FC2ブログ

変わることが必要なのは私


昨年の予備校生時代、次男は初めて家を出て学生寮での一人暮らしが始まりました

その頃は、友だちもあえて作らずいつも独りで、たまの休日は歩いて歩いてひたすら散歩。。

それなりに自分の生活を築いていましたが、私も初めて次男と離れ

一緒に暮らしていても会話の無い息子との、物理的な距離を置いての関わりに悩みました

会話が無くても、表情や声のトーンで息子の心境はわかります

しかしそれが掴めなくなってどうすればいいのでしょう

いろいろ考える中、たとえ一方通行でもいい、繋がりを持つことを選びました

LINEがあって助かったと思います

メールなど面倒ですから返っては来ないでしょう

私は息子にたわいのない日々の出来事をLINEで送り

その裏側にあなたの事をいつも思っているんだよというメッセージを込めました

といっても、文面は天候や飼い犬の様子など、どうでもいい事ばかりです

ただ、その奥の想いをほんの僅かでも感じてくれて、寂しい時や辛い時

友だちも作らず独りでいるなら、ここにあなたを思っている母がいるという事を

覚えていて欲しい・・いつでも頼っていいんだよって。。。

一つだけ決めていたのは、勉強の事はこちらからはいっさい触れないということ


息子はいつもLINEのスタンプを押して私への返信にしていました

私はいつしかそのキャラクターが息子そのものであるように思えて

時に涙を流すスタンプに、息子が泣いていると思いうろたえたり

震えているスタンプにドキドキしたり・・



そうしたスタンプの返信が私との唯一の繋がりで

既読になることや、スタンプの1つ1つが

息子の心を読む手掛かりでした



そして今、大学生になった息子は大きくその生活を変え

人と関わることを恐れず、自分のやりたいことを謳歌しています

先日の学園祭、舞台に立って演奏し歌う姿や、友だちや先輩を応援する姿

誰かのために一生懸命な姿を見てきました

もう息子の毎日を気づかい

LINEを送る必要はありません

私は予備校時代に模索した息子との関わりを

今度は「子離れ」としてもう一度バージョンアップしなければいけません

それは嬉しいことです

それは嬉しいことなんです

そう自分に言い聞かせて進むんです


そして「子離れ」は「新しい子との出会い」と思う事にしました

大人になって行く、子との出会いです


そのために、私が変わって行かなければ!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
line

願いはずっと


息子が浪人生活を終えて、晴れて大学生になって4か月が過ぎました

これまでに経験したことのないクラブ活動をいきなり2つも始めて

大丈夫なのかと不安ですが

心配は心の中のずっと深くに隠しておいて

今はただ息子の可能性を信じて

失敗を恐れず・・楽しんで苦しんで喜んで落ち込んで

・・ただ目標だけは見失わずにいて欲しい


先輩や友だちに囲まれている姿が

SNSにアップされる度

その顔を人差し指と親指で、大きくしたり小さくしたり・・・



言葉数が殺人的にたりていない彼ですが


皆と笑っていますように

そして

誰かを思いやることの出来る

人でありますように

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

夏の日に生まれたる君二十歳なり




line

折れない心がつかんだもの



この二か月余り、受験のための移動を繰り返し

受験が終わってホッとして家に戻れば

今度は合格発表を待つ不安定な毎日

そして発表の画面に受験番号の無い落胆を繰り返し

私もすっかり疲れ果てていました


息子は早々に予備校の寮に帰ってしまい

姿を見る事はありませんでしたが

モチベーションがダダ下がりしているのは手に取るようにわかります

本来なら、彼自身が自分の問題としっかり向きあい

彼を信じて待つ・・


ただ、時間がありません

受験は今しか出来ない・・

そう期間限定、季節限定です


迷ったり落ち込んだりしている時間は無いんです


体力を保って、精神力で受け続けなければならないのです


私自身、A判定をもらっていたのに不合格なんて有り得ないって

ここまでの自分の見通しの甘さに愕然としていました

目の前が真っ暗になる気持ちは十分にわかるから

息子の気持ちにしっかり寄り添って

寄り添いつつも、ここで止まってはいけないし

止まる必要は全然ないんだと

不合格になった大勢の人が

今、自分を責めるより

気持ちを切り替えて臨まなければならないこと

そうできる人こそが合格を勝ち取れるのだと

息子を押してやりました


息子は早々に動きました

約束した場所に大きな鞄を持って現れ

とにかくがむしゃらに走り続け

最後の最後まで受験し終えました

その折れない心が合格を引き寄せたのか

息子は最後の最後に

ついに合格を掴みました


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
新しいスタートラインに立ちました
今後とも、どうぞよろしくお願いします





line

優しい時間



懇談を終えて自宅に戻ると

翌日からは私立受験のスケジュールで一杯です

ホテルに前泊し受験

自宅に戻って翌朝また移動し2日続いての受験

そして現役高3の弟も伴って再び移動し、二人一緒に2日間の受験

かなりハードな日々でしたが、何とかインフルエンザの蔓延する街中

5校の受験を終えました


5つ目の試験を終えた日

近くに住んでいる長男も合流し

一緒に焼き肉屋へ


週末の焼き肉屋は店の外まで賑わいが伝わります

人の背中と焼ける肉の匂いの中を抜けて

通された長方形のテーブルは

4枚のピースをはめ込むには少し狭いけど

その狭さと周りの賑やかさが

かえって試験の緊張の縄を一気にほぐしてくれました


普段は声を聞くことすら珍しい次男が

今終えたばかりの英語の試験のプリントを

足元に置いた鞄から取り出して三男と話しています


プリントが三人の息子たちの

手から手へと回って行く

長男が「おおう・・懐かしい・・」と声を上げ

次男が「これの訳は?」と単語を指さす

低く聞こえにくい三男の声に耳を近づける二人


私はそんな三人の姿を見ながら

とても不思議な感覚を味わっていました


賑わう居酒屋の片隅でサラリーマンの男数人が

仕事の愚痴を言い合うような・・

・・そんなよくあるドラマの場面が

年齢と設定は違っても

ここにスッポリ落ち込んでる


こうしていつかまた、そに片手の丼飯をジョッキに変えて

仲良く肉を焼いている、そんな兄弟でいて欲しい


この風景は、自宅で待つ夫への何よりのお土産になるでしょう


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ずっとずっと忘れたくない
そんな夜になりました



line

予備校での三者面談


私が少し癒された柴犬の笑顔のスタンプも

ただの既読くらいの意味だったのかも知れません


まともに話すことも無く迎えた予備校の3者面談で

久しぶりに目にした息子は、焦りと迷いでいっぱいでした


それもそのはず、彼の点数は国公立の希望の学部には

およそ手の届かないところにあり

前期試験での逆転は奇跡としか言えません


今まで一度も聞いたことのない学校名と学部が飛び出し

彼の真意はどこにあるのか、しばらく聞いていました


息子は、目標にしてきた学部に行きたい気持ちは変わっていないけれど

一年かけても苦手な科目を伸ばせなかったことで

すっかり自信をなくしていました


そして自分が私立に進んだら弟が国公立に進まなければならなくなり

それは申し訳ないと言います・・驚きました

この席で彼の口からこんな言葉が飛び出すなんて・・・


一度たりとも家でそういうことを親側から求めた事はないのに

・・周りのいろいろな情報からそんな風に感じていたんだね



「お母さんはどうお考えですか」と言う先生の声を聞いて

息子が私をぼんやり見ました


母「目標にしてきた学部に行きたいと言う気持ちに変わりはないの?」

子「うん、それは変わらない、行きたいと思ってる」


母「それなら、わずかな望みでもいい、そこを受けて欲しい

そして希望の学部の私立も受験して合格を掴んで欲しい

弟のことは親の問題で、あなたの問題じゃない

何も気にすることはないから、しっかりセンターの結果を受け入れて

その上で、自分の希望の学部を受験して欲しい

これまで考えても無かった学校を選ぶより

自分を信じてたとえ0.1%の望みであっても

今の実力をしっかり受け入れて

ぶれずに進みなさい」


子「負ける勝負はしたくない、結果が全てやから」


母「それは自分のセンターの結果を本当に受け入れたとは思えない

行きたいという学部に変わりがないのなら

その点で勝負しなさい、そして来週から始まる私立受験でまずは合格を掴むこと

センターの点でこれまでの頑張りが全て無しになることはないんだよ

胸を張って行きなさい」



私も本当のところ迷っていました

しかし、今強い風が吹いたら何処へでも飛んで行きそうな息子を見ると

彼の中の「こうしたい。こうありたい。」という想いを、ただそこを最大限信じて

しゃんと前を向かせてやることが一番の私の役目だと思ったのです


息子は殆ど時間をかけずに言いました

「わかった、やっぱりずっと思ってきた学部を受験する、もう迷わない」


やっと聞けたすっきりした声と

今日初めての笑顔でした


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
どうか応援してください


line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くるみ みるく

Author:くるみ みるく
小5の終わりから始まった体調不良、そして不登校。
学校に行くというあたりまえに思っていたことが、これほど大変なことだったとは・・・。
復学支援をうけ、もう1度歩き始めた子どもを応援して行くために親はどう接していくのがよいのでしょうか。
学び続けることで見えてくるものは何でしょうか。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
fc2カウンター
line
フリーエリア
line
アルバム
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line