繋がりから出会いへ



冬休みも過去になり学校が始まってリズムが出てきました

次男なりのマイペース・・

名ばかりの美術部とはお別れするようで・・

ひたすらゲーム命とばかり直帰してはすぐにコントローラーを握っています



先日、何かのタイミングで次男の手を見ることがあり驚きました

指にコントローラーに触れていることで出来ると思われるタコが

大きなみごとなタコです・・みごとすぎて言葉が出ませんでした・・

毎日毎日積み重ねるということがこんな結果を生むのですねぇ・・



この積み重ね・・これほどまでの根気・悪く言えば執着を

好きなことには発揮できる力があるのだと

いまは解釈しておきましょう



そしてmixi不登校~復学を目指す親の会を通して知り合ったお母さんと

お会いする機会がありました


初対面でしたが同じ中2男子の母

そして不登校を経験し復学支援を受け家庭教育を学んでいる

という共通の立場で話が弾みます


その息子さんもゲーム好きの帰宅部ということでさらに話が弾みます


あの子たちゲーム命のまんま大人になっていくんやろねぇ

そうよねぇ・・今は私たちの頃と違ってそういう大人いるんだって・・

仕事して帰ってきて「あぁゲーム出来る~!」ってよろこぶ旦那さんって

若い夫婦にはいるらしいよ~

休みの日に一日中コントローラー握っている父親って・・どうだろね~

まぁ、母親に言われても止めないことでも嫁に言われたら止めたりして~(笑)

その前に、結婚できるとは思えないけどね・・そんな生活じゃ・・(笑)



こんな会話が私たちの間で飛び交いました



復学支援を受けた機関も違い

暮らしている土地も遠く離れていて

全くの初対面でありながらも

こうして2時間余りをたっぷりと共有し合えたことは

他ならぬ話の中心に上がった息子の不登校がご縁です



このmixiで今もたくさんのお母さんたちが

お互いを認め合い、共感し合い、時には厳しい言葉で支え合い・・

子どもを学校という場で成長させたいという思いで集まっています



そしてこうして実際にお会いする機会を作ることで

さらに楽しみとして昇華していく・・



コントローラーを握りしめる世界からの広がりを期待し

そして中3受験生となっていくお互いの息子たちの明日を願いながら

再会を固く約束しあった母たちでした


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

サンフラワーさんありがとうございました
急な誘いを受けてくれて感謝しています


スポンサーサイト
line

朝食の行くへ





「朝ごはん食べたらお腹が痛くなる明日からは食べないことにする


こう言い放った息子の処遇はどうしようか・・



冬休みの昼夜逆転ゲーム三昧生活のツケ

(深夜に夜食でラーメンを食べる・・朝になってもお腹は空かない・・

午前中は眠っている・・)

がこういう形で私の方に押し寄せてくることになるなんて・・

・・・レ・ミゼラブル・・ミゼラブル



普段の食生活がかなり怪しい息子ですから

少ない食事の回数の

これまた数少ない母親の提供する料理を食べる

一日に2回の機会を減らしたくはないのに・・



大好物なラーメンは毎日欠かしません

夕食の献立には不満だらけでしょう・・


でもあなたの好きなものを並べるのは簡単なことだけど

それでは他の家族が大暴れですね・・


準備して出しても6割食べたら花マルです

4割食べるのが関の山



朝食を食べる食べないは本人の問題ですが

「はい、そうですか」と食べないことを簡単に受け入れて

それでいいのか・・母よ!



脳とブドウ糖の関係から息子に話して

その上で選択させましょう


脳はブドウ糖が無ければ他の物を分解してエネルギー源とするし

それに慣れればその方が気持ち良いということも聞きますが

あくまで我が家では家長が朝食推進派である以上それに従って頂きたい!





帰宅しておやつのラーメン(またラーメン・・どんだけ好きやの・・)を

食べているご機嫌な時に話しました


朝ごはん食べたらお腹が痛くなるのやね・・

だけど朝ごはんって大切なこと学校でも聞いて知ってるよねぇ・・

脳って食事からとるブドウ糖を分解してエネルギーにしてるんだって

これから3年生になって受験をすることになるけど

試験って朝あるし、朝食無しではエネルギー取れなくて脳みそ働かないよ・・

ほんの一口でも食べて行くようにして欲しいな



長く話すと怒りだすので、短くまとめて伝えてみました

最期の「な」の後の上向き加減の言葉尻が重要で・・

「な~」って延びて媚びるような言い方になると朝食を作っている母親の立場が低くなる!・・

それはダメね・・

あくまでサラッと出来れば余韻を残して、やや寂しげに・・超ムズカシイわ






黙って聴いていました

そして「お粥食べて行く」って。



次の朝、お粥と味噌汁や目玉焼きを出しておくと少し突っついて行きました


帰宅して朝ごはんのことを尋ねると

「今日もお腹痛くなった、明日からはりんごにするわ」だって。


それからはお粥のお膳にりんごを添えておくと

りんご一切れ食べて行きます

他の物は見てるだけでいいよ

今はりんご一切れがあなたのお腹の調子を整えてくれるのなら

それでいい


そこから又次に繋げていける気がするから・・

だけど本当の問題は

夜寝るのが遅く

お腹が空き夜食を食べることと

起きるのがギリギリで時間がないこと

これらを遠い島に流して見ないふりしてるのは

何故なんでしょうね・・(自爆




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

食べないこともすぐ習慣化してしまうから
目の前に置いておくことにしましょうか!









line

朝は危険地帯



3学期が始まり一週間が過ぎました


冬休み中、存分にゲーム生活を楽しんで

毎日朝の5時頃に寝て、昼過ぎに起きることが後半日課になっていたので

不安はありましたが、期待もしていました


どんな風に切り替えが出来るのか

息子の、この昼夜逆転生活からの切り替えが見ものです


登校の意志をちゃんと持っていることを信じています


1つだけ、新しいゲーム機を買った時の約束を確認します


朝は自分で目覚まし時計で起きる約束です

8時を過ぎても寝ていたら起こして欲しいって言いました



始業式の前日は1時過ぎにゲームを終了、そして朝は自分で起き

8時少し前には着替えて朝食も済ませました・・

このまま行ってきますが聞けるのか・・

8時30分の始業のベルに余裕の時間・・完璧すぎる・・


・・息子には早く準備が出来たからと言って

早く家を出るという公式はあてはまらないようです

決めた時間を前倒しでは崩しません


8時15分までゆっくり座ってテレビをみて(なんでやねん

やっと鞄の中の準備を始め(今からかい

それからいつもより長いトイレ・・長い・・長い・・トイレ(はあ~っ



そしてそしてやっと出てきて、行ってきますの代わりに言いました



「朝ごはん食べたらお腹が痛くなる明日からは食べないことにする



がる~っと心で拳を握りながらも

平静を装って「行ってらっしゃい」

だけどけっこう全力で言ったかしら・・

朝は顔を合わす僅かな時間が濃密な危険地帯ですから

余計な会話は要注意の我が家です

たとえば投げてくるボールをキャッチしたら、すんごいトゲトゲだらけであっても

動揺して地雷畑に突っ込んではいけません

とりあえずは受け止めて平静に流しておきましょうか・・


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
長い休み明けの登校、緊張するのは
親も子も同じだね・・






line

3学期始業式



全国的に今日1月7日、明日1月8日が3学期の始業式のところが多いようで・・

この時期には特別な思いがあります



6年生の1学期2学期と登校出来なかった次男が

エンカレッジの復学支援を受け、自ら復学日として設定したのが

この3学期の始業式だったからです



次男は学校への気持ちは持っていましたが

それが本当に一歩として出るのか・・復学の朝をそんな気持ちの

延長線上で迎えました



親子でどんなにか頑張っても

曲がりきれなかったあの角を

本当に超えて行けるのか・・


設定した復学日に向けて

長くのびた髪を切り

小さくなった上履きを買い替え

名札を探して、準備は出来ていました


冬休み中の学校にも私と二人で訪問して

担任の先生と一緒に3人で教室に入り

自分の席を確かめ、懐かしい教室の匂いを嗅ぎました


不登校中にカレンダーの写真を見て描いた絵が

教室の後ろの掲示板の真ん中の特等席で

作者の息子を待ってくれていました

この空間に本当にこの子は戻って行けるのか・・



復学の朝は、冬らしいピーンと張りつめた冷たい空気が

緊張した面持ちの息子と重なって

私の心の糸がビンビン鳴っていました


息子はお腹の痛みを訴えてトイレの出入りを始め

私に言葉ではない視線のメッセージを送ってきます


そのメッセージに気づかないふりをして距離をおいて・・

それでも視界の片隅の息子を私は追いかけていました


息子は神妙な顔でファンヒーターの前に座って、その時が来るのを待っていました


行こうと思っても、その時が来るとお腹はここぞとばかりに痛くなり

身体がギシギシ固まるんだね・・

知ってるよ、それが嘘ではないことも・・解ってるよ

だけど、もう助け舟は出さないって決めたから・・


あの日、上野先生と見送った息子の後ろ姿は

それはそれは弱々しく

訪問の先生に寄り掛かるようにして歩いていた・・

でも確かに自分の足で学校へ学校へと歩いて・・そして・・

そしてあの角を曲がって見えなくなった・・


いえ、本当は、

見えなくなったのはあの角を曲がるもっとずっと手前でした

にじんだ後ろ姿に「いってらっしゃい」

この日から始まった継続登校、明日2年目の3学期の始業式を迎えます

明日もそっと見送らせてくださいね


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
復学記念日は大切な宝物ですよね








line

新年に



あけましておめでとうございます

いつもこうして訪れていただいて本当にありがとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします



冬休みはクリスマスとお正月が盛り込まれた

子どもたちには二重に楽しい嬉しい期間ですね


中2の次男はクリスマス前に手に入れたwi〇-uを

ガンガンひたすらやってます・・


その執念にはもう脱帽するくらい・・


休み前の学校での三者懇談で、授業中寝ていることを指摘され

夜はもう少し早く寝るように出来ないのかという先生のお言葉に

やや食い気味に「無理です、やりたいことを我慢することは出来ません」

・・って言いました


あぁ、彼は、あの時すでにこの生活の伏線を敷いていたのです・・


塾の冬講も受けないことに決めていました




そんな息子も春が来れば中3になりいよいよ受験生


ゲームやるだけやったら、そろそろ勉強もって

思う時が来るのかなぁ、いいえ、きっと来る・・はず・・


やるだけやった、やりきったということが

そもそもゲームにあるんだかどうなんだか

疑問ではありますが・・



中3になる前に、中2としての総決算の3学期を十分に味わって

目標を持って中3になって欲しいと思っていました


すると先の三者懇談で先生の問いかけに

これまた食い気味にキッパリ志望校を言っちゃいました


・・母はかなり動揺・・いつの間にそんなこと考えてたのかなぁ



でも、彼が口にした志望校

この先それがどんな風に私たちに影響していくのか

怖い気もしますが、また楽しみでもあります



なんせ今の成績じゃ絵に描いた餅ですから・・


本当に食べることのできる餅に

この絵に描いた餅を

彼自身が変わることで変えることが出来るのでしょうか


それともまた違う餅を探すのでしょうか


今年一年そんな息子の成長をしっかりと見守りたいと

不登校の闇から抜け出して

再び歩き出し

もうすぐ2年を迎えるこの季節に

もう一度あの復学の日の感動を思い起こして

心に強く誓います


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
皆さんにとってこの一年が
また、素晴らしい年になりますように!

















line
line

line
プロフィール

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line