き当たりで、エレベーターを降りて詰所の前を通るころ

父の弾くテネシーワルツがよく聞こえていた



亡くなる1日前、私と病院を受診した

年末に退院しお正月を自宅で過ごし、介護施設でショートステイしていた父は

介護車で、車椅子に乗って病院にやってきた

入院していた頃は、毎日病院に通ったけれどその日は

4日ぶりに会う父だった

車から下りてきた父は明らかに不機嫌だった

「運転がむちゃくちゃや!揺れて揺れて・・」と怒って怖い顔をし

大便が出たからトイレに行くという

何の準備も持っておらず、あわてて売店で一式購入し外来の看護師さんにも

お願いして手伝ってもらった

汗だくになって着替えさせ、父の手を洗うため指に触れると

細く長い指はとても弱々しくハンカチで包んでそっと拭いた


診察を待っている間に

「カツオの刺身と焼酎が飲みたいんや、帰りにいつものスーパーに寄ってくれよ」

と言った

「帰りも介護の車が迎えに来てくれるから、今日は買い物には行けやんわ

病院の向かいのスーパーに行くか?」と言うと

「どっちでも~」と拗ねたようにうつむいて車いすを前へ後ろへ動かした


でも受診の待ち時間が長く診察が終わるともう5時前

「お父ちゃん、もう病院の売店にしとこよ」

と言って売店に連れて行った

けれど売店には勿論カツオの刺身は無く、時間が時間だけに

陳列ケースはほぼ空だった

その中に売れ残ったような寿司の弁当が2つあり

父はそれを指さして「これ買うて帰って食べたら世話無いな」と言った

「もう戻ったら直に施設の夕ご飯やし、こんなん食べたら食べられへんで」

というと「そうかぁ・・」と残念そうに言った

欲しいと言ったみかんは無く、リンゴはしなびて美味しそうではなかった

「リンゴジュース買う?」と聞くと「おぉ、そうやな!」と声が弾んだ

他に何か父が喜びそうなものは無いかと、もう1周売店の中を車いすで回ったが

何もなく、レジの傍でかりんとうを見つけ「これにする?」と聞くと

「買うわ」と言って手を延ばした


だけどお腹が空いていたのか、売店のすぐ前が食堂で、その前を通る時

「ここで何か食べて行けへんか?」と私を誘った


昼間の混雑が嘘のように、夕方の病院の食堂には人影は無く

丸いテーブルが綺麗にならんでいた

家で夕食の準備があるからここで一緒に食べる訳にはいかないんよ、ごめんね・・

そう思いながら「こんなとこで食べたら、施設の夕食が食べられへんよ」と

早足で車いすを押して食堂を通り過ぎた

父は「うん」と静かに頷いたけれど寂しい声だった



介護の車を待つ間、買ってきたリンゴジュースを飲むと

「これえらい酸っぱいぞ!」と顔をくしゃくしゃにした

よく見るとリンゴ酢ジュースだ

「これ酢入ってるわ!」と言って父を見ると「何てよ~!」と顔をしかめていた

そして二人で顔を見合わせて笑った


病院に着いた時の猛々しい表情はもうどこにも無かった


「普通の買ってこうか?」というと「もうええわ~」とすっぱさの名残りか

まだ妙な表情だった




それから直に迎えの車が来て、父は車の後ろから出てきた電動の

ステンレスの板に車椅子ごと乗り入れて、しっかり紐で固定された

ここへ来るときもこの状態で来てすごく揺れて

「運転が荒いんや」って怒ってたっけ・・

帰りも同じだけど・・もう忘れたのかなぁ

文句言わずに乗り込んで行った


「また行くから、バイバイ」と手を振ると

父もすっと細い右手を顔の横に挙げていつまでも手を振っていた


それが父を見た最期でした



葬儀の終わりに棺に花を入れる時、父の好きな曲を流した

弟と二人で通夜の夜、長い時間をかけて店を捜し回った曲は

廊下にいつも流れてきたテネシーワルツ



お父ちゃん聞こえますか、天国で歌ってますか

カツオの刺身と焼酎を食べさせてあげなかったね

お寿司買いたかったこと知ってたよ

食堂で一緒に食べて行こうと誘ってくれたのにね・・



娘としての感情を私に持たせてくれたね

娘として涙を流す心を残してくれたね

ありがとう、お父ちゃん

サヨナラは悲しいから、もう一度歌って聞かせて欲しいよ




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
line

3度目の記念日


先日大切な復学記念日を迎えました

「1」 の並んだ大切な記念日

今年で3年です・・


中学の3年間がもうすぐ過ぎ去ろうとしている今

不登校から学校へ戻って

積み重ねてきた日々の大切さを感じます


この3年間で息子は私には見えない学校という場で

きっとさまざまなことを経験したのでしょう


私には想像するしかないそれらの出来事は

いつも屁理屈言って怒ってた幼い子どもから

時には話し合うことが出来るニキビ面の青年に

息子を変えてくれました




中1の彼を私はいつも見ていたかった

いえ、見ずにはいられなかった

歩き始めたばかりの幼い息子が

いつまたころんで怪我をして

自分の中に逃げ込むんじゃないかと・・・

彼を見つめることは私を安心させ

そして不安にさせたけれども





中2の彼を私は理解しようと努めた

遊びに夢中で大切な時間が失われていく

けれど、そうすることが彼自身であり

それ以上でもそれ以下でもない

ありのままの彼の姿を受け入れて

欲を出さず、諦めでもなく

ただそこにいるそのままの息子を

受け止め認めようと努力した




そして今、中3の彼を私は信じよう

信じることは任せること

もう把握し管理する必要などなく

少しずつ手放してきたものは

逆に私に

もっと自由に親であることの確かさを

教えてくれている




あの角を曲がって行った

見えなくなったあなたのことを

今日も笑顔で見送ろう


あの角を曲がって行った

「行ってきます」の余韻の中で

そっと笑顔で見送ろう


あの角のずっと向こうでいつかあなたと出会いましょう

あの角のずっと向こうできっとあなたを見つけましょう


母さん僕はもう大丈夫と

私を微笑ませてくれますか


母さん僕はもう先に行くよと

私に手を振ってくれますか



どんなに遠くへ行ってしまっても

いつも想っているからね



あの角を曲がって行くあなたよどうか負けないで

あの角を曲がって行くあなたよどうか強くあれ



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

復学記念日はいつも新しいスタートラインに
立つ気持ちでいっぱいです
さぁ、がんばらなきゃって








line

小さな喜び




今日1月8日から3学期が始まりました

お正月中ずっといいお天気だったのに

朝からけっこう本気降りです



息子たちは2学期の頃より5分くらい早く起きて

用意しておいたお雑煮もどき(焼き餅に青菜を添えて出汁をかけたもの)

を食べてそれぞれに出掛けて行きました



無事に始業出来たことに感謝です



息子たちが出た後、次男が出してきたゴミがキッチンにありました


お弁当の空容器と炭酸の缶やペットボトル


息子の部屋にはほとんど入りませんが

次男は独立した個室ではなく

リビングの延長線の部屋にいるため

中が丸見え状態



それはそれは恐ろしい風景です




足の踏み場を捜しながら

机の上を覗くと

もう何か月も行方不明だった私の大切なマグカップ発見・・

わぁ~ここにあったんだ~って喜んで手にすると

コップの中に残った正体不明の液体に

青黒い丸いブツブツがぷかぷか浮いていました


その液体への恐怖とマグカップへの哀愁に凹みながら

ふと机の片隅を見ると・・何とも言えない光景を目にしました



ハンバーガー屋さんでくれる紙ナプキンの上に

「学業守」と書かれたうす水色の可愛らしい小さなお守りが

ちょこんと置かれていました

小さな喜び



これは長男が帰省した時、弟に手渡していたものでした



次男はお兄ちゃんからのお守りと

初詣で引いた末吉のおみくじを

大切に祭るように並べて置いていました



私にはゴミ溜めみたいな部屋に見えるけれど

ちゃんと神聖な場所を作って

神頼みしていたんだね



兄弟の絆と

合格したいんだという願いが

何処からか聴こえたから

マグカップのカビはそっと洗い流しておきました



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

「安心して勉学せよ」のおみくじの言葉に
妙に癒された母でした





line

お正月



明けましておめでとうございます

昨年も私のブログをごひいきにしていただいた皆様

本当にありがとうございました



我が家のお正月は親戚が集いとっても賑やかです


小さかった親戚の子どもたちもすっかり成人し

家の中学生2人以外はもう大人です

一番年上の甥っ子は28歳

そして2番目は結婚して2人子どもがいる27歳の甥っ子


24歳の紅一点の姪っ子もめでたく只今婚約中、春にはお嫁さん



我が家の長男も春には26歳・・年齢だけみれば立派な大人ですが

何故かまだ学生で進級が大変なようで

この休みもお正月を楽しんでいる時間は無い状態です



2日の夜早々に下宿先へ帰って行きました


ここでは勉強出来ないそうで・・




自分の本分を全うするために

頑張って欲しいものです



今の時代、コンビニがあるから

自炊が面倒でも食べ物に困ることはないし

取りあえず我が家で日持ちしそうな食べ物

お餅やクッキイ、ハムや米やジュースにビール

なんと雪平鍋と落し蓋まで・・


色々持って帰りました



夫の母も来年には米寿を迎え

その娘、つまりお義姉さんは今年、還暦

私もまた一つ年をとりいえ年を重ね

こうして元気に皆でお正月を祝えることが

何よりも嬉しく思います






次男の高校受験も迫って

神頼みに初詣で近所の氏神様にお参りしました



家族5人が揃っていても

さあ、出かけましょうとなると

なかなかすんなり行きません


1人が良ければ、別の1人が今は無理だとのたまう

やっとその1人が行ける時間になると

今度はまた別の誰かが行きたくないとのたまう



本当に疲れます



取りあえず、今年は受験の次男に合わせて

そこに時間があわない、気持ちが乗らない人は・・もういいです



父と母と次男の3人で出掛けてお参りしてきました


第一志望校に合格できますように

さくら咲け

さくら咲いて

さくら咲いてちょうだい

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

今年も皆様にとって良い年になりますように
どうぞよろしくお願いいたします




line
line

line
プロフィール

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line