体育祭




次男にとって中学で最後になる体育祭がありました


帰宅部の彼は年に一度、この時期に真っ黒に日焼けします


一昨年はメガネの型がビッシリ付いて


ちょっと笑ってしまいましたが


今年は満遍なく焼けて


綺麗にじじ黒くなりました(笑)



全校生徒が縦割りで


5つのブロックに分かれて競技や応援の得点を競います


今年は兄弟が同じ緑ブロックでした



弟に尋ねると前日に


プログラムを出して自分のでる3つの競技を


説明してくれました


兄にはタイミングを見計らって尋ねないと


きっと教えてくれません



最近は帰宅すればずっと狩りに出ている彼です


その狩りを止めて塾に行くのは


本人も断腸の思いでしょうから


そんな時聞いたら地雷もんです



幾度か喉まで出かけた言葉を飲み込んで


やっと見つけた隙間の時間に聞いてみました




母「今年の体育祭は何に出るの?」


子「忘れた」


バッサリ・・あえなく撃沈・・



でも、こんなくらいではめげません



また次の日


母「体育祭は何に出るの?」


子「忘れた」


だから秒殺やめてよ(母の心の声)


せめて考えてから言ってよ!!(母の心の叫び)



そしてまた時間をおいて


母「体育祭は何に出るの?」


子「忘れた」


言うよね~!!忘れる訳ないじゃん!!


こうなったら、こっちも意地でも聞きたい!!


母「じゃあ、思い出したら教えてね~」と精一杯の優しさで


息子は一瞬フェイントのかかった言葉に驚いた顔をしましたが


「・・うん・・」と答えました


・・ふふっ・・これで次は口を割らせてやるうぅ




体育祭の前夜も遅くまで狩りに出かけていましたが

やっと終えて寝る様子


そこにくらいついて!


母「明日は何に出るのか思い出したかなぁ?」


とそれは優しく尋ねてみました


子「こんなに暑い部屋では思い出せやん!!」


母・・絶句・・




思春期バリバリの息子だからしょうがない


今に始まったことじゃないからしょうがない


言わないことで保ってるひん曲がった自尊心




あなたがそこまで言いたくないのを聞き出そうとした母がバカでした


弟のようにあなたからも優しい言葉を・・


そう、狩りのゲームが欲しい時、急に普段は恐ろしい犬が


お腹を見せて擦り寄ってくるようなドン引きの素直さを見せるみたいに・・


・・今の状態では聞けるはず無いじゃん・・




体育祭の当日は薄曇りの風の強い天候で始まりましたが


じきに青空が見える秋晴れに変わっていきました


時折吹きつける強風が運動場の砂を舞い上げて


観客の保護者や生徒を襲います


保護者は一斉に身をかがめて


砂嵐の去るのを待ちますが


子どもたちはビクともせずに


堂々と競技をこなして行きました




教えてくれた通り、弟は3つの競技を


時には真剣な顔で友だちと呼吸を合わせ


時には肩の上に乗せた友だちと笑いながら楽しんでいました




そして問題の次男はというと・・


家では見たことの無い笑顔で友だちと話してる


双眼鏡で見つけた真っ白い歯をみせて笑うあなたは


昨夜の意固地な姿に腹を立てた私の気持ちを


ス~ッと柔らかくほぐしてくれました




小学校最後の運動会を(最後の運動会


グランドの隅で膝を抱えて過ごした


小さく、寂しく、悲しい存在だったあの時のあなたは


もう何処にもいませんでした



にほんブログ村


しばらくは綺麗にじじ黒いその日焼けが

勲章ですね



スポンサーサイト
line

模試と電車とそして息子と 2



模試が終わったら帰り道で昼食を取ろうと思い

父親と共に車で早めに家を出て

待ち合わせた場所で息子の帰りを待ちました


父「朝、送った時、反対方向から来た電車に大勢の生徒が乗っていて

  その子たちが帰るのに一緒について行ってしまわないかが心配だな

  かなりの確率でありえることや!」


母「えぇ~!多分ついて行くかも!!・・大丈夫かなぁ・・」


父「間違えても日本語使えたら大丈夫!」


母「人に聞くことが出来ればねぇ・・」



模試は12時50分に終わる予定です

1時に向こうの駅から電車に乗れば

1時10分にはこちらの駅に着き

待ち合わせたドーナツ屋の前に息子が現れるはずです



ところが待てど暮らせど戻って来ません



やっぱり反対方向の電車に乗って行ったのか



父親は駅の違う出口に回ったり

またこちら側に戻ったりしながら

何台も息子の乗っていない電車を見送っていました


私は自宅にいる弟に電話を掛けて

兄から電話が入ったら教えてくれるように頼みました


次男は携帯を持っていませんし

公衆電話から掛けるなら

多分、絶対、父や母の携帯番号を知りませんから

自宅に掛けると思ったからです


そして反対方向に乗って、覚えている通り2駅で降りたならと

2つ目の駅を調べてみると・・山の中の無人駅・・


息子は無人駅のホームで

ボー然と立ち尽くしているのでしょうか

この台風の風雨で多分びしょ濡れで・・

苛立った声で朝食を拒否り

お腹空いてるんだろうな・・

そうや、財布は持って行ったの・・



2時半を過ぎても戻らない息子を心配して


父が電車でその山の中の無人駅に向かいました


その時「財布を持って行ってるかなぁ・・」という疑問に


「帰りの切符代を渡そうとしたら、財布持ってるって確かに言ってた」と・・


そうか・・


怒って反発してたけど持って行ったんだ・・!!



お金を持っている+日本語が喋れる=大丈夫



「きっと、うまくいく」っておまじないを念じて!!



知らない人に助けて下さいってヘルプを出すんだよ


わからないんです、教えて下さいってヘルプを出すんだよ





時計だけが順調に休むことなく進んで行きます


3時を過ぎて無人駅の父から電話が入りました


父「こんな山の中の無人駅、人っ子一人いない。

 とりあえず、戻るわ」



いったい息子は何処へ行ってしまったんだろう


財布を持っていたことで膨らみかけた気持ちの紙風船が


ぐしゃっと握り潰したように凹みました



かわいいJKじゃあるまいし


ニキビ面の中学生なんて誰も誘わないし・・


大丈夫よ、きっと



その時、再び父の携帯番号が私を呼びました


父「もしもし・・ちょっと待って・・」


次に聞こえた声は紛れもない息子の声でした


息子「もしもし・・」


母「あぁ・・よかった・・」


息子「うん・・」


母「よかったなぁ!・・」


息子「うん・・」


母「お腹空いたやろ?・・」


息子「いや、あんまり・・」


母「そうかぁ・・疲れたなぁ・・」


息子「うん・・」


母「・・あぁ、よかった・・早く帰っておいで」


息子「うん」


母「待ってるから・・早く帰っておいで・・」


息子「うん!」


子どもの声はホッとしたのか何だか嬉しそうでした


何とも言えない照れたような顔が浮かびました



まもなく父の大きな傘の後ろに

付かず離れず息子の傘が並んで

2人は戻って来ました



息子の話によると、やはり反対方向の電車に乗り、そして


座席に座った瞬間・・眠ってしまったとのこと


息子が降りた駅を聞くと・・1時間くらい乗ってました


息子もかなり驚いたそうで・・そりゃあ真っ青だったでしょうね


でも駅員さんに


「〇〇へ行くには、どうしたらいいですか?」と聞いたって!



あぁ、息子はちゃんと見ず知らずの人にヘルプが出せたのですね


困っている自分をちゃんと表現して助けてもらったのですね


一番心配していたその部分しっかりクリアー出来たんです


モンスターから身を守るアイテムのように


この社会で生きていく最低限のアイテムは


手に入れていたようです


それからも、乗った電車が途中の車両から切り離されて


全く違った行先に分かれるものだったらしく


非常に焦って車両を移動しようとしたけれど


電車内からは鍵がかかっていてガチャガチャやってもダメで


止まった駅でダッシュしたとか・・


いろいろあったようです





人っ子一人いない無人駅で電車を待って


やがてやってきた車窓に息子の姿を見た時


父も本当に嬉しかったって・・


よかった・・会えてよかった・・




予定してた昼食は4時半になりました


目の前で、大盛りのチャーハンに顔をうずめる息子は


今朝と同じニキビ面の中学生ですが


ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ


かわいく思えるのは何故?・・



今日一日でとっても大きな大きな経験を


失敗と言う大きな経験をした息子・・15歳中学3年受験生


・・遅すぎる初めての電車でした



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

模試のこと、やっぱり何処かへ飛んでった













line

模試と電車とそして息子と



「夏休み」という季節を終えて中3の次男は徐々に

否が応でも「受験生」になって行きます


とは言ってもまだまだ「にわか受験生」

模試で集まるたくさんの知らない同学年の生徒たちと

鉛筆を走らせる緊張の時間を

これから何度か経験して

少しずつ「にわか」をはずして行くのでしょう


彼は連休初日に発売したゲームを苦心の末に手に入れて

学校が休みであるにも関わらず

学校がある日よりずっと早くに・・そう、7時すぎには起きて

せっせとモンスター狩りに出かけます


一日のほとんどを狩りで過ごし

あくる日は模試の予定が入っていることを

ため息全開の負のオーラで攻めてきました


息子「あ~ぁ、明日は模試か・・」

母 黙って聴く

息子「テストばっかりや・・模試9月の初めに受けたし
学校の実力テストあったし・・また、明日もなんて多いわ・・」

母 「そうやな・・」

息子「あ~ぁ、明日嫌やなぁ・・行きたくないなぁ・・しんどいなぁ・・」

母 「しんどいなぁ・・確かに今月はテスト続いてしんどいよなぁ・・」

息子「台風で警報出たら無いかも知れへんなぁ」

母 「そうやね、警報出たら危ないからねぇ」


そう言いながらその日は眠りました


明日の朝、お腹痛いとか

頭痛いとか・・そんなこと言い出さないか

一抹の不安はありましたが

起こってもいない現象を想像して

不快な気分になるのは止めにして

そういうことは起こってから考えることにしようと

気持ちを切り替えて眠りました




次の朝、模試の受付は7時40分からと早く

私は6時には起きて準備して息子を待ちました


先日の模試は近い所でありましたが

息子が場所を知らないと言うので

私が車で送って行きました


今回は受験でお世話になるかも知れない学校であり

さらに車での送迎は厳禁とあります


高校を選ぶ上で学力的なことは勿論ですが

毎日自分の足で通う事が出来るか?

ということもまた大切な事


息子の不登校を経験している私にとっては

通学の距離や時間は大きな問題で

それを今の息子・・

休日は家から出ない、登校は徒歩

塾も家からすぐという所ばかりを選んできました

そんな状態の息子が高校合格という吉報を手にした途端

自転車と電車と徒歩を駆使して

通えるのかという問題は

問題のままであり続けています



今回の模試の車厳禁という文字を

この学校を選ぶということが

もれなくこういう通学の毎日が付いてくることを

本人に体験させて考えさせられる

大変貴重な経験になると捉え

プラスにかえることが出来ればと思いました



本当は1人で行ける年です


年相応の成長をしていれば行けるはずです


でも彼はまだ一人で電車で出かけたことがありません


おそらく切符を買うのも初めてです


模試の開始時刻もあることですし

あまり冒険はできません


そこで今回は台風で雨も強いことを考え

駅までは私が車で送り

そこから学校までは

父親が付いて行くことに決め

それは本人も納得していました



でもこんなところで大切な父親対応を

出してしまっていいのだろうか?


しかし、昨夜のグダグダの息子の状態からすると

やはりここは父親と一緒に行くことで

母親にしか言えない言わない昨夜のような

負の感情は置いていってもらい

グッとこらえて成長してもらいましょう



そんなことをあれこれ考えているうちに

息子が制服に着替えて下りて来ました



(よかった~!ちゃんと起きて来たよって胸の中でVサイン!)



息子「警報出てないん?!」

母「出てないわ・・」

母「何か食べて行く?」

息子「いらん!」


そう言って不機嫌に鞄の準備をしています


母「財布持って行っといてね」

息子「何で財布なんかいるんや!・・」

母「帰り1人だし、何があるかわからないから」

息子「・・・」



車でdoor-to-doorで行くのと違い

おおよそ帰りは1人で電車に乗って帰って来る訳ですから

切符以外にもどんなお金が必要になるかわかりません



言っても素直に「はい」とは言わないことは

承知していましたが、伝えずにいる訳にはいきません・・



財布を持ったか持たないかは息子の問題です

私はちゃんと伝えましたから・・ね・・



駅に着いたその頃には台風の影響で

時折強い風と激しい雨が横殴りに降って

父親と息子は小走りに駅に消えて行きました



電車は二駅で乗車時間は僅か5分と

スマホが私に教えてくれます


こうして息子は溜息交じりに「初めてのおつかい」ならぬ

「初めての電車」を経験することになりました(つづく


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


模試より電車の経験が重要課題になってます・・(笑)
line

信じることは・・




2学期が始まって一週間

息子たちはそれぞれのペースで登校し

学校生活を始めました


次男は夏休み直前に決めた塾での夏期講習が終わりましたが

そのまま続けて行くようです

不得意な課目なので(国語です・・)

なかなか成果が目に見えて現れるとまでは

行かないでしょう


受験までにどれくらい出来るのか

そもそも息子の中に伸びしろはどれくらいあるのか


受験が迫ってくる中でややもすると点数に

そのやってきたことの全てを

求めてしまいそうになります



でも息子がこの夏休み

夏期講習や定期の塾を

自分の意志で行き通したこと

私が時間の管理をすることなく

全て自分で動いて

通い続けたことは大きな成長でした



私が時間の管理をすることなくというのは

私自身の問題でした


信じるという言葉で包んでしまいたいけれど

それが出来ない自分自身の課題でした


先回りの癖を自覚して

その場で待っていることが

狼狽えず何食わぬ顔で

そこで待つことが

どれくらい難しいものか

思い知りました


直前まで寝ていても眠っているのではないんです
(そこんとこの見分けは慎重に・・



ドラゴンボールの瞬間移動出来るんかぃ?

ドラえもんのどこでもドアー持ってるんかぃ?


こんな思いが湧きあがって

私自身の首を絞めつけます


そしてふつふつとした感情が

沸点に到達して蒸発しはじめた頃

息子はようやく動き出すんです




ギリギリまで自分の時間との

せめぎ合いを楽しんでいるのですから

そんな時、間違えても声を掛けたら

埋め込まれた地雷が魚雷と共に大爆発し

無残にバラバラに砕かれた

私のはーとを(笑)また私自身が拾い集めなければなりません



いく度かそんなことを繰り返してきましたし

今でも、気を抜くと戻ってしまう恐ろしいほどの

遺伝子に組み込まれた気質です(うそ・・



自覚していくことでのみ

改めて行くことが出来るのですね



お気に入りの任天堂オールスターが勢揃いして

息子の帰りを待ってますから

期待に応えて速攻で帰宅する息子は

その天秤のアンバランスの調整に余念がありません


息子のまだまだ足りない部分を挙げたらきりがない・・けれど

出来た部分を認めていくことのほうが

きっと、うまくいく


信じることは、彼を信じることは

この出来た部分をしっかり認めて

それを力と感じること


理由ではなく、感じること

そして安心し任せていくこと


きっと、うまくいく

そんなふうに思うこと



きっと、うまくいく

Aal lzz Well
アール・イーズ・ウェル

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


先日観たインド映画「きっと、うまくいく」
映画もとっても面白かったし
このポジティブなおまじない・・いただきました


line

「行ってらっしゃい」


2学期の始業式はまさかの大雨警報スタートでした


そのおかげで登校の時間に起きて来るか

安心して待っていられました(笑)


三男は自分で起きて着々と準備を進めて朝食に着きます


その時点でリモコンのdボタンで確認をすると

しっかり大雨警報が続行中



喜ぶ顔を想像していたのに意外にも「行きたかったのに・・」



準備した鞄を足元においたまま

自分の部屋に上がってしまったので

隅へ寄せようと持ち上げると・・

これが全く恐ろしい重さで・・引きずって動かすのが精一杯



夏休み前に持ち帰った時もこんな状態だったなぁ



息子たちはあと数メートルのことで涙の徒歩通学

いつも自転車通学の友だちを羨ましがっています



確かにこんなに重い鞄は辛いね



さて次男は何時に起きて来るかと様子をみていました・・


・・が、これが全く起きてくる気配なし(涙)


もうすっかり普通なら始業の時間なのに・・そして


一時間目が終わる時刻が近づいても・・あ~あぁ、自力で起床は無理のようです



警報解除と自力起床のどちらが先か・・期待して待ちますね



10時を過ぎてすぐ警報が解除され


確か11時を過ぎて警報が解除の場合は休校ですが


それ以前だとそこから登校です・・



三男に解除を知らせると


さっきは「行きたかったのに・・」


なんて驚く言葉を言ったのに


今度は「嘘、もう休みでしょ!」って


すっかりくつろいで夏休みに戻ってるし・・




次男はそんな私たちの声を聴いて


「警報出てたん?」って長い髪を揺すってやっと起きて来て


今日は休みだという三男と話している間に


「行ってきます~」って出て行きました(あっさりと・・唖然


それに続いて弟もLINEで友だちが登校したことを知って


「行ってきます~」(やれやれ




イレギュラーな始業式の


2学期のスタートでした




そして今日から6時間通常授業の開始です


三男は昨日、岩のように重い鞄を担いで行き


大体の必要なものを運んでいましたが


次男は今日運ぶようでした



「鞄に入りきらない、他に鞄ある?」


大サイズと小サイズの学校指定の鞄の


小が残っているので渡してやると


そこにもガンガン詰めて


「プールの授業もあるんだった」と


さらにもう一つ。



食べるかどうかわかりませんが


一応準備している朝食を


けっこう本気食いしてる間に


後ろに置いてる3つの鞄を気づかれないように


持ち上げてみると


・・・昨日の三男の岩リュックに輪をかけて重かった・・



「車で校門近くまで乗せてあげようか?

それとも自転車で運んであげようか?」



湧き上がる先回りの声を飲み込んで


また鞄を置きました




息子は「ごちそうさま」と言うと


2~3回鞄の持ち方を調整するように左右にぶら下げて振り分け


そしてぐいっとそれら鞄を両肩に持ち上げて担ぐと


「行ってきます」と出て行きました



鞄が重いと泣きごとを言っていたあなたは


もうどこにもいませんでした



いつものように


そんな息子があの角を曲がるまで


そっと見送ろうと思いました




・・・けれど飲み込んだ自分の言葉が


全く恥ずかしくなるくらいに


遥かに成長した息子・・。



後ろ姿は


「もう見ないで」と言ったような気がします


だからやっぱり精一杯の


「行ってらっしゃい」で送ります



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

2学期も元気に継続登校出来ますように・・













line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line